SONGS ON YOUR LIPS

2019年10月アーカイブ

2019年10月26日 12:30

第100回ゲスト IAAインタナショナルエアアカデミー広島校校長 崔 希美(さい ひみ)さん(前編)

第100回ゲスト IAAインタナショナルエアアカデミー広島校校長 崔 希美(さい ひみ)さん(前編)

♪♪1 ケ・セラ・セラ / ドリス・デイ


第100回ゲスト IAAインタナショナルエアアカデミー広島校校長 崔 希美(さい ひみ)さん(前編)

♪♪2 ミスター・ロンリー / フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラ



山口県宇部市のご出身。 金融機関で働いていた崔さんですが、空への夢を諦められず、航空業界への就職に挑戦。 就職氷河期の時代に日本航空へ入社され、その後様々な業務を経験されました。 結婚、出産、職場への復帰を経て退職。 現在は、客室乗務員、グランドスタッフなど、航空業界で働く人を養成する インターナショナルエアアカデミー広島校の校長として後身の指導にあたるほか、 大学の講師も務めるなど、多方面で活躍されています。 プライベートでは、3人の男の子のお母さんです。


第100回ゲスト IAAインタナショナルエアアカデミー広島校校長 崔 希美(さい ひみ)さん(前編)

崔先生は、日本航空で地上スタッフや通訳、お客様への応対を教える教官など、 さまざまな業務を経験されたそうです。 ご主人のお仕事の関係で広島に住むことになり、航空業界を退職したものの、 夢を捨てきれず、かつての経験を生かして6年前にIAA広島校を立ち上げ、 校長に就任。 IAA広島校では、客室乗務員を目指す人への専門的な講義はもちろん、 「あいさつ・笑顔・身だしなみ・言葉遣い・態度」なども教えておられます。 人として大切なことを教えてもらえると保護者の方からも喜ばれているそうです。 リクエスト1曲目には、崔先生が航空業界に挑戦したとき後押ししてくださった お母様の思い出の曲をご指定頂きました。

2019年10月19日 12:30

アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(後編)

アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(後編)

♪♪1 未来へ / キロロ


アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(後編)

♪♪2 イマジン / ジョン・レノン



呉市のご出身。 短大を卒業後、大手アパレルメーカーに入社。 その後、銀行勤務などを経て、結婚を機に退職。 嫁ぎ先が経営するべーカリー・レストランの仕事を手伝うようになったそうです。 総務部長などを務めたのち、2019年5月より代表取締役社長に就任。 「食」を通じて、みなさまに幸せを届けたいとの思いで、 会長を務められるご主人とともに、日々頑張っているということです。


アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(後編)

番組収録当日、佐々木社長は、昼食をアロフトさんで召し上がったそうですが、 アロフトさんのパンとレストランメニューは、美味しさと量、価格のバランスで 満足度が高く、お客さんも多かっということです。 やはり、パン屋さんの一番のアピールポイントは、パンが美味しいこと! 一方、パンの世界も時代の要求に晒されている面もあります。 パンというと、小麦粉、イーストなどとともに、食塩は欠かせない材料というイメージですが、 食塩を使わないパンもあるそうで、アロフトさんでは、病院や施設などにも提供されているということです。 その他、低糖質のパンもあるそうです。 通常のレストランとは別の意味で、社会に貢献されているアロフトさんの素敵な一面を見た 思いがしました。 リクエストには、将来を見据え平和を願う上土社長の思いから2曲をご指定頂きました。

2019年10月12日 12:30

第99回ゲスト アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(前編)

第99回ゲスト アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(前編)

♪♪1 ささやかなこの人生 / 風


第99回ゲスト アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(前編)

♪♪2 ゴンドラの唄 / 堀口博雄と東京軽音楽倶楽部



呉市のご出身。 短大を卒業後、大手アパレルメーカーに入社。 その後、銀行勤務などを経て、結婚を機に退職。 嫁ぎ先が経営するべーカリー・レストランの仕事を手伝うようになったそうです。 総務部長などを務めたのち、2019年5月より代表取締役社長に就任。 「食」を通じて、みなさまに幸せを届けたいとの思いで、 会長を務められるご主人とともに、日々頑張っているということです。


第99回ゲスト アロフト株式会社 代表取締役社長 上土 聖香さん(前編)

上土社長が嫁いだ家はもともと、材木店を営んでいたそうですが、時代の変化に伴って 業態を転換することになり、ベーカリーレストランの経営に乗り出したそうです。 そのきっかけは、義理のお母様が、かつて知り合いのところで食べたイギリスパンの 美味しさだったとか。 美味しいパンをメインにしたレストランは、開業当初からのスタイルだそうですが、 当時はパンのブランド化など、想像できなかった時代でした。 現在では、広島市内にもパンの有名なお店がいくつもありますが、 アロフトさんはその先駆けのような存在と、佐々木社長が思い出を語り、話が盛り上がりました。 上土社長は、「自分が引っ張るというより、皆さんの協力を得てここまで来た」と謙遜されて いましたが、その控えめで真面目な姿が皆さんからの支持につながっているのかもしれませんね。

2019年10月 5日 12:31

NPO法人 ANT-Hiroshima 理事長 渡部 朋子さん(後編)

 NPO法人 ANT-Hiroshima 理事長 渡部 朋子さん(後編)

♪♪1 アメージング・グレース / アリサ


 NPO法人 ANT-Hiroshima 理事長 渡部 朋子さん(後編)

♪♪2 あなたも見ていたのか / 沢知恵



広島市のご出身。 法律事務所の事務局長を務める傍ら、 まちづくりや国際協力活動・平和教育・平和文化交流などの市民活動をされています。 1989年にANT-Hiroshimaを設立し、広島から平和を伝え続けると共に、 アフガニスタンの難民支援やパキスタンの地震復興支援などにも注力。 また、広島市民や子どもたち、広島を訪れる海外の研修生などを対象として 国際理解や平和教育を実践し、独自の平和構築活動をなど、活躍を続けて いらっしゃいます。


 NPO法人 ANT-Hiroshima 理事長 渡部 朋子さん(後編)

ネパール、パキスタン、インド、フィリピン、アフガニスタンなど、 これまで危険と言われる場所も訪れてこられた渡部理事長。 現地の人との心の交流として、何度も通って実際に顔を合わせることが大切ということでした。 紛争が始まったり、気候的な問題だったりなどで、国際協力の計画が中断したこともあったそうですが、 諦めることなく何年という待つ時間も含めて 活動を続ける中で、再開し完遂にこぎつけたプロジェクトもあったそうです。 リクエストには、歌詞の持つメッセージに強く共感されている曲、 思い出の詰まった曲をご指定いただきました。