« 12月2日 日本手芸普及協会認定 手編み師範 機械あみ講師 新幸子さん | トップ | 12月16日 ㈱オフィスさくら/終活カウンセラー 西村有う子さん »

2016年12月 9日
12月9日 手織り作家「SAORI織り」 百武 富絵さん 百(もも)ちゃん

161209百武富絵さん.JPG

自分の持っている感性を最大限に引き出す織物「SAORI織り」。

常識にとらわれず色彩も素材も織り方も自由に出来るのが特徴です。そのため、出来上がった作品はまさに世界にひとつだけのもの、同じものはありません。

ゲストのももちゃんこと百武富絵さんは、このSAORI織りの魅力に取り付かれ、出会って1年と10ヶ月ほどで400作品に近づく勢いでSAORI織り作品を作り上げています。SAORI織りと出会うと、織りたい気持ちが火山の噴火のように爆発し、機織り機購入後、機織り三昧の日々がはじまりました。

また今年に入り「手織適塾SAORI広島」で毎週4回勤務しながら作品制作やワークショップなどを行っています。一人ひとりの感性が引き出すSAORI織りは、百ちゃんの伝えたい「すべての人はそのままで素晴らしい存在」「みんな誰もが天才」という思いを表現するのにピッタリなもの。人生に例えるならば「縦糸は宿命、横糸は運命」横糸は自由に選び、自由に織れる。思い思いの横糸を織り重ねて作り上げる織物は好きなこと、ワクワクすることにチャレンジしながら思いのまま生きる人生を表します。そして悩み事を抱えていても織ることで心の整理が出来るとも話してくださいました。将来的には「百ちゃんブランド」で機織りや糸紡ぎを体験しながら、悩み苦しんでいる人の心に灯をともすような活動をしていきたいそうです。

スタジオに来られた際の装いはSAORI織りのベレー帽、ストール、ショートカーディガンとSAORIづくしのとてもチャーミングな女性、百ちゃん。

SAORI織りの話をされている時の百ちゃんのとても楽しそうな表情が印象的でした。

迷ったり、疲れたりしたときにはSAORI織り体験し、自分の心と向き合ってみるのもいいですね。百ちゃんに会いにお出かけください。

手織適塾SAORI http://www.saori.co.jp/class.html

手織適塾SAORI広島

広島市西区横川新町6-8西区民文化センター1階

見学・体験織り開校日火曜日~土曜日(午前10時~12時、午後13時~15時)