【】

放送
2018年2月 2日 21:22

ソプラノ 神野靖子さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲は、

ヴィヴァルディ作曲 四季「冬」をお送りしました。

 

IMG_8096.jpg

96回目のゲストは、ソプラノの神野(かんの)靖子さんでした。

国立音楽大学声楽家卒業。これまで、リサイタルの開催、オペラでは「魔笛」、ヘンゼルとグレーテル、こうもりなど多数出演されています。

現在は、福山大学、福山平成大学、県立上下高等学校、福山市立福山高等学校で後進の指導にあたる他、あじさい合唱団、女声合唱フルール指揮の他、音楽観ピアノプラザ等で社会人の指導にもあたっていらっしゃいます。

音楽を始めようと思ったきっかけは?
「昔から6歳6か月で習いものを始めると良いということで、ちょうどその頃ピアノを習うのがブームで、習い始めた。
本格的に音楽を始めたのは、高校で進路を決める時にピアノの方へ進もうとした時先生から"1ページに1回間違うからピアノには向いてないわよ"と言われ、だったら歌を歌ってみたらと言われたのがきっかけでした。」
普段、声で気を付けられていることは?
「まずは、喧嘩をしないことです!! 声は精神的なものが大きいので喧嘩をしてしまうと心が沈んでいるので声がささくれてしまいます。
いつも前向きな姿勢を心がけています」
今年、福山と東京でリサイタルを開催されます。
ピアニストは小原孝さんです。
9月15日土曜日 午後2時開演 福山リーデンローズ 小ホール
10月13日土曜日 午後2時開演 東京神楽坂 音楽の友ホール
ぜひ皆さんでお越しください!!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:さびしいカシの木 歌:神野靖子
作曲家