電気の未来

電気の使用量は、世界全体でみると30年前と比べて3倍以上も増えていて、2035年には今のおよそ1.7倍以上になると予想されています。「電気が足りない」という事態にはなっていませんが、今と同じように電気をつくればいいという訳では無く、考えるべき課題があります。電気は今、必要な量を確実に賄うことも大切ですが、これからも安定して使えるようどうやってつくっていくか、未来のことを見通して考える必要があります。

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31