1  2

放送」最近の記事

放送
2017年6月24日 00:24

ヴァイオリニスト 佐久間聡一さん

坪北のツボ

今日ご紹介した曲は、ブラームス作曲のヴァイオリンソナタ第1番でした。

IMG_7026.JPG

64回目のゲストはヴァイオリニストの佐久間聡一さんでした。

佐久間さんは、1982年山形のご出身で、桐朋学園大学を卒業、皆さんもよくご存じ、広島交響楽団の第一コンサートマスターでいらっしゃいます。

 

ヴァイオリンを始めたきっかけは?

「両親が音楽を聴くのが好きで、友達が増えるといいなとの想いで4歳から始めた。」

なぜヴァイオリンだったのですか?
「マンションだったのでピアノは音が大きかったのと、ピアノの方が値段が高いと思っていたから。でも、違うことが判明して親は愕然としました(笑)」

25歳で大阪フィルの第2ヴァイオリンの首席。2012年、35歳の時にはドイツへ!

「憧れの名門「ドイツ・カンマーフィルハーモニーブルーメン」で演奏したくて、その団員に1人日本人がいて、友達伝いにメールアドレスを聞いて会うことに。突然のメールだったのに会ってくれて、会ったそのあさってからコンサートで演奏させてもらいました。」

帰国後、広島交響楽団からコンサートマスターの話があり広島に来られましたが、カープ少年だったという佐久間さん、今年は球場のチケットが取れないほど大人気のカープ、広響もこれほど人気になるといいなとおっしゃってました。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:トロイメライ
作曲家:演奏:佐久間聡一

放送
2017年6月16日 22:07

声楽家 山岸玲音さん

坪北のツボ

今日ご紹介した曲は、

結婚行進曲/メンデルスゾーン

婚礼の合唱/ワーグナー

でした。

IMG_6372.JPG

63回目のゲストは声楽家の山岸玲音(れおん)さんでした。

小さい頃はどういった音楽に触れられていましたか?

「両親がオペラ歌手なので、家でレッスンしている様子や、自分も教会の聖歌隊に入って讃美歌を歌っていました。」

バンドでのライブ活動なども経験され、活躍の場を声楽・オペラに移し、2004年にオペラデビューされました。


「親が現役中に色んなことを学ぼうと、親の団に入りました。親だと気恥ずかしいかと思いましたが、師として接することが出来ました。」

「現在はオペラ出演やボランティア慰問演奏など多岐に渡り活動しています。」


呉市が舞台映画【の血】(2018年公開予定)にも出演されたとの事ですが?


「オペラは役者の一面もある。歌だけではなく演技力もつけたいという事でオーディションに飛び込んだ。」


声楽という枠だけにとらわれず、多岐にわたって精力的に活動されている山岸さんでした。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:Hope
作曲家:歌:山岸玲音

放送
2017年6月 9日 22:42

新西條管弦楽団 団長 畑山洋平さん

今日の坪北のツボは

舟うた/チャイコフスキー

舟うた/メンデルスゾーン

をお送りしました。

IMG_6906.JPG

62回目のゲストは新西條管弦楽団 団長の畑山洋平さんでした。

新西條管弦楽団とは?

「広島大学で音楽に携わる有志たちによって2013月に結成しました。現在の所属は約60名ですが、学生がメインです。

主な活動は?

「ホールを使用した本格的なコンサートの他に身近に、カジュアルに楽しんでもらおうとカフェ・コンサートも開催しています。ライトな感じでやろうとした第1回目のカフェ・コンサートなのに、ベートーヴェンの交響曲第1番を演奏してしまいました。」

音楽のあふれる街・東広島を目指し、市民の皆様に幅広く音楽を届ける楽団として、皆さんに魅了してもらうべく活動をしている新西條管弦楽団は現在団員を募集中で、特にチェロの奏者を熱望されていらっしゃいました。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ワルツ
作曲家:チャイコフスキー

放送
2017年6月 2日 22:31

オーボエ奏者 上田愛彦(よしひこ)さん

坪北のツボ

今日ご紹介した曲は

野ばら ヴェルナー作曲

野ばら シューベルト作曲

をお送りしました。

 

 

IMG_6384.JPGのサムネイル画像

 

61回目のゲストは、オーボエ奏者 上田愛彦(よしひこ)さんでした。

オーボエをスタジオにお持ちいただきました。

リードが沢山ありますが?

「このリードは竹の親戚、葦(アシ)という植物を自分で削って作ります。

間違って多く削ってしまったら使えなくなってしまいます」

 

オーボエを始めたきっかけは?

「テレビを見てて"おいしい"旋律を吹いてたから」

と言う上田さん
「皆さんにオーボエの事をおーぼえて欲しい」を連呼され、コンサートでの楽しいMCも想像される収録となりました。

 

番組1周年を記念したコンサートに上田さんも出演されます。

日時 6月25日(日) 14時〜

場所 エリザベト音楽大学 ザビエルホール 

入場無料です。

ぜひお越しください。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:小交響曲 変ロ長調 第4楽章
作曲家:グノー

放送
2017年5月26日 11:16

ピアニスト 金子三勇士さん

坪北のツボ

今日ご紹介した曲は

シューマン作曲 子どもの情景より「トロイメライ」

ドビュッシー作曲 子どもの領分より「ゴリウォーグのケークウォーク」

でした。

 

IMG_6170.JPG

60回目のゲストはピアニストの金子三勇士(みゆじ)さんでした。

1989年、日本人の父とハンガリー人の母の元に生まれる。2歳からピアノを始め、その才能は幼少時代から開花し、11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学に入学、16歳で全課程を取得し、日本に帰国。その後、東京音楽大学を首席で卒業し、東京音楽大学大学院修了。27歳の新星ピアニストとして今後の活躍が期待されています。

 

名前の"三勇士"について

「本名です。3番目の子供なので漢数字の三、勇気のある武士のように育って欲しいという父の想いで、そこから読み方は、私がハーフなので外国でも読みやすく"さんゆうし"でもなく"みゆし"でもなく"みゆじ"になりました」

ピアノを始めたきっかけは?

「小さな時からピアノはやっていましたが、5歳の時親戚の音楽家の人が「本格的に勉強した方が良いぞ」と言われて紹介された先生に、子供ながら惚れてハンガリーで勉強をしました」

今後の夢

「世界で三本の指に入れるような、リストの曲を紹介出来るピアニストになりたい」

という金子三勇士さんでした。

今回放送で使われた曲の紹介


曲目:ラ・カンパネラ
作曲家:リスト

1  2