SONGS ON YOUR LIPS

2018年5月 5日 12:30

第62回ゲスト 卑弥呼蔵 オーナー 宇坪 涼美さん(前編)

第62回ゲスト 卑弥呼蔵 オーナー 宇坪 涼美さん(前編)

♪♪1 青い瞳のステラ 1962年夏・・・    /     柳ジョージ&レイニーウッド


第62回ゲスト 卑弥呼蔵 オーナー 宇坪 涼美さん(前編)

♪♪2 眠り姫     /    SEKAI NO OWARI



呉市出身。 調理師免許取得後、26歳でJR三次駅隣に「cafe卑弥呼」をオープン。 2007年に、三次町本通商店街の北端に位置する旧万寿乃井酒造の廃蔵を 買い取り、コミュニティ拠点として再生するための「蔵プロジェクト」を 始められました。 現在は、その敷地内で、喫茶の「万(mann)茶房」、宿泊できる「青猫」を営業中。 その他、コスプレ・イベントを月に一度、定期的に開催するなど 三次を舞台とした文化発信も続けていらっしゃいます。 2008年に京都造形芸術大学を卒業され、空間デザイン分野で学んだこと、 ご自身のこだわりも生かして、活躍されています。


第62回ゲスト 卑弥呼蔵 オーナー 宇坪 涼美さん(前編)

宇坪さんは、かつてお祖母さまがいらっしゃったことで、三次にはよくいらして いたそうです。しかし、そこに店を構え、やがて古い酒蔵を買い取ることになる とは思っていなかったご様子。 プロの不動産屋なら、誰もその蔵を買うなどとは言わないものだったとか…?! 補修や改装など大変だったそうですが、それを手伝ってくれたのが、地元の方や お店の常連、仲間たちだったそうです。 8年に渡って営業された「赤猫」を受けて今年(2018年)3月29日からは、 喫茶施設の「万(mann)茶房」をオープンされています。 宿泊施設の「青猫」とともに、宇坪さんのこだわりもたっぷりで、そこに魅せられるお客様も多いようです。 リクエスト曲には、ご自身がお好きな1曲、そしてコンサートの空間演出に感動した というアーティストの楽曲をご指定頂きました。