2018年12月14日
12月14日〈メイクセラピー Ohana代表、存在感クリエーター〉伊予田晃子(いよだ あきこ)さん

181214伊与田晃子さん.JPG

存在感クリエーター伊与田晃子さん。エステ、メイク、顔相、よもぎ蒸しの4つの美容をツールに一人ひとりの存在感を高めるお手伝いをされています。

とても明るく笑顔輝く伊与田さんですが、幼少期は外見にコンプレックスを持ち自分の考えを口にすることのない、常に人の後ろをついていくようなタイプだったそうです。ブライダル業界で勤めるなかで夢が芽生えたものの、組織の中で働くことの難しさも痛感。自分で立ち上げ、始めることに踏み切ることになりました。それがメイクセラピー、存在感クリエーターの仕事です。

ただ表面的に飾り作り上げるだけでなく「自分の本来持っている素敵なところに目を向けてほしい」という思いから顔相について学び、一人ひとりの個性を生かし、見られたい印象に効果的なメイクアップを提案しています。

「心から顔は出来ている。自分次第で顔は変わる。コンプレックスを隠すと良いところが光らない」これは嘗ての伊予田さんが思い、悩み、葛藤するなかでたどり着いた答えでした。

もっと自分と向き合い、自分のことを好きになってほしい。

自分を知ろうとせず、他人と見比べてばかりいてはせっかくの魅力がいかせない・・・知識や技術、経験を通して、過去の自分と同じような思いをしている女性達の背中を押してあげられる存在になりたい。

存在感クリエーターとして多くの女性達の心に寄り添い、唯一無二の輝きを引き出していきます。

カフェレッスン、自宅レッスン随時開催

ブログ:美容クリエーター 伊予田晃子

https://ameblo.jp/syou321321/

2018年12月 7日
12月7日〈アトリエフォコ 代表、ひろしま女子カメラ部 主宰〉秋元万里子(あきもと まりこ)さん

181207秋元万里子さん.JPG

カメラ大好き!写真の可能性を広げ、人の輪を作ることをライフワークに楽しまれている秋元万里子さん。

広島市西区横川にあるアトリエフォコは1階を管理室、2階はレンタルスペース、3階はシェアオフィスというコミュニケーションギャラリーです。主宰するひろしま女子カメラ部の活動もここを拠点に行われています。

以前カメラメーカーに勤めていた際、女性店員さんに写し方を教えたことで喜ばれたことから、女性の持つ感性を活かしもっとカメラ、写真を身近に楽しんでもらいたいと「ひろしま女性カメラ部」を立ち上げました。

毎月第3土曜日に開催される初心者カメラ講座では、しぼり、シャッタースピード、露出補正、ホワイトバランス、感度などカメラの基本を伝え、偶然の産物ではない撮りたい写真が撮れるための知識を得ることができます。

秋元さんにとって写真は未来を思い描く夢広がるもの。

そう感じたのは娘さんが入院中、病室に貼ってあった写真カレンダーを見て、ほかの子ども達と「元気になったら行ってみたい」と励まされ、勇気づけられている姿を見たことからでした。

そして写真は「写す」「作る」「残す」ことで何倍にも楽しめるもの。

そんな魅力いっぱいの写真で広島を盛り上げていきたい!

佐伯区にも新たにフォトスタジオをオープンし、撮ることの楽しさをこれからも伝え続けていきます。

アトリエフォコ http://atelierfoco.com/

ひろしま女性カメラ部 http://women.hiroshima.photo/

デザインフォトスタジオ ティルスhttp://tales.hiroshima.photo/price/

Instagram写真展についてhttp://atelierfoco.com/exhibition/

2018年12月 1日
12月のゲスト

12月7日 広島女子カメラ部 アトリエフォコ代表 秋元万里子さん

     写真の可能性を拡げ、輪を作っててゆく

 

 

12月14日 美容クリエーター 伊与田 晃子 さん

     自らの体験から生まれたサロンで生き生きと

 

 

12月21日 似顔絵屋 竹本あさみさん

     似顔絵から気づく自分らしさ

 

 

