FRESTA Bimi Smile presents 食卓ON楽

食卓音楽


« VOL.16 「フェアトレードモカレギュラーコーヒー豆」(200g)メインVOL.17 「無添加ポテトチップス」 »

2008年1月18日
「負けないで/ZARD」

16回目の今日お届けしたのは、ZARDの「負けないで」。

1990年8月、当時モデルとして活動していた坂井泉水のもとに、あるオーディションの話が舞い込みます。それは、モデルのオーディションとしてではなく、1990年4月にデビューし、「おどるポンポコリン」で一世を風靡していたB.B.クイーンズのコーラス・メンバーを決めるオーディションでした。
そのオーディションで坂井泉水は、当時B’zやTUBEのプロデューサーを務めていた長戸大幸と出会います。残念ながらそのB.B.クイーンズのコーラス・メンバーオーディションには落選した坂井泉水ですが、長戸は、TVドラマの主題歌制作のため、坂井泉水を中心にバンドを作ることを決めます。
「陰のあるUKロックのような曲が欲しい」。テレビ局サイドの要望から、長戸大幸イギリス出身のロックバンド、ポリスの「見つめていたい」のサウンドをアレンジに取り入れた楽曲を制作。坂井泉水を中心にしたユニット、ZARDのデビューが決まります。

「初めてスタジオで会った坂井さんは、ほんとうにおとなしい感じの人だなって思いましたね」「正直なところ、印象はほとんどなくて。ミニスカートで歌いに来たことぐらいしか覚えていないんですよ」と、ZARDの16年間を振り返ったオフィシャルブックの中で、長年に渡って音源やプロモーション・ビデオなどZARDの核となる部分を支えてきたスタッフは、デビュー直前の坂井泉水(さかい・いずみ)の印象について語っています。
「とにかく、右も左も分からず、レコーディングではただひたすら叫んでいたように思います」と、後に坂井泉水(さかい・いずみ)が振り返った1991年2月リリースのデビューシングル「Good-bye My Loneliness」は、みずみずしい歌声とサウンドが、多くの人々に受け入れられいきなりチャート9位を記録します。
坂井泉水がデビュー以前から取り組んでいたのが、詞を書きためること。思いついた言葉や、詞のフレーズを書き留めたノートは何冊にもおよび、そこには恋愛に関する4文字のフレーズ、5文字のフレーズなどがシチュエーションに合わせて何パターンにも書きためられていたといいます。
「言葉のはまり具合が悪ければ、詞も曲も死んでしまう」。デビュー当初から本人が書きためていた詞について、プロデューサーの長戸はたびたび指導、徹底的にやり直しをさせます。そのかいあって、コツをつかんだ坂井泉水は、詞の世界観を崩さずに、言葉をジグソーパズルのピースのようにメロディーにはめ込んでいく才能を開花。デビューから半年余りが経過した、1991年12月にリリースの2枚目のアルバム『もう探さない』の頃には、彼女が書いた歌詞がそのまま使われるようになりました。

1992年8月にリリースされた4枚目のシングル「眠れない夜を抱いて」は、それまでの3作と比べ、重々しいロックから爽やかなポップス系の曲調に変わり、同時に、ビジュアル面もダークなイメージから明るいイメージへと変わります。その変化は、シングルセールスに如実に現われ、デビュー曲以来のチャートトップ10入りを果たします。そして、それ以降42枚目のシングル「ハートに火をつけて」までZARDのシングルは39作連続のトップ10入りを果たすのでした。
ZARDはその後9月に、5枚目のシングル「IM MY ARMS TONIGHT」、3枚目のアルバム『HOLD ME』をリリースします。特にこの3枚目のアルバム『HOLD ME』は、アルバムとしては自身初のチャートトップ10入りを記録すると同時に、初めてのミリオンセラーを記録。ここに、J-POP史上でも稀な、ZARDの快進撃が始まるのでした。

「ZARDの曲作りは、プロデューサーの長戸自身が持つ膨大なデモテープのストックの中から選んだり、別の曲同士を組み合わせたりしてたんです。この曲もそうで、実は、最初はZARD用に作られた曲ではなく、作曲をした織田哲郎が自身のアルバムに収録する曲だったんですね」。と当時のレコーディングスタッフはふりかえります。
その曲は、ZARDの次のアルバム収録曲用として制作が進められていきますが、坂井泉水の書いた詞の内容が、スタッフ一同からの評価が高く、タイアップの話も舞い込みんだこともあり、急遽シングルとしてリリースすることが決まるのでした。

「「どんなに 離れていても」と歌う所で、「どんなには」と「なれていても」の部分で切るという個性的な歌い方をしています。それが、結果的に印象に残っているんでしょうね」。と当時のレコーディングスタッフはふりかえります。
翌1994年の選抜高校野球の入場行進曲にも選ばれ、ZARD最大のヒット曲にもなった「負けないで」。坂井泉水が、日常生活の中でみつけた言葉のパズルが、多くの人々の心をつかんだ瞬間でした。

今日OAした曲目
M1.見つめていたい/ザ・ポリス
M2.Good-bye My Loneliness/ZARD
M3.眠れない夜を抱いて/ZARD
M4.負けないで/ZARD

makenaide.jpg