« 5月9日 にじいろ はっぴぃ教室主宰 矢吹 綾さん | トップ | 5月23日 アニバーサリーデザイナー 佐久間環さん »

2014年5月16日
5月16日 キャンドルクリエーター アリス・チャンさん

120516アリス・チャンさん.JPG
ゲストはキャンドルクリエーターのアリス・チャンさん。スタジオではオリジナルのキャンドルを灯しながらお話を伺うという、これまでにない雰囲気でした。キャンドルは大きめな円柱型、パステル色のグラデーションも美しく、灯すごと炎の向きで蝋が少しずつ溶けていく様子と吸い込まれそうな温かみのある灯りに時に目を向けると、緊張感がスウーッとほぐされていくようでした。
幼い頃から物作りは大好きだったというアリス・チャンさん。趣味で作っていたキャンドルが陶芸・染め花作家さんの目にとまり「個展を開くべきだ」という言葉に背中を押され、本格的なキャンドルクリエーターとしての道を歩むことを決められました。昨年5月には広島市中区上幟町にサロン「イリデッサ ハンドメイド キャンドル」をオープン。手作りキャンドル教室を開く傍ら、ギャラリーやデパートなどでの展示、ショーなどでのキャンドル装飾を行いキャンドルの世界を広げています。
日照時間の影響により家の中で過ごす時間の多い北欧などでは、キャンドルを灯し電機を使わず空間を照らし団らんするという習慣があるものの、日本の暮らしはでは間接照明に慣れない為、キャンドルを生活に取り入れる習慣はあまりなく、火は危ないというイメージが大きいそうです。
教室ではキャンドル作りだけでなく、火との関わり方や最低限のルールを話し、生活への上手な取り入れ方も指導。また食卓、リビング、キッチン、洗面所、寝室など場所による楽しみ方や朝昼晩の時間による取り入れ方など、より効果的な使い方を紹介して、飾りとしてだけではないキャンドルの魅力を伝えられています。形や色、デザインが様々なキャンドル。ついつい炎を灯すのがもったいないという気持ちになってしまいがちですが、「キャンドルが溶け減っていくぶんだけ、心が満たされていくのです。」とアリス・チャンさん。
その言葉の通りキャンドルをたったひとつ灯しただけで、これまで感じたことのない、ゆったりとした気持ちでお話を伺うことが出来ました。
キャンドルクリエーターとしての活動を始まったばかりです。「ひとつひとつのキャンドルが人々の平和と幸せにつながるように...」そんな思いの込められたキャンドルの灯りはきっと多くの人の心に優しさを感じさせてくれるはずです。


サロン「イリデッサ ハンドメイド キャンドル」
http://www.iridessacandle.com(キャンドル作り体験 随時受付中)