【】

放送
2018年8月24日 14:51

広島交響楽団ライブラリアン 松田 弘美さん

IMG_8584.jpg
8月に入り「広島交響楽団を支える仕事」についてシリーズでお送りしています。
2回目の今日は、ライブラリアンの松田弘美さんをお迎え致しました。

●ライブラリアンとはどんなお仕事ですか?
「図書館で言う司書。オーケストラの場合は楽譜、楽譜係になります。」

●具体的なお仕事の内容とは?
「事前に楽団員が演奏しやすいように手を加えたりしています。自分が演奏する立場になって、見やすい楽譜になるようにしています」

●これまで、喜ばれた等エピソードはありますか?
「海外の指揮者の方が、譜面が破れているのを直して下さいとお願いされて、翌日実はこれもなんだけどと他にも依頼された。大切な楽譜をお願いするということは信頼されていること。とても嬉しかったです」
 
最後に、広島県民が好きな「それゆけカープ」広島交響楽団の演奏でをお送りしました。
 
IMG_8585.jpg
ライブラリアンのスタッフとパチリ!
 
 
教えてクラシックは「作曲家の肖像画」といテーマでお送りしました。
当時の文化やその人となりも知ることが出来る大事な情報源なのです。
怖い顔の方、ムソルグスキーさんの「禿山の一夜」をお送りました。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:それゆけカープ 演奏:広島交響楽団
作曲家