« 12月16日 ㈱オフィスさくら/終活カウンセラー 西村有う子さん | トップ | 1月のゲスト »

2016年12月23日
12月23日 女医によるファミリークリニック院長 竹中美恵子(たけなか みえこ)さん

161223竹中恵美子さん.JPG

ゲストは7年間広島市民病院小児科で医師として勤務され、今月「女医によるファミリークリニック」を開業された竹中美恵子(たけなか みえこ)さん。

現在2歳の娘さんを育てながら、医師としても多忙な日々を送るママさん女医です。

 

女性の社会進出が活発になり性別に関係なく活躍の場は増えてきたものの、結婚後の女性の役割は出産、育児と男性以上に成すべきことが多いです。

企業によっては子育て中の働く女性に対しての対応がなされているところもありますが、医師の世界は非常にシビアでまだまだ男社会であるというのが現実のようです。

 

竹中さんも産後復帰後、朝8時半から夜は日付が変わる直前までの長時間勤務が続き、自分の子どもと会えるのは院内保育に授乳に行く時間だけでした。

実際ご自身が身を持って体験されたことや、同じような思いで悩んだり、やむなく医師を辞めていく女性を見るうちに「産後の女医がいきいき働ける職場をつくろう!」と決断され開業への運びとなりました。

また「ファミリークリニック」と名づけられているように、子ども達だけではなく家族全員のホームドクターになりたいと竹中さん自身、外来業務をはじめ、内科、皮ふ科、アレルギー科の専門医の下でも勉強を重ねてこられました。

 

新しく開業したクリニックでは働きやすい環境作りを一番に考え、一日僅かな時間でも医師というキャリアを活かせるようなタイムシェアをしながら対応していきます。働く人の楽しい環境があってこそ良い医療が提供できると信じ、始まった新しい取り組み。医師である前にひとりの女性として、母親として・・・そんな竹中さんの思いは多くの患者さんへの誠実な医療に繋がっていくに違いありません。

 

【12月19日新規開院】

「女医によるファミリークリニック(小児科・内科・皮ふ科・アレルギー科)

広島市南区松原町5-1BIGFRONT広島4階 

ホームページhttp://www.familyclinic-hiroshima.com/