« 5月15日ファッションアカデミー広島校 校長 後藤代子さん | トップ | 6月のゲスト »

2015年5月22日
5月22日 大人向け絵本LIVE 増井あゆみさん 川口真代さん

150522増井あゆみさん 川口真代さん.JPG

大人向けの絵本live、つまり読み聞かせを行う増井さんと川口さん。
現在絵本liveユニット「ことのは」としてカフェなどで活動を行っています。
おふたりは子どもと持つママ友達で3年ほど前、子育て勉強会で出会い「絵本」に対する思いの同意からユニットを組むことになりました。
絵本が好きであること、また子どもへ聞かせる「絵本」である前に大人が楽しまないといけないのではないか・・・という共通の思いから活動がスタートしました。
教育現場や公民館で行う子ども向けの読み聞かせとは異なり、場所は大人たちの集まるカフェ。読む絵本もコーヒー豆のお話などその空間にあったものを選びます。もちろん子ども達も参加可能で、そのため参加者の年齢幅は随分と広いものになります。世代によって捉え方や視点が違うところや、「子どもの反応とは異なり同じ大人的反応が伺えるのがうれしい」と川口さん。
読み終えた後は「デトックス感がありスッキリします」と増井さん。
皆でトークして、感想をシェアし合えるのも、醍醐味のひとつだそうです。
参加した方は「絵本ってこんなに深いんだ~」という感想を持たれ、子育て真っ只中のお母さん達にとっては日常的な絵本も、子育てから離れた大人にとってはとても新鮮に感じられます。
基本的には自分の好きな絵本を選んでいるそうですが、よりおもしろみのある絵本に出会うために「図書館に借りに行く」いえ「狩に行っています!」と増井さんはおっしゃっていました。
時には著作権者から使用許諾が必要となり申請作業は苦労もあるようですが、作家さんへ直接思いの丈を伝えられる絶好の機会とラブレターをしたためる気分で作業されているそうです。そうした課程を経て読む絵本にはより愛着もあり、聴き手への影響力も大きいかもしれませんね。
「絵本は短時間で完結し図書館を利用すれば元手もかけずに愉しむことの出来る手軽な趣味。一人で読むのもよし、誰かに読むのもよし、読んでもらうのもよし、絵本をひとつのカルチャーとして楽しんでもらいたい」と子育てママさん達の思いは広がっていきます。

絵本liveユニット「ことのは」
ブログhttp://ameblo.jp/kotonoha-ehon
問い合わせ kotonoha.ehon@gmail.com