番組サイトのトップへ戻る

« Da-iCE | このブログのトップへ | 6月4日(火)プレゼント当選者☆ »

2013年6月 3日

Enjoy,みよっしー!『三次の伝統体験&話題のグルメツアー』

Enjoy、みよっしー!【シリーズ 夏】

第一回目の今日、ご紹介したのは、

『三次の伝統体験&話題のグルメツアー』です!

 

今回の旅のメインは、

6月1日からスタートした三次の夏の風物詩『三次の鵜飼』です。

鵜飼は夜に行われるので、今回はお昼から夜にかけての旅プラン。

旅のスタート時刻は、お昼1時頃がいいでしょう。

出発地点は三次ICです。まずは腹ごしらえをしましょう。


13:00~ グルメスポット お好み焼『空(そら)』 (Tel:0824-62-3379) 

今訪れてみたいオススメのグルメは「お好み焼『空(そら)』」。 ご存じでしょうか?

こちらのお店は先日発売された

「ミシュランガイド広島 2013」に掲載された話題のお店です。

場所は三次市役所のすぐ近く、三次市十日市にあります。三次ICからは車で10分ほど。

ちなみに、まっきーさんは先日このお店に訪れ、

お好み焼きとささみの大葉巻きを食べました。

真ん丸のお好み焼きは、

一口目からやさしい甘さが口の中いっぱいに広がるということです。

お値段は、肉玉そばで良心的な600円!

 

ミシュランとお好み焼き.jpg

お好み焼き.jpg

こちらがまっきーさんオススメのサイドメニュー、ささみの大葉巻きです!

大葉マキ.jpg

さて、おいしいお好み焼を頂いたあとは三次の町を散策!

とその前に、三次のマップを手に入れましょう。

地図が置いてある三次市観光協会はJR三次駅のすぐ近く、

ショッピングセンター サングリーンの第3ビル1階です。

お得なクーポン券なども付いているマップ「三次へGO!GO!」、

これから散策する三次町の「ぶらり散策マップ」、

そして三次の新グルメを掲載している「霧のまちのぐるめぐり」をゲットしてください!

※ここからは車を置いて歩いて散策です。

  三次町にある三次市文化会館の駐車場を利用すると便利です。

 


14:00~ グルメスポット 『mugi mugi cafe』

(Tel:0824-63-5528)

巴橋を渡って北側、石畳の通りが続く三次町。

こちらにはおいしいスイーツショップがたくさんです。

オススメの一つがmugi mugi cafe。築80年以上の古民家を改装したお店。

「霧のまちのぐるめぐり」にも紹介されている

里山フローズンミックスジュースをぜひ試してみてください♪

自家製甘酒と豆乳がベースのヘルシーな新感覚フローズンドリンク。

ゆずやにんじん、レタスなど地元野菜でカラフルに彩っています。

お好み焼でお腹いっぱいになった後はこちらでクールダウン。

 

mugiカフェ_食.jpgmugimugi_食.jpg
15:00~ 観光スポット 『三次市歴史民俗資料館』

(Tel:0824-64-3517)

同じく石畳の通りには三次市歴史民俗資料館があります。

三次に伝わる妖怪伝説「稲生(いのう)物怪録」のパネルや

江戸時代から続く伝統工芸「三次人形」の展示があります。

三次の歴史について詳しく知りたい場合はぜひ係員の方にご案内して頂いてください。

 

三次市歴史民俗資料館2.JPG


16:00~ 観光スポット 『尾関山公園』 (Tel:0824-63-9268)

石畳から歩いて10分。春にはさくら祭の舞台になる尾関山公園にも訪れてください。

春はさくら、つつじ、初夏は青葉、秋はもみじ、冬は雪景と

中国路屈指の花どころとして有名な自然公園です。

頂上の展望台からは三次町・十日市の町並みを一望することができます。

 

尾関山公園(遠景桜).JPG

尾関山公園(紅葉).JPG

17:00~ グルメスポット 『大判焼 甘味処 平太郎』

(Tel:0824-62-5428)

尾関山から石畳の三次町に戻ってきて小腹が空いたら

オススメなのが『大判焼 甘味処 平太郎』。

三次市歴史民俗資料館の向い側にあります。ここでぜひ食べて欲しいのはかき氷です。

レトロなかき氷機を使ってうすく削り上げた氷はフワフワ。

頭がキーンとなることはありません。

平太郎 店舗.JPG

平太郎 かき氷.JPG

 

平太郎 大判焼.JPG

こちらが、三次町の石畳通りのMAPです。

三次町をたっぷり満喫した後は今回のメイン、鵜飼の会場へ移動しましょう!

 


19:00~  観光スポット 『三次の鵜飼』 (Tel:0824-63-9268)

潜水して魚を捕まえる鵜の習性を利用した伝統漁法で、

「古事記」などにも登場している鵜飼。

幻想的な世界へと誘う、真夏の夜の歴史絵。

遊覧船に乗ってその幽玄な伝統漁法を楽しみます。

鵜匠が先導する船に遊覧船に乗って並走できるのは、日本でも三次だけです!

場所は馬洗川。河川敷そばに駐車場がありますのでここに車をとめましょう。

遊覧船の出発時間は午後7時45分からなので、

7時過ぎには着いておいた方が安心です。

 

三次の鵜飼2.jpg

三次の鵜飼.JPG

こちらがいつでも写真OK!白い鵜です!

白い鵜.JPG

 

ここでのまっきーさんポイントは、

・事前に予約が必要です!お問い合わせは三次市観光協会まで⇒Tel:0824-63-9268

・虫よけスプレーがあれば安心。(6月は少し肌寒いです)

・カメラは夜仕様にしておく 。

・白い鵜はほとんど潜らないので、シャッターチャンスはバッチリ。

・お酒やお弁当持ち込みOK。

・土日は売店であゆの塩焼き、ビール類やジュース類も販売しています。

・土曜日のみ常設のステージで、

 和太鼓など郷土芸能の演奏を船の上から楽しめます!

 

・・・鵜飼の終了時刻は夜9時頃。

もちろん日帰りでも楽しめますが、お得な宿泊パックなどもあります。

 


☆『三次 DE Happy クーポン券』☆

三次市では6月1日から「三次 DE Happy クーポン券」という

サービスがスタートしました。

三次グランドホテルや三次ロイヤルホテルなど市内ホテル・旅館などの宿泊施設と、

鵜飼などの観光・土産施設、スポーツ施設を利用した際に

専用の台紙にスタンプを押してもらうと、クーポン券をゲットできます!

1,000円分のクーポン券として使えるのでお得感間違いなしです!!

利用方法や各施設の場所など、詳しくは三次市の公式HPをご覧ください。

 

以上、徳永真紀プロデュース『三次の伝統体験&話題のグルメツアー』でした。