【】

放送
2017年4月21日 11:15

ピアニスト 長原博美さん

坪北のツボ

「ヨハンシュトラウス 春の声」をご紹介しました。

 

IMG_6100.JPG
55回目のゲストはピアニストの長原博美さんでした。
呉市出身、呉三津田高等学校から武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業、元広島音楽高校講師で、現在ドイツリート協会会員安田女子大、短大非常勤講師でいらっしゃいます。
長原さんは音楽を学ぶ優秀な方々の発表の場として、様々なコンサートを主催されています。
そして、息子の長原幸太さんも演奏家で、ヴァイオリニスト。
小学校中学校の時には全日本学生音楽コンクール全国大会1位、高校三年生の時は最年少で日本音楽コンクール優勝、13歳の時 ヴィニエアフスキー国際ヴァイオリンコンクール(ポーランド)第3位を受賞。
小さい頃はスポーツ大好き少年で、「将来はカープを背負って立つ」と元気な少年だったそうです。
1999年より毎年開催し現在も継続中の「からし種コンサート」。
「長男が小学生の頃から演奏会の出演依頼を頂き本番を重ねる事で成長していったので恩返しの意味も込めて音楽を心から愛し向上心を持って様々な楽器の勉強をしている人たちに発表の場を提供するために企画運営しています。」
三年前からは協調性とアンサンブルを楽しんでもらいたいとの想いで「からし種室内楽コンサート」も開催されています。
8月24日 西区民文化センタースタジオで開催されますので是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:シャコンヌ
作曲家:ヴィターリ