2018年2月アーカイブ

放送
2018年2月23日 20:14

打楽器奏者 小川裕雅さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は

「サウンドオブミュージック」より「ひとりぼっちの羊飼い」と「エーデルワイス」 をお送りしました。

IMG_8112.jpg

99回目のゲストは打楽器奏者の小川(ひろのり)さんでした。

東京藝術大学卒業。大学卒業と同時に活動の拠点を広島に移し活動。現在は広島交響楽団、九州交響楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラへの客演を中心として様々なジャンルでの演奏活動を実施されています。

 

音楽に触れたきっかけは?

「両親が音楽をしていたので家庭に音楽があって、気付いたらピアノを弾いたりしていたんだと思います」
ピアノから打楽器に行ったきっかけは?
「エレクトーンを始めた時の先生から、男の子だから打楽器とかリズムのことを習ってみてはと紹介されて、そこに行ったら一気にのめり込みました」
好きな打楽器は金属系だとおっしゃる小川さん、ソロパーカッションアルバム「Generous Tone~おおらかな響き~」を2004年にリリースされていますので、是非聴いてみて下さい。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ソラチ・セカンド 演奏:小川裕雅
作曲家

放送
2018年2月16日 14:00

ヴァイオリニスト 瀬川光子さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

シューベルト作曲 交響曲第7番「未完成」第1楽章 をお送りしました。

IMG_8106.jpg

98回目のゲストは、ヴァイオリニストの瀬川光子さんでした。

東京芸術大学卒業、東京芸術大学院修了。80年のパガニーニ国際コンクールで第5位に入賞

ロマンティックな演奏から気迫に圧倒される演奏まで'貴重なヴァイオリニストと言われています。 現在は昭和音楽大学で後進の指導にあたられています。

今日は1ヵ月に1度、広島でレッスンのタイミングで収録させていただきました。

 

ヴァイオリンを始められたきっかけは?

「父が音楽が好きで、娘にヴァイオリンを弾かせるのが夢だったみたいです。

父が一生懸命先生を探してくれて始めました」

 

瀬川さんがヴァイオリニストを指導する時に心掛けていることは?

「私はとにかく音を出す事に気を使います。調弦一つにしても良い響きを出すようにして、いかにヴァイオリンという楽器を美しく響かす事に注意しています。

指導の時子供から、"先生のヴァイオリンは大きいし良い楽器だから良い音がするんでしょ"って言われたので、代わりに子供のヴァイオリンで弾いたら子供の目が丸くなって、"こんなに良い音がするんだねっ~!!"と驚いたので今では子供に教えるときは持ち替えて教えています。子供でも良い音が出るととても喜びます」

とおっしゃる瀬川さんも出演される番組2周年記念コンサートが決定しました。

4月21日(土)お昼1:30~ 広島市中区大手町の県民文化センターで開催します。

瀬川さんは、ピアニストの柴田美穂さんと共演されます。

ぜひ皆さんお越しください。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ヴァイオリンソナタ第1番第2楽章 ヴァイオリン:瀬川光子
作曲家:バッハ

放送
2018年2月 9日 22:13

なぎさ中学校・高等学校 管弦楽部

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

クライスラー作曲「愛の喜び」と、エルガー作曲「愛の挨拶」をお送りしました。

 

 

IMG_8102.jpg

97回目は、なぎさ中学校・高等学校 管弦楽部 高校2年 部長 井野蒼(いの あおい)さんと、副部長 末廣夏奈子(すえひろ かなこ)さんにお話しを伺いました。

 

中学生から高校生までいらっしゃるとのことですが人数を教えてください。

「中学生が41人で、高校生が26人です。」

管弦楽部に入ったきっかけを教えてください
井野「中学1年の時音楽室に見学に行った時、先輩方がかっこよくて、やさしくて、私もこんな先輩になりたいと思ったからです」
末廣「中学2年から入ったのですが、昔1年くらいやった事があったので入りました」
将来の夢は
井野「将来人の役に立つ仕事がしたくて、病院で働いてたくさんの人を助けたいです」
末廣「細かい作業も好きなので、薬剤師になりたいです。」

情熱を持って指導して下さる顧問の藤原先生のもと、日々頑張っている管弦楽部 演奏会のお知らせです。

第2回広島県高等学校オーケストラフェスティバル
日時 2月11日(日) 14:00開演
場所 エリザベト音楽大学 セシリアホール
第20回スプリングコンサート
日時 3月31日(土) 17:00開演
場所 広島国際会議場 フェニックスホール 
スプリングコンサートは1年の集大成コンサートです。
ぜひ皆さんでお越しください!!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:交響詩「フィンランディア」 演奏:なぎさ中学校・高等学校 管弦楽部
作曲家:シベリウス

放送
2018年2月 2日 21:22

ソプラノ 神野靖子さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

ヴィヴァルディ作曲 四季「冬」をお送りしました。

 

IMG_8096.jpg

96回目のゲストは、ソプラノの神野(かんの)靖子さんでした。

国立音楽大学声楽家卒業。これまで、リサイタルの開催、オペラでは「魔笛」、ヘンゼルとグレーテル、こうもりなど多数出演されています。

現在は、福山大学、福山平成大学、県立上下高等学校、福山市立福山高等学校で後進の指導にあたる他、あじさい合唱団、女声合唱フルール指揮の他、音楽観ピアノプラザ等で社会人の指導にもあたっていらっしゃいます。

音楽を始めようと思ったきっかけは?
「昔から6歳6か月で習いものを始めると良いということで、ちょうどその頃ピアノを習うのがブームで、習い始めた。
本格的に音楽を始めたのは、高校で進路を決める時にピアノの方へ進もうとした時先生から"1ページに1回間違うからピアノには向いてないわよ"と言われ、だったら歌を歌ってみたらと言われたのがきっかけでした。」
普段、声で気を付けられていることは?
「まずは、喧嘩をしないことです!! 声は精神的なものが大きいので喧嘩をしてしまうと心が沈んでいるので声がささくれてしまいます。
いつも前向きな姿勢を心がけています」
今年、福山と東京でリサイタルを開催されます。
ピアニストは小原孝さんです。
9月15日土曜日 午後2時開演 福山リーデンローズ 小ホール
10月13日土曜日 午後2時開演 東京神楽坂 音楽の友ホール
ぜひ皆さんでお越しください!!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:さびしいカシの木 歌:神野靖子
作曲家