SONGS ON YOUR LIPS

2018年7月アーカイブ

2018年7月28日 13:03

第67回ゲスト 株式会社B.H 代表取締役 田方 美紀さん(前編)

第67回ゲスト 株式会社B.H 代表取締役 田方 美紀さん(前編)

♪♪1 See You Again    /   ウィズ・カリファ 


第67回ゲスト 株式会社B.H 代表取締役 田方 美紀さん(前編)

♪♪2 366日   /    HY



広島県生まれ。 信販会社での勤務を経て、結婚。 24歳で出産し、25歳から介護の仕事を始められたそうです。 介護福祉士の資格を取得したのは、29歳のとき。 翌年、3人で設立した会社は、順調に業績を伸ばし、1年でメンバー80名の規模まで いっきに増えたそうです。しかし、急な成長で管理が難しくなる面もあったとか。 この会社を、2年後に人に任せることになり、ご自身は別の会社「Bee-Hive」を興して、 取締役に就任。 現在は、株式会社B.H と合わせて2社の取締役として活躍するほか、 現役の介護士、さらには15歳の息子さんのお母さんとしても、忙しい日々を 送っていらっしゃいます。


第67回ゲスト 株式会社B.H 代表取締役 田方 美紀さん(前編)

株式会社B.Hの代表取締役として会社を運営しつつ、現在も介護士として訪問介護の 現場でも活躍している田方さんですが、介護は、究極のサービス業だとおっしゃいます。 以前に勤めていた会社では、利用される方が入院されたときにも、お見舞いにも行って はいけないなど、と深いつながりを持つことが禁止だったそうです。 様々な考え方がある中で、田方さんは、自分の家族に接するつもりでお仕事をされ、 その思いを生かした会社を創られたそうです。、 「お客様がお客様を呼び、スタッフがスタッフを呼ぶ」そうして会社は順調に伸びてきた 人に助けられたとおっしゃっていたのが印象的でした。

2018年7月21日 12:30

SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

♪♪1  サヨナラCOLOR  /   SUPER BUTTER DOG


SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

♪♪2  僕らが旅に出る理由  /   小沢健二



広島のご出身。 1994年に、穴吹デザイン専門学校卒業を卒業され、建築・デザインの お仕事を始められました。 経験を積まれた後、2001年に、学生時代の同級生でもある谷尻誠さん が前年に設立した建築設計事務所 Suppose design office に合流。 2014年に、正式に会社登録 現在は、建築だけに留まらず、インテリアから街づくりまで、多岐にわたる 斬新な作品を生み出し、注目される会社の共同主宰として活躍されています。


SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(後編)

吉田さんはじめ、忙しいお仕事を続ける社員の皆さんのために考えたのが、 きちんとした食事を提供し、”会社のメンバーを細胞からデザインしたい”(笑) ということだったそうです。 「社員の食堂」と「社会の食堂」を組み合わせた「社食堂」をオープンさせたのは、 去年のことでした。 現在は、コミュニケーションの場として活用されるほか、一般にも公開されて、 お昼どきには、行列ができるほどの人気なんだそうです。 広島市内に本社として自社ビルを計画されていますが、その上層階には、 ホテルも展開するとのこと。 アート感覚豊かで、クリエイティブな拠点として、これから注目の存在になりそうです。

2018年7月14日 15:46

第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

♪♪1 イージューライダー    /     奥田民生


第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

♪♪2 LONG TIME AGO   /    藤原ヒロシ



広島のご出身。 1994年に、穴吹デザイン専門学校卒業を卒業され、建築・デザインの お仕事を始められました。 経験を積まれた後、2001年に、学生時代の同級生でもある谷尻誠さん が前年に設立した建築設計事務所 Suppose design office に合流。 2014年に、正式に会社登録 現在は、建築だけに留まらず、インテリアから街づくりまで、多岐にわたる 斬新な作品を生み出し、注目される会社の共同主宰として活躍されています。


第67回ゲスト SUPPOSE DESIGN OFFICE 共同主宰 吉田 愛さん(前編)

専門学校でデザインや建築について学んだものの、当時は明確なビジョンを 持っていなかったという吉田さん。お仕事にしっかりと向き合うようになったのは、 自分で会社を興してからだそうです。 現在、共同主宰を務める会社「サポーズデザインオフィス」は、いわゆるアトリエ事務所 より規模は大きく、35名のスタッフを抱えていますが、その社員の関係はフラットで、 上下関係はないそうです。 面白いことに人は集まり、楽しい雰囲気の中でより良いものが創られていくという 考えのもと、斬新なアイデアとデザインが生み出され、それが会社の特徴ともなって いるようです。 リクエストには、学生時代そして、建築士の免許取得のために頑張った頃の 思い出の曲をセレクトしていただきました。

2018年7月 7日 12:35

広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

♪♪1  笑顔の未来へ  /   エレファントカシマシ


広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

♪♪2  夢の外へ    /   星野源



地元、広島のご出身。 2002年、広島電鉄に入社し、車掌として業務を続ける中、 女性にも運転士の門戸が開放されることを知り、猛勉強。 2003年に広島市内中心部を走る路面電車区間を運転できる乙種の免許を 取得し、さらに3年後には、郊外の路線も運転できる甲種の免許も取得。 現在は、2人のお子さんを育てながら、社内の女性運転士の中では最も長い キャリアを誇るベテラン運転士として活躍されています。


広島電鉄株式会社 電車運転士 大田原 奈津子さん(後編)

現在、2人のお子さんを育てながらのお仕事ということで、早朝や遅い時間の 勤務を外した勤務時間で電車に乗務されているそうです。 そうした勤務形態の 制度がなければ、仕事を続けることができなかったとも明かしてくださいました。 ご自身が働く姿を、まだお子さんに見てもらったことがないそうで、 いずれ見て欲しい、それまで頑張りたいともおっしゃっていました。 佐々木社長との写真撮影では、電車を運転する際の帽子も着用いただき、 素敵なツーショットになりました。ありがとうございました。