12月28日 放射線技師(専門:マンモグラフィー) 小濱千幸さん

     乳がんを少しでも減らしたい

 

2018年11月30日
11月30日〈株式会社カノン代表取締役 ストレスフリーメンター(愛犬の代弁者)〉住吉孝予(すみよし たかよ)さん

181130住吉孝予さん.JPG

住吉孝予さんは会員制ペットホテルとペットサロンを通じて愛犬と飼い主さんとのより良い関係作りをサポートしています。

ペットの立場に立ち、その気持ちを理解するため、スタッフ全員動物行動学を学んでいます。従順なイメージの強い犬ですが、ちょっと鳴いたり、暴れたり、噛んだりしただけで何故かすぐに叱られてしまいますが、それらの行動はすべて要求、恐れなど何かのサインだと言われます。

可愛さのあまりに無意識のうちにストレスを与えていることも多く、一見上手くいっている飼い主さんとの関係性にも実は問題が隠れていることもあります。

また「人間嫌いな犬は、犬好きの他人がつくっている」と住吉さん。

出会った犬の頭を急になでたり、捕まえたり、抱きしめたり、目をみつめたり、「可愛い~!」と大きな声を出したり、実はこのような関わりは犬たちにとってはストレスの原因になるようです。

間違った関わり方に気づき、少しでも改めてもらい犬たちにストレスなく過ごしてもらえる環境を作ることが住吉さんの目指すところです。

サロンには多いときで十数匹の犬がそれぞれのお部屋にいることもありますが、鳴き声はほとんど聞こえず、とても静かでその状況にはお客様も驚かれるほど。ペット達にとってそれだけ安心できる環境なのですね。

海外旅行に行くときにその国の言葉や文化を知ろうとするように、ペットを飼う前には動物が何を考えているのかを飼い主として知ってもらいたい・・・。

動物と寄り添う心豊かな社会を目指し、住吉さんは愛犬の代弁者として伝え続けます。

【WEB相談、飼い主さん向けセミナー実施中】

Luxury Pet Hotel ラスイート http://lasuite-hotel.com/

2018年11月23日
11月23日〈ホワイトリボンRUN広島 実行委員会委員長〉追分由美子(おいわけ ゆみこ)さん

 

東広島市でエステサロン、スマイルトレーナー、FM東広島のパーソナリティと様々な活動をされている追分由美子さん。

現在ホワイトリボンラン広島の実行委員長を務めていらっしゃいます。

ホワイトリボンランとは、妊娠、出産、中絶が原因で命を落としている世界の女性たちの現実を知ってもらおうと「走ろう。自分のために。誰かのために。」をスローガンに3月8日の国際女性デーに先駆け、日本全国、世界に参加のアクションを促すチャリティファンラン大会です。

同じ大会公式Tシャツを着て走り、SNSで写真や動画を投稿することで世界中のランナーが繋がり、活動の認知を広げています。エントリー費の半額はネパール・ガーナの女性支援のために寄付されます。

追分さんがこの活動に賛同されたのは、発展途上国の女性の現状を知り同じ女性として無視することができなかったこと。また娘を持つ母親として「自分の命は自分で守る」という意識、妊娠出産の教育を進めていきたいと強く思ったことからでした。今年2018年3月3日には東広島市で初のホワイトリボンラン広島を開催。「ゼロ」からのスタートだったこともあり、辛いこと、理不尽さを感じることもありましたがその数倍もの笑顔と協力を得られた温かいイベントとなりました。

181123追分由美子さん.JPG

追分さんの願いはこのイベントを通して若い人達へ意識と学びが深まること、地域コミュニティーが広がっていくこと、そして自身も人として、女性として成長し続けることです。

来年3月2日には【第2回ホワイトリボンラン広島2019】が東広島運動公園で開催されます。同じTシャツを着て、笑顔いっぱいで楽しく写メを撮りあいながら命について考える一日を過ごしてみませんか。

当日お手伝いいただけるボランティアの方も募集中です。

ホワイトリボンランhttp://www.wrun.jp/2019/

ホワイトリボンラン2019広島 

https://ameblo.jp/aideippai530/entry-12411836027.html

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11