2018年7月アーカイブ

コンサート
2018年7月27日 22:27

PMFオーケストラ広島公演

音楽と平和。PMFの主旋律が19年ぶりに響く
〜ゲルギエフ、マーラーを振る〜
出演
ワレリー・ゲルギエフ (指揮)
デニス・ブリアコフ (フルート/PMFアメリカ)
PMFオーケストラ
日時 7月31日(火) 会場 18:00 / 開演18:30
場所 広島国際会議場 フェニックスホール

放送
2018年7月27日 22:16

指揮者 井田 勝大さん

今回は「指揮者」についてお送りしました。
これまで番組には、「指揮者が違ったらどう違うの?」「指揮者の役割って?」など 指揮者に関するメッセージが一番多く寄せられました! 皆さんの疑問を解消するために...指揮者の井田 勝大(いだ かつひろ)さんをお迎えしてお送りしました。
鳥取県生まれ。東京学芸大学音楽科卒業、東京学芸大学院修了 数々のバレエや交響楽団との共演を経て、現在、シアター オーケストラ トーキョー指揮者、エリザベト音楽大学講師、桐朋学園大学特任講師でいらっしゃいます。
 
IMG_8572.jpg
 
指揮者を目指したきっかけは?
「オペラが好きで、もっとオペラの事を知りたくて、友達のやっているオペラ団に副指揮者をやらせてくれと直訴して始めたのがきっかけです。元々はトランペットを吹いていたのですが、指揮者は音楽全体のバランスを聴いて、どう演出していくかというのがすごく楽しかった。」
 
 
スコアという大きな楽譜を見ていますが、何をしているのでしょうか?
「今日のリハーサルをどう進めていくか、どこで止めてみようかなど考えています。実際に指揮を振る以外にもやる事は沢山あります。」
指揮者が違うと演奏は違うの?
「全然違うと思います。自分が指揮者に成り立ての頃は自分が振っていて違いはあるのかな、これはオーケストラの音なのではないかと思い、オーケストラの団員に聞いてみたら、紛れもなく井田くんの音だと言われた。そして違う指揮者の時の録音と聞き比べてもやはり違いました。」
指揮者とは?
「存在感のある人、そこにいることに意味のある人だと思います」
広島で井田さんが指揮をされます。
熊川哲也 Kバレエ カンパニー
「ロミオとジュリエット」
日時 2018年10月23日(火) 18時開場 18:30開演 場所 広島文化学園HBGホール
料金 SS席¥18,000 / S席¥15,000 / A席¥11,000 / B席¥8,000
  
  
今日はどうもありがとうございました。

コンサート
2018年7月20日 15:23

「人の心に平和のとりでを築くコンサート~理想よ甦れ!」

原爆投下後の広島で奏でられたとされている4曲が演奏されます。

シューベルト「未完成」、ヘンデル「メサイアよりハレルヤ」、ベートーヴェン交響曲第9番 第4楽章 、サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」となっています。

日時 7月22日(日) 15時~

場所 広島文化学園HBGホール


放送
2018年7月20日 15:17

超難曲

今日は演奏家の技術が試される、超難曲をご紹介しました。
 
最初にご紹介したのは、イタリアの名ヴァイオリニスト ニコロ・パガニーニ 24のカプリースです。
このパガニーニ、ヴァイオリン演奏の技術が凄すぎて「魂を悪魔に売ったヴァイオリニスト」とまで言われたそうです。
演奏を聴くと、本当に人間が演奏しているのか!と思うほどで、聴衆は足元ばかり確認して聴いていたそうです。
  
  
そしてリストが作曲したラ・カンパネラ、実は原曲となる曲が
パガニーニ作曲 ヴァイオリン協奏曲第2番ロンド「ラ・カンパネラ」
だったのです。
  
リストはパガニーニの演奏を最初に聴いた時感動して「私はピアノ界のパガニーニになる!!」と言ったそうです。
リスト作曲 ラ・カンパネラ 演奏:金子三勇士
この曲も超難曲ですね。
  
モーツァルト作曲 オペラ魔笛より夜の女王のアリア
ソプラノの中でも最高音域を担当する、コロラトゥーラの曲として大変有名な曲です。
この曲を歌い上げるにはかなりの技術を要する曲です。
  
  
教えてクラシックでは「大きな楽団には指揮者はたくさんいるって本当?」というテーマでお送りしました。
はい、本当です!! 常任指揮者は1人ですが、副指揮者という方がいます。コンサートは何人もの指揮者の集大成で出来上がっているのです。
ベートーヴェン作曲 レオノーレ序曲第3番をお送りしました。

放送
2018年7月13日 22:27

宗教音楽について 佐伯康則さん

今日は「宗教音楽」について、佐伯(さいき)康則さんをお迎えしてお送りしました。

IMG_8545.jpg

佐伯さんは、ポリフォニアサクラで結成当初から指導をしています。

ポリフォニアサクラは1993年、広島市を活動の拠点に結成されたアマチュアの混声合唱団で、ルネッサンスから現代までの宗教声楽曲を中心に歌っている。

主な活動は8月6日の「原爆の日」の前後に世界の平和を願って開催する定期演奏会です。

宗教音楽とは?

