SONGS ON YOUR LIPS 広島県内で魅力的な活動をされている女性をゲストにお迎えし、お話をお伺いしていきます。あわせて、その方の心に残る想い出の曲もお届けしていきます。

2021年11月アーカイブ

2021年11月27日 12:00

第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(後編)

第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(後編)

♪♪1 人生の扉 / 竹内まりや


第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(後編)

♪♪2 土曜日の恋人 / 山下達郎



広島県のご出身。 2016年10月に廿日市市で、「ホリデイ書店」を開店。 店頭には、専門書から暮らしにまつわるものまで、幅広いジャンルの古本や新刊が およそ2000冊あるそうです。また、お店にはカフェを併設し、お客さんが作られた 雑貨も置くなど、「本と雑貨のある暮し」をコンセプトに、地域に根付いた“町の本屋さん” として経営を続けていらっしゃいます。


第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(後編)

宮本さんのお店「ホリデイ書店」にはカフェスペースがあって、コーヒーなど飲み物を 楽しむこともできるそうです。時には、初対面のお客さん同士が会話に花を咲かせることも あるそうで、まさに地域のコミュニケーション・スペースとなっているようです。 お店では、手芸のワークショップや絵本を持ち寄ったお話し会などイベントも開催されて いたそうです。コロナの影響で、ここしばらくお休みされているそうですが、また時期をみて 再開したいと明るく語ってくださいました。 どうぞこれからも、地域の方そして本好きの皆さんに素敵な本と空間をご提供ください。 リクエスト曲は、比較的新しいヒット曲そして、長年のファンという山下・竹内夫妻の曲を 1曲ずつご指定いただきました。 宮本さん、ご出演ありがとうございました。

2021年11月20日 12:00

第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(前編)

第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(前編)

♪♪1 Pretender / Offical髭男dism


第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(前編)

♪♪2 SUN / 星野源



広島県のご出身。 2016年10月に廿日市市で、「ホリデイ書店」を開店。 店頭には、専門書から暮らしにまつわるものまで、幅広いジャンルの古本や新刊が およそ2000冊あるそうです。また、お店にはカフェを併設し、お客さんが作られた 雑貨も置くなど、「本と雑貨のある暮し」をコンセプトに、地域に根付いた“町の本屋さん” として経営を続けていらっしゃいます。


第149回ゲスト ホリデイ書店店主 宮本ひろみさん(前編)

大学を卒業後、流通関係の地元企業でのお勤めをされていた宮本さん。 会社で通信販売による本の販売をされていたそうです。会社がその業務から撤退する時期と ご自身の時間が取れるタイミングが合ったことから、本屋さんを開業することを決意したんだ そうです。 まず気になったのは、お店の外観です。以前に鮮魚店だった店舗をリニューアルして書店に されたそうで、店頭の青いテントが印象的です。電車からも見えるそうで、わざわざ電車を 途中下車して訪れる方もいらっしゃるとか! 宮本さんは、美術教師をしていたお父様の影響もあって、子どもの頃から本に親しみ、 芸術にも興味をお持ちだったようです。そうしたことが、素敵なお店の外観や内装にも繋がって いるのかもしれませんね。

2021年11月13日 12:00

第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(後編)

第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(後編)

♪♪1 LIFE~目の前の向こうへ~ / 関ジャニ∞


第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(後編)

♪♪2 芸北の空 / 作詞・作曲 成木香予



熊本県のご出身。 北広島町のスキー場でアルバイトをしているときに、地元の「地域起こし協力隊」に応募。昨年2月より、加計高等学校 芸北分校 の女子下宿「みなこ館」のハウスマスターとして勤務し、リンゴの摘果作業などの農作業にも携わるなど、地元の人たちの協力を得ながら、地域起こし協力隊として、北広島町を盛り上げる活動を続けていらっしゃいます。


第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(後編)

北広島に移住して、1年半になる松嶋さん。昨年の冬は、雪も多く大変だったそうですが、中山間地域ならではの生活を満喫しているご様子。「みなこ館」のハウスマスター以外にも、農作業を手伝ったり、地元にある温泉・宿泊施設で働くなど、地域おこし協力隊として、さまざまな活動をされているそうです。 すっかり地域に馴染んでいる松嶋さんですが、お休みのときは県内各地や山陰方面へのドライブを楽しんでいるそうです。写真もお好きで、各地で撮影されているそうですが、広島はどこか故郷・熊本にどこか通じるところもあると話されていました。 リクエストには、ご自身が学生時代に背中を押してもらったという思い出の応援ソング、そして多くの人に知ってほしいという芸北の魅力を歌った曲もご指定いただきました。今回のご出演ありがとうございました。どうぞこれからも、頑張ってください。

2021年11月 6日 12:00

第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(前編)

第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(前編)

♪♪1 夢を味方に / 絢香


第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(前編)

♪♪2 ともに / WANIMA



熊本県のご出身。 北広島町のスキー場でアルバイトをしているときに、地元の「地域起こし協力隊」に応募。昨年2月より、加計高等学校 芸北分校 の女子下宿「みなこ館」のハウスマスターとして勤務し、リンゴの摘果作業などの農作業にも携わるなど、地元の人たちの協力を得ながら、地域起こし協力隊として、北広島町を盛り上げる活動を続けていらっしゃいます。


第148回ゲスト 加計高校芸北分校 女子下宿「みなこ館」ハウスマスター 松嶋良さん(前編)

もともと、スノーボードが趣味という松嶋さん。芸北国際スキー場でアルバイトをしているときに、地元の「地域起こし協力隊」への誘いを受けて応募したのが、このお仕事を始めるきっかけだったそうです。 加計高等学校芸北分校は、神楽・野球・テニス・地元農業など特徴ある活動が魅力で、県外からも多数の生徒が入学し、地元で生活しながら学んでいるそうです。 松嶋さんが初代ハウスマスターを勤める女子下宿「みなこ館」は、昨年新設されたもので、現在12名の生徒がともに生活しているということです。皆さんの生活をサポートするのがメインの仕事ですが、ときにはいろいろな相談にのることもあるそうです。 生徒の皆さんから、「良(つかさ)ちゃん」と呼ばれているそうで、少し年上のお姉さん的な存在なのでしょうね。