« 佐々木&ゲストウッドエッグトークメイン佐々木&ゲストウッドエッグトーク »

2015年3月 7日 21:30

今週の話題

広島出身の女優であり、プロデューサーであり監督でもある杉野希妃さんが、3月1日に大阪で行われたおおさかシネマフェスティバル2015で新人監督賞を受賞しました。

杉野さんは大学在学中の2004年、韓国に留学し2006年に韓国映画で女優としてデビューしました。
以来、国内外で映画制作に関わり3年前にインドネシアを舞台にした「欲動」という作品を発表して新人女優賞を獲得しています。

今回の受賞は、その「欲動」の監督としての実力を再評価されての受賞です。
若い人達が世界をまたにかけて活躍するって素敵ですよね。
しかし、残念なことに杉野さんはその朗報を病院のベッドで聞くことになってしまいました。

というのも、今年一月に開かれたロッテルダム国際映画祭に、制作&出演した新作「3泊4日、5時の鐘」という作品の舞台挨拶のために行った時に交通事故に遭い、両足を骨折するという大けがを負ってしまい、現在も入院中だからです。
本人は「生と死に向き合ったことで、今は小さな事に感謝する日々です。これをきっかけに、真の意味で強く美しい自分に生まれ変わりたい」と話しているそうです。

一日も早い復帰を願わずにはいられません。