「全ての音楽の根源と言っても良いものだと思います。現在すべての音楽を辿っていくと、一つの出来事にぶつかるんですね。それは宗教儀式に伴って発達した音楽。キリスト教のグレゴリオ聖歌などが有名でしょう。」

「宗教音楽というと構えてしまいますが、元々の音楽の原点、気楽に聞いて楽しんでもらえたらと思います」

お送りした曲

グレゴリオ聖歌ん Salve Regina

Ave Maria

 

 

 

教えてクラシックでは「音楽大学ではどんな授業があるの?」というテーマでお送りしました。

専門研究の他に体育など音楽以外の授業もあります。でもやはり音楽大学生、心の中はいつも音楽で溢れています!!

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:メサイアよりハレルヤコーラス
作曲家:ヘンデル

コンサート
2018年7月 6日 22:24

夏の第九/人の心に平和のとりでを築くコンサート

「夏の第九」

指揮:広上淳一、管弦楽:広島交響楽団、このオーケストラに何と世界的なホルン奏者・ラデク・バボラーク が参加! 合唱は東京オペラシンガーズです。

日時 7月12日(木) 18:45~

場所 広島文化学園HBGホール

 

 

「人の心に平和のとりでを築くコンサート~理想よ甦れ!」

原爆投下後の広島で奏でられた曲とされている、シューベルト「未完成」、サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」、ヘンデル「メサイアよりハレルヤ」

そしてベートーヴェン交響曲第9番 第4楽章 が演奏されます。

日時 7月22日(日) 15時~

場所 広島文化学園HBGホール


放送
2018年7月 6日 22:07

第9伝説 東京オペラシンガーズ代表 寺本知生さん

今回は【第9伝説】をテーマにお届けしました。

今年2018年は、日本で第九が演奏されてから100年。

今では年末の恒例となっている第九ですが、そもそもなぜ第九は、日本では年末をイメージさせるものですが、国外ではどうでしょうか。諸説ありますが、元々「年末に第九を」というアイデアが芽吹いたのは1918年のこと。第一次世界大戦が終わって平和を願う声が高まった頃にドイツのライプツィヒで始まり、その後は名門オーケストラであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が、毎年の大晦日に「第九」を演奏し続けてきました。 日本では第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)、日本交響楽団(現在のNHK交響楽団)が、12月に3日連続の「第九コンサート」を行って絶賛され、年末に「第九」を演奏する習慣へと受け継がれています。恒例となった年末の「第九」には多くの聴衆が集まりましたが、まだ戦後の混乱期を脱していなかった時代ですから、オーケストラにとっては安心して新年を迎えるための臨時収入に。さらには「うたごえ運動」を背景として合唱が盛んになり、アマチュア合唱団が「第九」を歌い始めます。コンサートには合唱団員の家族や友人たちが駆けつけたためチケットが売り切れることもしばしば。こうした状況が功を奏し、年末の「第九」が完全に定着したと言われています。

 

広島にも'第九伝説'というものがあります。終戦からわずか1年後の昭和21年8月15日、闇市で賑わう広島駅前の猿猴橋町に誕生したのが音楽喫茶「ムシカ」。

・復興に向けて動き始めたばかりの広島で、コーヒーとクラシック音楽を提供しながら、焼野原から立ち上がろうとしていた広島の人たちの心をなぐさめ、精神的な支えとなっていきます。

昭和21年の大晦日のこと。「ムシカ」で、レコードコンサートが開催されました。そこで選ばれたレコードこそ、ベートーベン作曲の「第九」。

その日は、しんしんと雪の降る寒い日でした。レコードコンサートの噂を聞きつけた人々で、店の中も外も人はいっぱい。人々は音楽に震え、涙を流した、というエピソードが残っています。

それ以来、「ムシカ」は、解説付きのレコード鑑賞会を開くなど、文化人が集う場所としても知られるようになります。そして、復興とともに戦後10年が過ぎるころには「うたごえ喫茶」が流行し、「ムシカ」も人々の歌声で満たされていったのです。

世界中で歌われているこの第九ですが、東京オペラシンガーズの代表、寺本知生(ともお) さんをお迎えしてお送りしました。

IMG_8404.jpg

教えてクラシックは

「音楽家の伝説、リストの手伝説」と題してお送りしました。

ピアニストのリストはドからソまで届く大きな手の持ち主で、その手から生み出される作品は後世まで届いています!!

お送りした曲は 超絶技巧練習曲 第4曲 マゼッパ

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:交響曲第9番
作曲家:ベートーヴェン