【】

放送
2017年7月21日 13:59

広島交響楽団ヴァイオリン奏者 川畑美津代さん

坪北のツボ

今日はヘンデル作曲 水上の音楽より

第2組曲 アラ・ホーンパイプ

第1組曲 アリア

をお送りしました。

 

FullSizeRender.jpg

68回目のゲストは広島交響楽団ヴァイオリン奏者の川畑美津代さんでした。

 

去年12月に広島交響楽団に入団した川畑さんですが、ヴァイオリンを始めたきっかけは?

「3歳の時、地元に(愛知県豊田市)ヴァイオリン教室があって、母の勧めで始めました」

 

オーケストラへの興味は?

「中学生の時ジュニアオーケストラに入団して、オーケストラやりたい!!と思いました」
好きなヴァイオリンの奏者は?
「ライナー・ホーネックさんです。とにかく音が美しくて、初めて聴いた時は本当に涙が出ました。
どうやったらホーネックさんのような深い音が出るのか不思議です
広響の先輩方はとても優しいとおっしゃる川畑さん、今後の活躍が期待のニューフェイスでした。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ヴァイオリンソナタ第1番 雨の歌
作曲家:演奏:川畑美津代