【】

放送
2018年3月23日 15:16

ピアニスト 三島良子さん

坪北のツボ、今日ご紹介した曲はチャイコフスキー作曲「花のワルツ」でした。

 

IMG_8247.jpg

103回目ののゲストは、ピアニストの三島良子(よしこ)さんでした。

東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。日本クラシックコンクール第3位。

これまで何度も広島交響楽団と共演され、現在は、ソロ・伴奏・室内楽等幅広い演奏活動を行っていらっしゃいます。

篳篥(ひちりき)、箏(そう)、長唄三味線、笙(しょう)といった邦楽器とピアノという異色のアンサンブルグループ「Group4」のメンバーでいらっしゃいます。

音楽を始めたきっかけやプロになろうと思ったのは何でしょう?

「6歳上の姉がピアノを習っていて、そんな環境で中学生の時「ウィーンの謝肉祭の道化」という曲を弾いた時面白いなと思ったのと、もっと勉強したいと思ってプロを目指しました。それとトルコ行進曲が弾きたかったのに、オクターブが届かないからまだ無理、と先生に言われたけど、どうしても諦められず、毎日指をめいっぱいに広げて練習し、やっと1オクターブが押さえられるようになって念願叶って憧れの曲を弾けた時の嬉しさは忘れられない」

毎年夏には、ザルツブルク(ドイツ)を訪問されてる?

「10年くらい講習を受けに行っています。山の中に小さな小屋が建ててあってピアノがどの建物にもあって、夜は街灯とかも無く、月が出てなかったら星の天の川が真っ白に見えて、静かにすると山の向こうから小川の音が聞こえる環境です」

三島さん出演のコンサートです
「3人のピアニストによるコンサート」
日時 4月29日(日) 14時から 
場所 純音楽茶房ムシカ

一般 ¥3,000・学生 ¥1,500

ぜひ皆さんお越しください。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ヴァイオリンソナタ作品454第2楽章
作曲家:モーツァルト