FRESTA Bimi Smile presents 食卓ON楽

食卓音楽


« 「OUR SONG/原田真二」メイン「ひろしまから始めよう/原田真二」 »

2010年10月 1日
VOL.157「吉田ふるさと村 乾しいたけ」

フレスタが、品質、おいしさ、安心、安全などにこだわった商品を、自信をもっておすすめするBimi Smileブランド。 今日は、肉厚で風味豊かな、Bimi Smile「吉田ふるさと村 乾しいたけ」をご紹介します。
 
"乾しいたけ"は、大分県が、全国の約40パーセントの生産量をしめ、質・量ともに日本一の産地として知られていますが、このBimi Smile「吉田ふるさと村 乾しいたけ」は、その大分県と気候が似ていて、しいたけの生産に適している、広島県との県境に近い、雲南市吉田町など島根県東部で、原木栽培した"しいたけ"を使っています。

原木栽培とは、クヌギやナラの木などの原木を、約1mの長さに切って、1本あたり約20個程度の穴をあけて、その中に種菌を植えて育てる、日本では馴染み深い"しいたけ"の栽培方法です。オガクズなどで作った人工の培地を使う菌床栽培と比べて、手間はかかりますが、天然に近い形で栽培されるため、肉厚で風味豊かな"しいたけ"が育ちます。
 
Bimi Smile「吉田ふるさと村 乾しいたけ」は、島根県東部の自然環境を利用しながら、原木で約2年間、時間をかけて育てられた後、収穫。収穫した後は、乾燥機で丸1日かけて乾燥させて、5cmほどの大きさに仕上げます。 
 
Bimi Smile「吉田ふるさと村 乾しいたけ」は、肉厚で、食べた時に歯ごたえがあるのが特長で、フレスタ各店舗の野菜コーナーで販売中です。
 
一度水で戻した後、旬の野菜と一緒に煮込んで食べるのはもちろんですが、フラインパンで炙って、ポン酢や塩コショウで、おつまみ感覚で食べるのもおすすめですよ。

101001bimismile.jpg