« 4月14日<発達支援教育アドバイザー>桝野恵理(ますの えり)さん | トップ | 4月28日<2017ひろしまフラワーフェスティバル フラワークイーン>花田茉子(はなだ まこ)さん、 山本美咲(やまもと みさき)さん 、田尾祐加(たお ゆか)さん »

2017年4月21日
4月21日<ちりめんの網元 有限会社「石野水産」>石野智恵(いしの ちえ)さん

170421石野智恵さん.JPG

広島県呉市倉橋町でちりめん、ひじきの製造、販売を行う有限会社「石野水産」の石野智恵(いしの ちえ)さん。

創業昭和5年、87年前に初代石野吉左衛門がちりめん漁を始めたことから今に至ります。「食卓に笑顔を届けるちりめん」という初代の想いは4代に渡り受け継がれ、現在も家族一丸となって安心、安全なちりめん、ひじきの製造に力を注いでいます。

 

石野水産のちりめんは「倉橋島のちりめん」として販売されており、商品名の字体や作り手の想いが綴られたパッケージが特徴です。

製造過程においては、海から引き揚げられたちりめんがひと網ずつ運ばれ、鮮度の高いうちに地下水で洗い、茹で上げます。その後温度や湿度によって最適な時間乾燥させ選別されることで、臭みがなく添加物をいっさい使わない安全で高品質の美味しいちりめんとなります。

石野さんは、数あるちりめんの中でも石野水産の「倉橋島のちりめん」を選んでいただくために、作り手の想いや製造過程など様々なストーリーをお客様に伝えていくことが大事だと考えます。

それは幼い頃から曾祖父の港で漁船を待つ姿、自分を背負って作業をしていたまさにその背中を見て、感じて、育ったからこそのことです。石野さんのお話される様子からは、自らのルーツとちりめんの網元である誇りが強く感じられました。

熱い想いは美味しいちりめん、ひじきと共にこれからも日本全国に広がっていくはずです。

 

「倉橋島のちりめん」

八丁堀福屋本店、ゆめタウン広島廿日市、イオンソレイユ広島にて販売中

有限会社 石野水産 http://www.kichiami.com