2018年5月アーカイブ

コンサート
2018年5月25日 14:48

広島市・モントリオール市 姉妹都市提携20周年記念イベント

日時 6月4日(月) 18:30〜

場所 JMSアステールプラザ大ホール
  
入場無料ですが、事前申し込みが必要です。
お名前・申込人数、連絡先を書いて葉書・またはFAXでお申し込みください。
FAX 082-242-7452
住所 〒730-0081 広島市中区中島町1-5
   広島平和文化センター 国際部 国際交流・協力課
お問い合わせ 082-242-8879

放送
2018年5月25日 14:43

東京オペラシンガーズ 代表 寺本知生さん

今回は「みんなで演奏する楽しさ」をテーマに、東京オペラシンガーズの代表 寺本知生(ともお)さんをゲストにお迎えしてお送りしました。

IMG_8403.jpg

東京オペラシンガーズとは、東京を中心に活躍する若手の声楽家によって組織で、小澤征爾さんが蜷川幸雄さんとオペラをすることになって、既存の合唱団よりもっとレベルの高いものやりたいということで誕生しました。

「広島学生音楽連盟」  

原爆投下の翌年、広島で、音楽を通じて復興に奔走する若者たちが、「広島学生音楽連盟」を発足。

広島市内の旧制高校や専門学校の学生で作られ、少なくとも6校の学生たち約100人が参加し、活動期間はわずか4年足らずと短く、関係者以外にその存在を知る人は今ではほとんどいない。

当時は、男女が一緒に歌うのも珍しかった。

戦時中には歌うことのできなかった様々な曲が歌われた。
広島の復興と音楽、合唱は密接で、音楽が前に進んでいくためのエネルギーになっていた。
  
  
お送りした曲

埴生の宿 / 流浪の民 合唱:東京オペラシンガーズ

  
  

教えてクラシック

今日のテーマは「実は日本の曲ではない?!」

おなじみ「蛍の光」ですが、実はスコットランド民謡なんですね。

今日は「蛍の光」をバグパイプ演奏バージョンでお送りしました。

放送
2018年5月18日 20:46

弦楽器特集でお送りしました.

音楽大事典によると、弦を発音体とし、それに振動を与えることによって発音する楽器、原則として弦は両端が固定され、しかも張力が加えられなければならないということになっています。

今回はオーケストラにおける弦楽器について紹介しました。
 
今回放送でお送りした曲は
 
ヴァイオリン
ベートーベン作曲 ヴァイオリンソナタ第5番
 
ビオラ
モーツァルト作曲 ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 第1番ト長調の第二楽章
 
チェロ
サンサーンス作曲 動物の謝肉祭より第13曲「白鳥」
 
コントラバス
サンサーンス作曲 動物の謝肉祭より第5曲「象」
 
弦楽合奏おなじみの曲
チャイコフスキー作曲 弦楽セレナードハ長調より第一楽章
 
 
教えてクラシックのコーナー
今回は「拍手はいつすればいいの?」と題してお送りしました。
曲が終わったのかなと思って拍手したくなる曲
サラサーテ作曲 カルメン幻想曲モデラート
をお送りしました。

放送
2018年5月11日 20:33

管楽器をテーマにお送りしました。

音楽大事典によれば、管楽器とは管の中の空洞を満たす柱状(ちゅうじょう)の空気に、圧縮膨張振動を起こさせて音を作る楽器の総称ということですが、今日はオーケストラにおける管楽器という観点でお送りしました。
管楽器は木管楽器と金管楽器に分けられますが、昔は楽器の材質によって、木で出来た木管楽器、金属で出来た金管楽器に分けられていました。
現在は菅の途中に穴を開けて、これを開けたり塞いだりする事で音を変える楽器を木管楽器。
それに対してパイプの中の空気の通り道をピストンやスライドを使って短くしたり長くしたりして音を変える楽器を金管楽器と言うそうです。
 
今日お送りした曲
フルート
ビゼー作曲 オペラカルメンより、第三幕への間奏曲
 
ファゴット
フォーレ作曲 シシリエンヌ
 
ホルン
ヨハンセバスチャンバッハ作曲 コラール目覚めよ、と呼ぶ声あり
 
テューバ
ワイルダー作曲 第一組曲、象のエフィーより、第4曲、エフィー、謝肉祭に行く
 
オーケストラ
ベンジャミンブリテン作曲 青少年のための管弦楽入門
 
 
そして教えてクラシックでは
「演奏者にとってやりやすい指揮者とやりにくい指揮者はいる?」と題してお送りしました。
 
曲は
 
精霊の守り人 指揮:広上淳一
 
をお送りしました。

放送
2018年5月 4日 22:00

動物を題材にした曲

5月4日の放送は、楽しい楽しい連休中なので、おうちでラジオを聞いてくれたり車の中でドライブをしながら聞いてくれている小さなお子さん達も多いかと思い、クラシックの中から、動物を題材にした曲をご紹介しました。
 
サン=サーンス作曲 動物の謝肉祭より 雌鳥と雄鳥 ・ カンガルー
 
リムスキーコルサコフ作曲 くまんばちの飛行
 
ルロイアンダーソン作曲 ワルツィング・キャット
 
 
ドビュッシー作曲 金色の魚
 
ハイドン作曲 弦楽四重奏曲第67番「ひばり」
 
教えてクラシックのコーナーも「動物好きの音楽家は?」と題してお送りしました。
作曲家のエルガーはイヌ好きという事で、エルガー作曲のミーナをお送りしました。