番組サイトのトップへ戻る

« 8月30日(木)プレゼント当選者 | このブログのトップへ | やはり緑が好きなの?? »

2012年8月30日

音楽講座 カルロス・サンタナ

今日の音楽講座は、先月65歳になった「カルロス・サンタナ」をピックアップしました。

彼は1968年にバンド「サンタナ」でデビューを飾り
翌69年に行われた世紀のロックフェスティバル「ウッドストック」に出演!

この模様を収録したドキュメンタリー映画「ウッドストック」は大ヒットを記録し
「サンタナ」の名前は一躍有名になります。

そして1970年にリリースしたセカンドアルバム「天の守護神」は、アメリカだけでも400万枚以上をセールス。
シングルの「ブラック・マジック・ウーマン」「ぼくのリズムを聞いとくれ」は大ヒットを記録し、ロック史に残る名盤になりました。

ところが、80年代に入るとビッグヒットに恵まれない状況が続きます。

しかし、99年「サンタナ」は甦るのです。

リリースした「スーパー・ナチュラル」というアルバムは
翌2000年のグラミー賞で史上最多の9部門受賞という偉業を達成!

その後も数枚のアルバムを発表し、6月27日、自ら立ち上げたレーベル「スターフェイス・レコーズ」から
新作「シェイプ・シフター」をリリースしました。
タイトルの「シェイプ・シフター」は色々な姿に変身する妖怪のことです。
カルロス・サンタナとして通算36枚目、サンタナ名義では22枚目のスタジオ・アルバムです。

往年のファン待望の絶品インストゥルメンタル・アルバムで、
40年前の名盤「キャラバンサライ」を彷彿とさせる作品になっています。

今日はこのアルバムの中から「カネーラ~シナモンの香り」をお送りしました。
「哀愁のヨーロッパ」のような名曲ですよね。