SONGS ON YOUR LIPS

2021年5月アーカイブ

2021年5月29日 12:00

第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(後編)

第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(後編)

♪♪1 I can't turn you loose / Blues Brothers


第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(後編)

♪♪2 Smile / アン・サリー



広島県安芸津町のご出身。 東京の大学を卒業後、百貨店、古典芸能の関連団体に勤務した後、家業である、今田酒造に入社。 杜氏としての修行を積み、現在は、代表取締役として会社を経営し、現役の杜氏としても活躍されています。 また、一昨年、日本酒のドキュメンタリー映画に出演。昨年秋には、イギリスの国営放送・BBCによる「2020年 100人の女性」に、日本人女性としてただ一人選出されるなど、世界からも注目されています。


第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(後編)

2019年に全国公開されたドキュメンタリー映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」に出演された今田さん。昨年は、BBCによる「2020年 100人の女性」にも選出され、世界からも注目される存在ですが、日本酒が注目されるきっかけになればという思いだということです。 全国で女性の杜氏は、40人ほどで、その状況はこの30年それほど変わっていないそうです。醸造はある意味、生き物を相手にした仕事なので労働環境として厳しいところもあるけれど、手をかけたことは正直に返ってくると語る今田さん。とても凛々しく、輝いた表情が印象的でした。 「百試千改」という三浦仙三郎先生の言葉とともに、「それならそれで・・・」という寛容さと柔軟性を含む一言も今田さんの座右の銘なんだそうです。いろいろ、厳しい時代を迎えていますが、広島の酒がますます発展することを願うばかりです。 ・・・そのためには、今夜まず一杯でしょうか(笑) 今田さん、ご出演ありがとうございました。

2021年5月22日 12:00

第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(前編)

第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(前編)

♪♪1 誰も寝てはならぬ / メトロポリタンオペラ・トゥーランドットから


第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(前編)

♪♪2 スカイツリー音頭・決定版 / 寒空はだか



広島県安芸津町のご出身。 東京の大学を卒業後、百貨店、古典芸能の関連団体に勤務した後、家業である、今田酒造に入社。 杜氏としての修行を積み、現在は、代表取締役として会社を経営し、現役の杜氏としても活躍されています。また、一昨年、日本酒のドキュメンタリー映画に出演。昨年秋には、イギリスの国営放送・BBCによる「2020年 100人の女性」に、日本人女性としてただ一人選出されるなど、世界からも注目されています。


第136回ゲスト 今田酒造 代表取締役・杜氏  今田美穂さん(前編)

東京での学生時代、社会人生活を経て家業を継ぐことにした今田さん。 バブルの時代を越え、30歳を過ぎて広島に戻られたそうです。そして修行の始まり。男性中心の世界で苦労もあったのではと考えましたが、そのような苦労はなかったと明るい笑顔でお答えいただきました。きっと周りには、優しい方々がいらっしゃったのでしょうね。 広島の酒造りは軟水を使ったもので、醸造が難しいともいわれますが、その効果もあってやさしい味わい、香りの良さが特徴でもあるそうです。また、広島のお酒はそのほとんどが、広島の酒米でつくられるそうです。まさに、地元の銘品ですね。 オタフクソースの酢も広島のお米で作られていて、同じ醸造による食品メーカーとして広島に寄せる思いは、経営者お2人の共通するところもあったようです。リクエストには、学生時代の思い出の曲、そしてとてもユニークな曲もご指定いただきました。

2021年5月15日 12:30

第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(後篇)

第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(後篇)

♪♪1 栄光の架橋 / ゆず


第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(後篇)

♪♪2 Believe / Folder5



広島のご出身。金融機関、塗料メーカーに勤務した後、お父様が社長をされていた匠施設工業に入社。消防用設備の保守・点検が主な業務で、最初はパート従業員として、事務系のお仕事をされたそうです。その後、現場のお仕事も経験されました。 2007年、取締役就任。2012年からは、代表取締役社長として会社を経営し、地元広島の、安心・安全を守る仕事を続けられています。


第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(後篇)

