【】

放送
2018年9月28日 12:32

広島交響楽団 音楽総監督 下野竜也さん

IMG_8924.jpg

「広島のクラシックのこれから」について、広島交響楽団 音楽総監督の下野竜也さんをゲストにお越しいただきましてお送りしました。

1969年鹿児島生まれ。鹿児島大学教育学部音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部附属指揮教室で学ばれました。
広島とは、2011年、ウインドオーケストラ音楽監督に就任、昨年4月、広島交響楽団音楽総監督に就任されました。
 
昨年のファン感謝デーでは、イントロクイズならぬアウトロクイズで会場が大盛り上がりしましたが、この番組では下野さんが選ぶ華やかなエンディングとして、ベートーヴェン作曲の第九をお送りしました。穏やかに終わる曲としてはチャイコフスキー作曲の悲壮をお送りしました。
 
クラシック界の将来を盛り上げるために、小・中学生と広響のコラボコンサートやダンス、そしてクラシックコンサートが初めての人向けのコンサートをやってみるとか、開演が昼間のコンサートや、逆に仕事終わりでも行けるコンサートとかがあっても良いかもとおっしっいました。
 
そして下野さんが指揮者を目指すきっかけになったベートーヴェン作曲の第九をお送りしました。
 
教えてクラシックでは「交響曲の終わりがかっこいい曲」というテーマでお送りしました。
ちょっとしつこいんじゃないという終わり方、ベートーヴェン作曲交響曲第5番第4楽章をご紹介しました。
そして番組最終回のラストは、華やかでかっこいい曲という事でブラームス作曲交響曲第1番第4楽章をご紹介しました。
 
今日で番組は最終回になりましたが、少しでもクラシックファンが増えたらうれしいです。
最後までありがとうございました

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:第九
作曲家:ベートーヴェン