SONGS ON YOUR LIPS
1  2

2018年7月21日 12:30

SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

♪♪1  サヨナラCOLOR  /   SUPER BUTTER DOG


SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

♪♪2  僕らが旅に出る理由  /   小沢健二



広島のご出身。 1994年に、穴吹デザイン専門学校卒業を卒業され、建築・デザインの お仕事を始められました。 経験を積まれた後、2001年に、学生時代の同級生でもある谷尻誠さん が前年に設立した建築設計事務所 Suppose design office に合流。 2014年に、正式に会社登録 現在は、建築だけに留まらず、インテリアから街づくりまで、多岐にわたる 斬新な作品を生み出し、注目される会社の共同主宰として活躍されています。


SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

吉田さんはじめ、忙しいお仕事を続ける社員の皆さんのために考えたのが、 きちんとした食事を提供し、”会社のメンバーを細胞からデザインしたい”(笑) ということだったそうです。 「社員の食堂」と「社会の食堂」を組み合わせた「社食堂」をオープンさせたのは、 去年のことでした。 現在は、コミュニケーションの場として活用されるほか、一般にも公開されて、 お昼どきには、行列ができるほどの人気なんだそうです。 広島市内に本社として自社ビルを計画されていますが、その上層階には、 ホテルも展開するとのこと。 アート感覚豊かで、クリエイティブな拠点として、これから注目の存在になりそうです。

2018年7月14日 15:46

第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

♪♪1 イージューライダー    /     奥田民生


第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

♪♪2 LONG TIME AGO   /    藤原ヒロシ



広島のご出身。 1994年に、穴吹デザイン専門学校卒業を卒業され、建築・デザインの お仕事を始められました。 経験を積まれた後、2001年に、学生時代の同級生でもある谷尻誠さん が前年に設立した建築設計事務所 Suppose design office に合流。 2014年に、正式に会社登録 現在は、建築だけに留まらず、インテリアから街づくりまで、多岐にわたる 斬新な作品を生み出し、注目される会社の共同主宰として活躍されています。


第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

専門学校でデザインや建築について学んだものの、当時は明確なビジョンを 持っていなかったという吉田さん。お仕事にしっかりと向き合うようになったのは、 自分で会社を興してからだそうです。 現在、共同主宰を務める会社「サポーズデザインオフィス」は、いわゆるアトリエ事務所 より規模は大きく、35名のスタッフを抱えていますが、その社員の関係はフラットで、 上下関係はないそうです。 面白いことに人は集まり、楽しい雰囲気の中でより良いものが創られていくという 考えのもと、斬新なアイデアとデザインが生み出され、それが会社の特徴ともなって いるようです。 リクエストには、学生時代そして、建築士の免許取得のために頑張った頃の 思い出の曲をセレクトしていただきました。

2018年7月 7日 12:35

広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

♪♪1  笑顔の未来へ  /   エレファントカシマシ


広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

♪♪2  夢の外へ    /   星野源



地元、広島のご出身。 2002年、広島電鉄に入社し、車掌として業務を続ける中、 女性にも運転士の門戸が開放されることを知り、猛勉強。 2003年に広島市内中心部を走る路面電車区間を運転できる乙種の免許を 取得し、さらに3年後には、郊外の路線も運転できる甲種の免許も取得。 現在は、2人のお子さんを育てながら、社内の女性運転士の中では最も長い キャリアを誇るベテラン運転士として活躍されています。


広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

現在、2人のお子さんを育てながらのお仕事ということで、早朝や遅い時間の 勤務を外した勤務時間で電車に乗務されているそうです。 そうした勤務形態の 制度がなければ、仕事を続けることができなかったとも明かしてくださいました。 ご自身が働く姿を、まだお子さんに見てもらったことがないそうで、 いずれ見て欲しい、それまで頑張りたいともおっしゃっていました。 佐々木社長との写真撮影では、電車を運転する際の帽子も着用いただき、 素敵なツーショットになりました。ありがとうございました。

2018年6月30日 12:30

第66回ゲスト 広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(前編)

第66回ゲスト 広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(前編)

♪♪1 デンジャー・ゾーン    /     ケニー・ロギンス


第66回ゲスト 広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(前編)

♪♪2 セルフ・コントロール   /    TM ネットワーク



地元、広島のご出身。 2002年、広島電鉄に入社し、車掌として業務を続ける中、 女性にも運転士の門戸が開放されることを知り、猛勉強。 2003年に広島市内中心部を走る路面電車区間を運転できる乙種の免許を 取得し、さらに3年後には、郊外の路線も運転できる甲種の免許も取得。 現在は、2人のお子さんを育てながら、社内の女性運転士の中では最も長い キャリアを誇るベテラン運転士として活躍されています。


第66回ゲスト 広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(前編)

色々なお仕事を経験されて、20代後半で契約車掌として会社に入られた大田原さん。 最初は、正社員への道はなかったそうですが、会社で女性運転士の募集があり、 上司からの推薦を受けてチャレンジしたそうです。 大型バイクに乗るなど、もともと乗り物はお好きだったそうですが、 特別に「電車が好き!」というわけでもなかったとのこと。 それでも、電車を運転するときの話、仕事中に見える思わぬ景色など、 お仕事の楽しさを語る様子から、あふれる電車愛を感じずにはいられませんでした。 リクエストには、お仕事に向かう時、元気をもらっている曲と学生時代の思い出の 曲を選ばれたそうです。

2018年6月23日 12:30

料理研究家・食育プロデューサー 黒田千晴さん(後編)

料理研究家・食育プロデューサー 黒田千晴さん(後編)

♪♪1  風と君を待つだけ  /   小田和正


料理研究家・食育プロデューサー 黒田千晴さん(後編)

♪♪2  生きてる生きてく  /   福山雅治



広島市内で、魚屋兼仕出し屋を営む家に生まれ、子どもの頃から料理に親しむ。 家業を手伝うことができるよう、学生時代に調理師免許を取得。 広島女学院大学文学部卒業後、結婚。 主婦業に専念するが、夫の病気をきっかけに、2000年に一念発起して得意の 創作料理を提供する「スープ&おばんざいキッチン ポットラック」をオープン。 2010年には店舗も広島市中区袋町に移転し、新たに「AGRI」を開店。 オーナー兼シェフとして料理の腕をふるうほか、各地での料理教室講師や、 テレビ・ラジオ番組の料理コーナーなども担当・出演する。 2013年から、母校である広島女学院大学国際教養学部講師も務めるなど、 活躍されています。


料理研究家・食育プロデューサー 黒田千晴さん(後編)

郊外の戸建て住宅から、広島市内中心部のマンションへと引越された黒田さん。 その際に、思い切った断捨離をされたそうです。 しかし、それはご自身の人生の終い方としてではなく、身軽になってどこへでも 行ける準備とのこと。どこまでも前向きで、アクティブな黒田さんに元気をもらい ました。 母校の大学で講師もされているそうですが、女子学生たちには 「100人いてもその中で輝く人になれ!」と激励の言葉をかけているそうです。 スタジオに、黒田さんのお店「AGURI」の名物メニュー、メンチカツをお持ち いただきました。豆腐を使ったヘルシーメニューで、味付けには、なんと ”オタフクソース”を使っているとのこと。美味しさ抜群です! 黒田さんの料理と楽しいお話で、スタッフも満腹。ごちそうさまでした。

1  2