« 6月12日 粘土・ストーンを使ったデコ 秋中万理亜さん | トップ | 7月のゲスト »

2015年6月19日
6月19日ケーキ教室「お菓子工房Le Coeur」主宰 嶋原直子さん

150619嶋原直子さん.JPG
自宅の安芸区瀬野西でケーキ教室「お菓子工房Le Coeur(ル・クール)」を開かれている嶋原直子さん、笑顔輝くチャーミングな女性です。ル・クールとはフランス語で「ハート」心臓という意味で、心を込めて作りたいという嶋原さんの思いが表現されています。
子どもの頃からお父様がよくケーキを買って帰ったり、朝昼夕とおやつの時間は当たり前だったという家族全員お菓子大好きな家庭で育ちました。
短大卒業後2年間は栄養士として勤務、その後4年間「ABC Cooking Studio」で講師を勤めながらより技術と知識を高めたいと本格的に先生について学ばれました。26歳のとき本場で経験を積むために単身フランスへ。洋菓子学校で1年、その後も仕事をしながら語学、文化、生活と見聞を広げられました。最初を言葉もわからず苦労も多かったようですが、4年間でフランスのほぼ全土を制覇、パティスリー(お菓子屋)めぐりや世界遺産めぐりを楽しみながら過ごされました。
帰国後は人生のパートナーにも恵まれ、大好きなお菓子作りや経験してきたことを伝えていきたいと教室をオープンされ、公私ともに毎日充実した日々を送られています。嶋原さんの教室は1回4名までの少人数制のレッスンで、毎回ひとりワンホールのケーキを作り持ち帰ります。また最初にひと通りのデモンストレーションを先生が行うことで全体の流れや用具の使い方など把握できます。フィナンシェ、モンブラン、イチゴのシャルロットやショートケーキなど素材も無添加で安心安全、甘さも控えめなので生徒さんからも大好評です。
今はまだ一般的なケーキが中心ですが、将来的には嶋原さんが最も心ひかれたカヌレやクイニーアマンといったフランスの地方菓子をつくりその美味しさを伝えていきたいそうです。
フランスでは日曜日は家族みんなでランチをして、お母さん手作りのデザートを味わいながら一家団欒過ごすそうで、菓子作りを通じて日本の家族にもそんなあたたかい笑顔広げたい。お菓子作りだけではなく、女性として優しさ、温かみの感じられる嶋原さんのお菓子工房。是非一度訪ねてみたいですね。

ケーキ教室「お菓子工房Le Coeur」
ブログhttp://kittypink0629.blog79.fc2.com/