SONGS ON YOUR LIPS

2018年12月アーカイブ

2018年12月15日 12:31

第77回 株式会社タカキベーカリー 営業本部営業企画部 部長(前編)

第77回 株式会社タカキベーカリー 営業本部営業企画部 部長(前編)

♪♪1 乙女座宮 / 山口百恵


第77回 株式会社タカキベーカリー 営業本部営業企画部 部長(前編)

♪♪2 流星のサドル / 久保田利伸



香川県高松市のご出身。 地元の大学を卒業し、タカキベーカリーに入社。 広島営業所に配属となり営業として勤務 1995年に結婚され、その年に営業所から営業本部へと所属が変わり、 スーパー、コンビニエンスへの商品提案・企画営業等を担当されました。 子会社として設立したタカキヘルスケアフーズで、アレルギー、介護食 などにも携わり、2016年より本社に戻り現職。


第77回 株式会社タカキベーカリー 営業本部営業企画部 部長(前編)

大学の先生が、広島大学のご出身だったことから紹介を受け、女性が活躍できる会社 ということもあって、タカキベーカリーへと入られたそうです。 営業本部営業企画部は、営業所のとりまとめから、商品企画 パッケージや販促品 (POP)デザインなど、さまざまなことを担当する部署だそうです。 スタッフの皆さんが助けてくれるとおっしゃる久保さんですが、そのお人柄と これまで関連会社含め社内のいろいろな部署を経験されたことが活かされているのでは と感じしました。 リクエストには、青春時代を彩った名曲をご指定いただきました!

2018年12月 8日 12:30

株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(後編)

株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(後編)

♪♪1  やさしさに包まれたなら / 絢香


株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(後編)

♪♪2  空と君のあいだに / 中島みゆき



薬剤師の国家資格を取得し、薬剤師として民間病院、国立大学附属病院で勤務され、 新薬開発の治験に携わられました。、 お仕事のかたわら、2012年より、広島に居ながらにして外国を体験できるサービス 「ミニミニ外国in広島」を開始し、NPOとして活動されています。 2018年には、大学病院を退職されて、MMGインターナショナルを起業し、 外国を体験できるイベントや、英語研修を行う事業として展開されています。


株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(後編)

折りたたんだ外国の町のセットを軽トラックに積み込んで、いろいろな会場に出かける そうですが、公民館などその日の会場に、あっという間にミニミニ外国を作ってしまう そうです。 しかも、入国審査から、両替、ショッピングといった、海外でのさまざまなシーンを 外国人スタッフを相手に体験できるのですから、英語を実地で学ぶとてもいい機会と なること間違いありません。 最初は、外国人スタッフを怖がっていたお子さんが、イベントの終わるころには 笑顔になってくれると、嬉しそうに話される宮井さんの笑顔が印象的でした。 今後さらに、企業や学校などいろいろなところで、話せる英語への要求は高まるばかり。 これからも、私たちが、海外の人たちとコミュニケーションするための第1歩、 子どもたちが世界に羽ばたくきっかけ作りをして頂ければと思います!

2018年12月 1日 12:30

第76回ゲスト 株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(前編)

第76回ゲスト 株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(前編)

♪♪1 プレシャス・ハート / 松田聖子


第76回ゲスト 株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(前編)

♪♪2 ストーリー / AI



薬剤師の国家資格を取得し、薬剤師として民間病院、国立大学附属病院で勤務され、 新薬開発の治験に携わられました。、 お仕事のかたわら、2012年より、広島に居ながらにして外国を体験できるサービス 「ミニミニ外国in広島」を開始し、NPOとして活動されています。 2018年には、大学病院を退職されて、MMGインターナショナルを起業し、 外国を体験できるイベントや、英語研修を行う事業として展開されています。


第76回ゲスト 株式会社MMGインターナショナルサービス 代表取締役 宮井 ふみ子さん(前編)

学校で何年にも渡って、英語教育を受けているにもかかわらず、外国の方と会話 できない。外国人を目の前にすると萎縮してしまう。そんなもどかしさを解決したい と立ち上げたのが、「ミニミニ外国in広島」だったそうです。 海外旅行や留学には、渡航費用をはじめさまざまなハードルがありますが、 広島に居ながらにして海外を体験できるイベントとは、本当に嬉しい企画ですね。 この活動を始める直接のきっかけは、お子さんに留学を勧めても、「外国はこわい」と 言われたこと、薬剤師としてのお仕事の中で、世間がグローバル化していることや 英語の大切さを実感したことだそうです。 初回のイベントから150人が集まったそうですが、支えてくださった多くの人たちに 感謝しながら活動しているという宮井さん。 きっと大胆にして繊細な宮井さんの魅力が、大勢の人たちの協力につながって いるのでしょうね。