« 7月のゲスト | トップ | 7月4日 運動指導員 田中里見さん »

2014年6月27日
6月27日 ウェディングコーディネーター 舛木はるなさん

140627舛木はるなさん.JPG
今回のゲストは「la!hal-wedding coordinater」で結婚式にまつわる様々な事を一手に引き受けて行う、ウェディングコーディネーター舛木はるなさんです。
ブライダルの形も時代と共に少しずつ様変わりしており、ホテルウェディング、ハウスウェディング、レストランウェディングと行われる場所によって特徴があります。舛木さんがコーディネートする結婚式は、場所にとらわれず新郎新婦お二人が希望する場所で、やりたいように自由に作り上げられるようバックアップしてくれるフリープラン。「わがままな2人が一番良い披露宴を作るんです」と言われる舛木さんは何でも受けとめてくれる頼もしい存在です。
舛木さんは、オーストラリアで現地ウェディングコーディネーターとして海外での結婚式にも携わってきました。そこでは特別な演出がなくてもゲスト全員が楽しんでおり、誰もが幸せそうな様子に「これだ!」と確信され、「こんな結婚披露宴を日本でもやりたい!」と帰国。その後独立されました。
会場の決まりごとに縛られることなく、新郎新婦の思い描くコーディネートを心がけ続けています。
これまでに行った中で印象的だったのは『総屋外ウェディング』。なんとキャンプ場で挙式、披露宴を行われました。ゲストの装いはビーチサンダルに半パン。新郎新婦はバギーカーで入場、ケーキ入刀の変わりにスイカ割り。決して忘れる事の出来ないオリジナリティ溢れる素敵なセレモニーとなりました。
人生において大切な節目のセレモニー。誰もがリスクを負わず滞りなくと考えるところですが、どんなに準備に時間がかかっても二人の思いを形にしたいと積極的に取り組む姿から、舛木さんの仕事に対する誠実さと、心底ウェディングが大好きであることが伺えました。自分達が楽しくないと、お客様も楽しくない。まずは私達スタッフが楽しむこと!と互いにアイデアを出し合いながらベストウェディングを作り上げます。
「お金がないからとか、こんな事はきっと無理」と結婚式をあきらめてほしくない。結婚式はお金をかけなくても、どこでも出来るものです。
さあ次回はどこで、どんなウェディン創り出すのか...舛木さんのこれからの活躍が楽しみです。

「ラハル・ウェディング・コーディネーターhttp://www.lahal.net