omake_t.gif

« ゆずっこ集まれ! | メイン | オトナなライブ♪いかがですか? »

オススメBOOK☆八日目の蝉

今年読んだ中で、一番感動した一冊!
と重津さんが明言する「八日目の蝉」
最後のクライマックスの所で2人とも号泣です・・・


1125hon.JPG


今日、廣文館金座街本店の重津さんが紹介してくれたのは
直木賞作家・角田光代さんの長編小説『八日目の蝉』


軽くあらすじを紹介すると・・・
主人公の希和子は不倫相手の赤ん坊を思い余って誘拐してしまう
転々と逃げる日々を支えるのは、まるで本当の母親のような子供への愛情
罪の意識にさいなまれながらの逃亡は、いったいどこへ向かうのか!!


全部で346ページ、その中で20年近くの年月が流れる長いストーリー
フィクションとは思えない、リアルな作品で、スリリングな逃走劇に
次から次へと話の続きが気になり一気に読めてしまいます
そして、ラストは美しく切ない・・・!!


あの爆笑問題の太田光さんも
「最後の数ページ 震えが止まらなかった!」
と大絶賛しています
そして、トミーと重津さんも最後の最後で号泣。。。


親と子の愛情、家族とは何なのかを考えさせられる小説
角田光代の『八日目の蝉』は中央公論・新社から発売中
オススメです!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hfm.jp/blogadmin/mt-tb.cgi/11004

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

カレンダー

カテゴリー