« 12月のゲスト | トップ | 12月8日<養蜂家「ハニー・プラス」代表>島友香(しま ともか)さん »

2017年12月 1日
12月1日<バイオリニスト、ボルゴグラードについて伝え広げる広島メッセンジャー>シマキナ・エカテリナさん

171201シマキナ・エカテリアさん.JPG

広島がロシアの南部ボルゴグラードと姉妹都市を結び今年で45年。

広島在住のボルゴグラード出身、シマキナ・エカテリナさんはメッセンジャーという役割で文化、音楽などボルゴグラードの魅力を伝えています。

「日本語があまり上手くはないです」と言われたエカテリナさんですが、番組では一生懸命お話してくださいました。

ボルゴグラードはその昔スターリングラードと呼ばれ、広島と同じく戦争で悲惨な経験している場所です。そういったことから姉妹都市となりましたが、広島だけでなく海外でも悲惨な戦争が起きたこと、多くの人が犠牲になった現実を伝えることで、二度と戦争を繰り返さないよう「平和の大切さ」を伝えていきたいとエカテリナさんは語ります。

ボルゴグラードの日と定められている毎年9月の第2日曜日。広島市が中心となってボルゴグラードの紹介をしていますが、今年は節目の年となったことからボルゴグラード若手音楽家3名を広島に招き、広島エリザベト音楽大学の協力のもと紙屋町シャレオの中央広場で演奏会が行われ大盛況でした。

バイオリニストとしても活動されているエカテリナさん。

「音楽は言語を越えて皆をつなげる。」今年のボルゴグラードの日の演奏へ向けられた鳴り止まない拍手を聞き確信されました。

今後は音楽においても広島とボルゴグラード、日本とロシアを少しでもつなげる活動を続けていきたいそうです。他国の歴史や文化、そこに住む人を知り、理解を示すことはきっと世界平和へ繋がると信じています。