SONGS ON YOUR LIPS
1  2

2020年2月 8日 12:30

株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(後編)

株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(後編)

♪♪1  イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー  /   ダイアナロス


株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(後編)

♪♪2  春よ、来い      /   松任谷由実



広島市のご出身。 広島市内の小中学校から県外の大学に進学された田島さん。学生時代には、 体育会の硬式庭球部に所属し、ハードな練習にも取り組んでいたそうです。 大学を卒業後、地元企業を経て、ご結婚でご主人の実家の家業を手伝うことに。 家庭とともに、金物卸ろしの会社の仕事も長く続けて来られました。 4年ほど前に社長に就任し、地域に根付いたきめ細かいサービスで、 お客様にとってなくてはならない会社でありたいとの思いで、経営を続けて いらっしゃいます。


株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(後編)

金物や家庭用品の卸ろしをされてる田島商店さんですが、カキの養殖業者に カキ筏の浮きや針金、パイプなどカキ養殖に関連した資材を直接販売もされて いるそうです。長いお取引をされている方も多く、年月をかけて築かれた信頼関係を 大切にしているというお話が印象的でした。 田島社長は、ご自身の会社のお仕事だけでなく、広島商工会議所女性会のメンバー としても長く活動されていて、昨年5月には会長に就任されています。 ご趣味のパッチワークは、しばらくお休みされているそうですが、再開したいと思って いるとのこと。大学で教鞭を執るご主人と年に1、2度の温泉旅行も、楽しみのひとつ だそうです。 座右の銘は、「巧詐は拙誠にしかず」。何事にも誠意を持って臨みたいという田島社長の 控えめながら秘めたる思いの強さを感じる、ステキなお話でした。 田島社長、ご出演ありがとうございました。

2020年2月 1日 12:31

第107回ゲスト 株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(前編)

第107回ゲスト 株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(前編)

♪♪1 たそがれマイ・ラブ  /   大橋純子


第107回ゲスト 株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(前編)

♪♪2 エチュード ハ長調 作品10-1   /   ショパン作曲



広島市のご出身。 広島市内の小中学校から県外の大学に進学された田島さん。学生時代には、 体育会の硬式庭球部に所属し、ハードな練習にも取り組んでいたそうです。 大学を卒業後、地元企業を経て、ご結婚でご主人の実家の家業を手伝うことに。 家庭とともに、金物卸ろしの会社の仕事も長く続けて来られました。 4年ほど前に社長に就任し、地域に根付いたきめ細かいサービスで、 お客様にとってなくてはならない会社でありたいとの思いで、経営を続けて いらっしゃいます。


第107回ゲスト 株式会社田島商店 代表取締役社長 田島 久子 さん(前編)

田島社長の会社は、金物や家庭用品の卸ろしをされています。 フライパンや鍋など台所用品からスコップ、ビニールシート、簡易トイレまで、 いろいろなものを扱っていて、なんと3000アイテムにも及ぶそうです。 主な得意先は、小売店やホームセンターなどだそうです。 お母様が、音楽の先生をされていたそうで、子どもの頃にはピアノを習い、 学生時代には本格的にテニスに取り組むなど、さまざまなことに取り組んで 来られた田島社長ですが、ご本人は、「いろいろなものに興味はあるけど、 広く浅く・・・」とどこまでも控えめのご様子。 リクエストには、就職の頃の思い出の曲そして、お母様が演奏されていた 思い出のピアノ曲をご指定いただきました。

2020年1月25日 12:31

株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(後編)

株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(後編)

♪♪1  人生の扉  /   竹内まりや


株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(後編)

♪♪2  糸     /   中島みゆき



広島市のご出身。 大学を卒業後、福岡の会社を経て、実家が経営する明治15年に、糸や毛糸の卸販売の会社として創業された「ウシオ株式会社」に入社。 入社当時は、婦人服を中心とした卸売りをしていて、 現在は株式会社エヌ・スタイルとして、業務を受け継いでいます。 また5年ほど前から、さまざまな施設などに出向いて商品を展示販売する 「移動ブティック」事業も開始し、幅広く営業を展開していらっしゃいます。


