FRESTA Bimi Smile presents 食卓ON楽

食卓音楽


« VOL.220「愛媛県産 里芋 伊予美人」メイン「二人のアカボシ/キンモクセイ」 »

2012年1月13日
VOL.221「山口県産 岩国尾津白花れんこん」

フレスタが、品質、おいしさ、安心、安全などにこだわった商品を、自信をもっておすすめするBimi Smileブランド。
きょうは、もっちりとした食感と、甘みを味わえるれんこん、Bimi Smile「山口県産 岩国尾津白花れんこん」をご紹介します。

初夏に植えたれんこんは、秋から冬にかけて、収穫の最盛期を迎えますが、山口県岩国市尾津地区は、およそ200年前から、
れんこん栽培に取り組んでおり、日本でも有数のれんこんの産地として知られています。
また、普通、れんこんの穴は八つと言われていますが、岩国れんこんは、穴の数が自然に一つ多く、九つあるのも特徴です。

フレスタでは、岩国市尾津地区の農家・松重達雄さんと契約。
松重さんが作ったれんこんは、化学農薬・化学肥料の使用量を、通常の栽培方式と比べて、50%以上減らした農産物のみが
認められる「農林水産省、ガイドラインによる特別栽培農産物」に認定されていて、この、松重さんが作った尾津白花れんこん
のみを、Bimi Smile「山口県産 岩国尾津白花れんこん」として、出荷しています。

初めはシャキシャキっと、後でもっちりくる食感と、甘みが特長の、BimiSmile「山口県産 岩国尾津白花れんこん」。
定番の煮物はもちろんですが、挽肉をはさんだはさみ揚げや、潰して、つみれのようにして揚げた天麩羅もおすすめです。

Bimi Smile「山口県産 岩国尾津白花れんこん」は、フレスタ各店舗の土物コーナーで販売中です。
寒さが身に沁みるこれからの季節、温かいれんこん料理を食べて、体の芯から温まってみませんか?
120113bimi.jpg