子どもの頃、お父様が全国のホーチキの代理店会の会長をされていたそうで、出張がちだったため、お父様がどのような仕事をしていたのか知らなかったという福留さん。会社を受け継ぎ、ご自身がそのような集まりに出るようになって、周囲の方からお父様の話を聞き、その偉大さを知ったそうです。 現在、お姉さまが専務。妹である真知子さんが社長。仲良く会社を盛り立てている姿をお父様も遠くから、微笑ましくご覧になっているかもしれませんね。福留さんが仕事を続けて嬉しく思うのは、やはりお客様から感謝の言葉を言われたときだそうで、「匠さんにきてもらってよかった」の一言に、喜びを感じているとのことでした。大切にしている言葉は、「私は笑って生きる」。その言葉通り、笑顔を絶やさず前向きに進むとても素敵な方でした。福留さん、ご出演ありがとうございました。

2021年5月 8日 12:30

第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(前編)

第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(前編)

♪♪1 あの娘とスキャンダル / チェッカーズ


第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(前編)

♪♪2 PIECE OF MY WISH / 今井美樹



広島のご出身。 金融機関、塗料メーカーに勤務した後、お父様が社長をされていた匠施設工業に入社。消防用設備の保守・点検が主な業務で、最初はパート従業員として、事務系のお仕事をされたそうです。その後、現場のお仕事も経験されました。 2007年、取締役就任。2012年からは、代表取締役社長として会社を経営し、地元広島の、安心・安全を守る仕事を続けられています。


第135回ゲスト 匠施設工業株式会社 代表取締役社長 福留真知子さん(前編)

金融機関、塗料メーカーを経て、建物に興味のあった福留さんが、就職先を探していたとき、同じ施設関係ということで決めたのが、当時、お父様が社長をされていた匠施設工業だったそうです。この会社は、もともとおじい様が、火災報知器で知られるホーチキの広島営業所長で、そこから独立し始めた会社だそうです。 しかし、入社当時はパート社員。現場では、女性だからということで厳しい言葉を浴びせられたこともあったそうです。その後、経験を積み、的確な回答やアドバイスができるようになり、周囲の見る目も変わっていったとのこと。女性ならではの視点を活かし、業界用語を使わず分かりやすい説明を心がけたことがお客様からの支持につながり、次第に仕事が増えていったそうです。 リクエストには、バンド活動でドラムを担当したエピソードなど、思い出の曲をご指定いただきました。

2021年5月 1日 12:30

第134回ゲスト 株式会社OnePurpose 取締役 TONOERU事業部長 藤岡佳子さん(後編)

第134回ゲスト 株式会社OnePurpose 取締役 TONOERU事業部長 藤岡佳子さん(後編)

♪♪1 WakeMeUp! / SPEED


第134回ゲスト 株式会社OnePurpose 取締役 TONOERU事業部長 藤岡佳子さん(後編)

♪♪2 Can You Keep A Secret? / 宇多田ヒカル



広島のご出身。 携帯電話販売店の店長として社内マネジメントを経験され、結婚・出産。 その後、自宅サロンで開いた陶芸にまつわる教室が人気に。 また、教室運営を目指す女性のサポートや、コーチングサービス提供も 行い、多くの女性との接点を持つ。 その経験・ノウハウを活かし、女性の営業力・販売力アップや、女性目線の 職場改善をサポートする事業「TONOERU(トノエル)」を展開し、 現在は、これまでの事業を継続するとともに、講演、TVコメンテータなど、 幅広く活躍されています。


第134回ゲスト 株式会社OnePurpose 取締役 TONOERU事業部長 藤岡佳子さん(後編)

女性社員への接し方に困っている男性上司や女性顧客の心を掴めず苦心している 営業マンなどにアドバイスも「TONOERU(トノエル)」の仕事だそうです。 実際、優しさのつもりでかけた言葉が、当の女性にとっては心を悩ませるもの となることもあるんだそうです。 さらに、広島の中小企業と学生団体を結び付け、両者をマッチングする活動も 始めたという藤岡さん。常々、広島の素晴らしさを多くの人に認知してほしいと 言われる佐々木社長も、この活動に大いに共感されていたようです。 藤岡さんは、テレビの報道番組でのコメンテーターとしても活躍されていますが、 求められる役割に合ったコメントを簡潔に話すことに、腐心しているんだそうです。 学生時代から社会人にかけていろいろな苦労があったそうですが、それを前向きに 乗り越えてきた藤岡さん。笑顔が素敵な方でした。 藤岡さん、ご出演ありがとうございました。