株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(後編)

「移動ブティック」事業では、さまざまな施設を回って展示販売をされているそうですが、 皆さんに喜んでいただくのが、流田社長ご自身の喜びでもあるそうです。 ある施設で、入所されている方がモデルとなってファッションショーを開いたことがあり、 レッドカーペットの上を歩く皆さんと見守るご家族、そして施設の方、皆さんが幸せな笑顔を 今も鮮明に覚えているとお話しくださいました。 プライベートでは、2人の娘さん、3人のお孫さんもいらっしゃるそうですが、な んとお孫さんの男の子がイケメンなのだとか! 流田社長、ご出演ありがとうございました。

2020年1月18日 12:31

第106回ゲスト 株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(前編)

第106回ゲスト 株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(前編)

♪♪1 埠頭を渡る風  /   松任谷由実風


第106回ゲスト 株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(前編)

♪♪2 月の光   /    ドビュッシー作曲(演奏:レオン・フライシャー)



広島市のご出身。 大学を卒業後、福岡の会社を経て、実家が経営する明治15年に、糸や毛糸の卸販売の会社として創業された「ウシオ株式会社」に入社。 入社当時は、婦人服を中心とした卸売りをしていて、 現在は株式会社エヌ・スタイルとして、業務を受け継いでいます。 また5年ほど前から、さまざまな施設などに出向いて商品を展示販売する 「移動ブティック」事業も開始し、幅広く営業を展開していらっしゃいます。


第106回ゲスト 株式会社エヌ・スタイル 代表取締役社長 流田 尚子 さん(前編)

流田社長は3人姉妹の末っ子だそうですが、代々受け継いできた歴史ある会社を 無くしてしまうのは忍びないとの思いもあり、お父様が社長を務める会社 (「ウシオ株式会社」)の後継者となられたそうです。 会社は、昭和の半ばに広島市西区の商工センターに移転。 婦人服を中心とした衣料品の卸売業でしたが、 現在もその業務を会社の柱のひとつとして継続しているそうです。 また5年ほど前から、女性スタッフのアイデアが基に「移動ブティック」事業を開始。 企画・提案から案内ポスター、チラシ作りまで、イベントの実施だけでなく、 様々なサポートも行っているそうです。 ご趣味はピアノ演奏で、子どもの頃に習っていたレッスンを再開。 隔週で通いながら、年に一度の発表会を励みに、練習を続けていらっしゃいます。

2020年1月11日 12:31

広島県バドミントン協会 副会長 坂田 和子さん(後編)

広島県バドミントン協会 副会長 坂田 和子さん(後編)

♪♪1  落陽 / 吉田拓郎


広島県バドミントン協会 副会長 坂田 和子さん(後編)

♪♪2  おもいで岬 / 新沼謙治



富山県のご出身。 学生時代には、日本のトップレベルの選手として活躍し、 全日本学生バドミントン大会ダブルス優勝、 全日本総合バドミントン大会第2位 など 輝かしい成績を残されています。 大学卒業後に結婚で広島にお越しになり、専業主婦を経て、 バドミントンの大会運営や普及に取り組む活動に参画。 現在も、広島県体育協会理事として、広島のバドミントン、 そして体育全般の振興に、力を尽くしていらっしゃいます。


広島県バドミントン協会 副会長 坂田 和子さん(後編)

昭和52年、広島県家庭婦人バドミントン連盟の設立にも力を尽くされた坂田さん。 この団体は、バドミントンを自分たちなりに楽しみたいという女性の皆さんの声を 受けて設立されたものだそうです。 家庭を持つ女性が、スポーツで元気に明るくなることで、家庭にいい効果が生まれ、 併せて、お子さんがバドミントンに興味を持ってくれることも期待した取り組み だったと、当時を振り返ってお話しいただきました。 2人の息子さんを育てあげ、平成23年に藍綬褒章、 平成28年に旭日双光章も授与された坂田さん。 若い世代が活躍し、世界のトップアスリートと繰り広げる、 今年のスポーツの祭典、東京オリンピックにも大きく期待されているそうです。

1  2