omake_t.gif

« ガンダムなバイブオン。 | メイン | 鬼は鬼でも・・ »

オススメBOOK☆悪代官は実はヒーローだった 江戸の歴史

廣文館 広島駅ビル店の木川さんが今日紹介してくれたのは、

古川愛哲の、『悪代官は実はヒーローだった 江戸の歴史』

 

110202book.JPG 

 

代官と聞くと、あまりいいイメージを持たない人もいるかもしませんが、

実は代官は領民の生活向上のために汗を流した真の武士であったと

紹介しているのが今回の本なんです。

 

タイトルに惹かれてこの本を手に取ったという木川さん。

木川さんも、代官=悪代官というイメージを持っていましたが、

実際にこの本を読んで実は全く違う代官像があったということがよく分かり、

イメージが変わったそうです。

 

そもそも江戸時代の代官というのは、徳川幕府直轄の領地を治める幕府の

役人のことで、とても過酷な役職であったことが書かれています。

 

感動する話から、飢餓や噴火など天災に直面し大活躍する様々な代官たち、

他にも、時代劇で有名な大岡越前や遠山の金さんのリアルな姿など、

数々のエピソードが紹介されています。

 

代官に始まり町奉行や当時の暮らし。

学校の授業では出てこない、時代劇ではわからない江戸の歴史が描かれた

この本は、学生さんや歴史好きの方にオススメの一冊です☆

 

カレンダー

カテゴリー