2017年9月アーカイブ

コンサート
2017年9月22日 22:34

第42回 国立音楽大学 広島県同調会コンサート

国立音楽大学の卒業生による「第42回 国立音楽大学 広島県同調会コンサート」です

日時 10月9日(月・祝)  お昼2時~

場所 広島県民文化センター ふくやま

料金 全自由席 1500円 小学生以下無料

 


放送
2017年9月22日 22:28

ヴァイオリニスト 小島燎さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

四季より「秋」 作曲:グラズノフ

でした。

FullSizeRender.jpg
77回目のゲストはヴァイオリニストの小島燎さんでした。
お母様はピアニスト、そしてお父様は...「小島秀夫音楽塾」コジマ・ムジカ・コレギア」

をやってこられているヴァイオリニストで、元広島交響楽団首席コンサートマスター

小島秀夫さんです。

音楽のある環境の中で生まれ、音楽家の道に進むと思いきや、京都大学に入学されましたがどうしてですか?

「音楽の道に進むべきか分からなくて、もっと好きな事、向いてる事を探るべく普通の大学へ入りました」

パリへ音楽留学をされましたがどうしてですか?

「大学に入ってから音楽でやっていきたいと思い、大学を出たらドイツのベルリンに留学しようと思っていたが、
レジスパスキエという素晴らしいヴァイオリニストに出会い、彼に一目惚れしてパリに行く事を決意した。」
そんな経歴をお持ちの小島燎さん出演のコンサートです。
広島室内楽協会 第3回演奏会
2017年12月26日(火)
場所 アステールプラザ オーケストラ等練習場
●ピアノトリオ 演奏会
2018年1月4日(木)
場所 はつかいち文化ホールさくらぴあ 小ホール
現在はパリでの生活。
広島で演奏が聞ける貴重な機会ですので是非みなさんでどうぞ!!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:2つのヴァイオリンのための協奏曲
作曲家:ヴァイオリン:小島燎

コンサート
2017年9月15日 22:25

藤井清水音楽祭

大正から昭和にかけて活躍した呉市出身の作曲家・藤井清水音楽祭を開催します。

うた・川口京子、ピアノ・長谷川芙佐子(ふさこ)

日時 10月8日(日) 13時~

場所 呉市文化ホール

全席自由 入場料1000円、高校生以下500円


放送
2017年9月15日 22:23

マリンバ奏者 石原有希子さん

坪北のツボ、今日は

月の光/ドビュッシー作曲

月光/ベートーヴェン作曲
をお送りしました。

 

IMG_7791.JPG

76回目のゲストはマリンバ奏者の石原有希子さんでした。

広島市出身、女学院高校卒業、エリザベト音楽大学、桐朋学園大学音楽学部研究科マリンバ専攻修了。現在はエリザベト音楽大学大学院博士後期課程に在籍中でいらっしゃいます。

広島ジュニアマリンバアンサンブルに所属されていたそうですが、何歳からマリンバを始めたのですか?

「5歳の頃からです。マリンバを演奏するのが楽しくて、300曲位覚えていました。」

マリンバを習いたいと思ったきっかけは?
「4歳の頃ジュニアマリンバアンサンブルの演奏を見て、まず音がとても綺麗だったのと、演奏しているお兄さんお姉さんがかっこ良かったので自分も演奏したいと母にお願いしたのだと聞きました

プロの道を志されたきっかけは?

「14歳の頃ニューヨークカーネギーホールで演奏した時、演奏終了後のスタンディングオベーションと口笛が鳴りやまず、こんなに喜んでくださることが嬉しかったのがきっかけです」

石原さん出演のコンサートです

「マリンバパラダイススペシャルコンサート」

日時 11月3日(金・祝) 14:30~

場所 西区民文化センター ホール

全席自由

料金 一般2,500円(当日3,000円)  子供・シニア1,500円(当日2,000円)

是非皆さんでお越しください。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:チャルダッシュ
作曲家:マリンバ演奏:石原有希子

コンサート
2017年9月 8日 14:00

広島女声合唱団 第41回定期演奏会

「広島女声合唱団 第41回定期演奏会」が行われます。

日時 10月1日(日) お昼2時~

場所 西区民文化センター ホール

入場料900円


放送
2017年9月 8日 13:58

太鼓本舗かぶら屋 藤原康行さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

「雨降りお月さん」と「十五夜お月さん」を

東京オペラシンガーズの合唱でお送りしました。

 

 

FullSizeRender.jpg

 

75回目のゲストは太鼓本舗かぶら屋 藤原康行さんでした。

1997年に広島で結成された和太鼓を中心とした音楽集団で、和太鼓・篠笛・民舞・民謡を織り交ぜ、古き良き日本の佇まいを留める伝統楽曲や 力強く繊細な和太鼓のオリジナル曲で演出する舞台を続けていらっしゃいます。

かぶら屋の名前の由来は何でしょうか?

「野菜のかぶの形をエンブレムにして、昔、戦の始まりを伝える音の鳴る弓矢の事を鏑矢と言って、その勢いよく飛ぶ様や、毛利元就の三矢の教えから屋号にしました」

「そして現在メンバーは15名でやっています」

 

藤原さんが太鼓に魅せられてきっかけは?

「そもそもコンピューターミュージックをやっていたのですが、日本の文化を学びたいとのきっかけで聞いた太鼓の音を聞いて、これはコンピューターで音をいくら重ねても敵わないなと思った」

 

是非ナマで太鼓の音を体感してみてはいかがでしょうか。

安芸区音楽祭 「和太鼓」

日時 9月18日(月・祝) 14時~

場所 安芸区民文化センターホール(安芸区船越)

子どもたちが参加する和太鼓ワークショップの開催もありますので是非お越しください。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:粋
作曲家:演奏:太鼓本舗かぶら屋

コンサート
2017年9月 1日 22:29

伊藤悠貴 チェロ・リサイタル

日本を代表する若手チェロ奏者の一人伊藤悠貴(ゆうき)のチェロ・リサイタル

ピアノは呉市出身の重野友歌さんです。

日時 9月21日(木)、夕方6時45分から

場所 はつはつかいち文化ホールさくらぴあ 小ホール

チケット 一般:2500円 学生:1500円


放送
2017年9月 1日 22:25

広島オルフェオン 一 大輔さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

歌劇「魔弾の射手」序曲をお送りしました。

 

IMG_7773.JPG

74回目のゲストは、一(はじめ)大輔さんでした。

去年6月に一度、平和のとりでを築くコンサート 合唱のパートリーダーとしてご出演頂きました。

今回は「広島オルフェオン」として出演ですが、広島オルフェオンとは何でしょうか?

「崇徳高等学校グリークラブOBによる男性合唱団です。全員男性で、1973年に誕生して、現在1064人です!オルフェオンとはフランス語で男声合唱を意味します」

練習は?

「毎週木曜日、集まれるメンバーでやっています。

主な活動は5月の「定期演奏会」、9月の「崇徳高等学校グリークラブ定期演奏会」賛助出演。さらに、広島県合唱連盟の各行事にも参加 地域の催しなどに参加し、男声合唱の魅力を伝えるとともに、平和と詩広島の一合唱団として 平和への祈りを歌い伝えています」

現役の皆さんへメッセージ

「歌いたいときに歌える合唱団が残っていることを誇りに思って楽しく歌っていきましょう」

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:雨
作曲家:合唱:広島オルフェオン