【】

放送
2018年9月14日 15:14

広島市 松井一實市長

IMG_8673.jpg
今日は「広島と音楽」について、広島市の松井一實市長をゲストにお迎えしてお送りしました。 松井市長は、公式のプロフィールの'趣味'の部分に「コーラス」と書かれるほどです。
  
今まで参加されたコーラスで印象に残っているコンサートなどありますか?
「毎年行われる第九ですね。たくさんのお客様、大勢のメンバーの中で歌う箏は初めてで、とても記憶に残っています」
  
2012年には、松井市長を本部長とした「花と緑の広島づくり推進本部」が設置されましたが、 昨年10月には「花と緑と音楽の広島づくり推進本部」と名前が変更されました。
音楽が加えられた経緯や想いとは?
「市長になった時、コーラスの先生に"ひろしまは平和の街だから音楽を盛り上げてはどうか"という事がきっかけです。市の花キョウチクトウと、市の木クスノキ、そして五線譜と音符をデザインした新しいロゴマークも作成しました。」
  
  
将来"こんな音楽の街に!"という想いをお聞かせ下さい。
「新しくなる広島駅に、広島固有のメロディーを流してくださいとお願いしています。アストラムラインでは先行して1日数回流れています。ひろしま平和の歌をみんなが知っている曲にしたい。」
  
  
本日はありがとうございました。
  
  
  
教えてクラシックでは「作曲家の名言」をご紹介しました。
バッハ「音楽だけが世界語であり、翻訳される必要がない。そこにおいて魂が魂に働きかける。」
ベートーベン「名声を得た芸術家は、そのことにより落ち着きを失う。それゆえ、処女作がしばしば最高の作品となる。」
モーツァルト「僕は貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心である。」
歴史に名を残す作曲家は考え方もシンブルですね。
 
お送りした曲
バッハ作曲のブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調第1楽章でした。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:浜辺の歌 合唱:日本合唱協会
作曲家