« 4月17日〈NPO法人 広島県視覚障害者自立支援センターさん・あい 理事長〉森岡久子(もりおか ひさこ)さん | トップ | 5月のゲスト »

2020年4月24日
4月24日〈広島車いすダンスくらぶ 会長〉赤穴寿子(あかな ひさこ)さん

200424赤穴寿子さん.JPG

この春発足24年を迎える「広島車いすダンスくらぶ」は、車いすダンスによる地域イベント、施設訪問、年1回の公演などを主な活動としています。

車いすダンスとは、何らかの理由によって車いすで踊る方が都合のいい人と立って踊る人とがペアを組んで踊るダンスで、車いす同志で踊るダンスも含まれます。

競技ダンスではないため障がいのあるなしに関係なく誰でも楽しめます。

赤穴寿子さんと車いすダンスとの出会いは10年以上前。

障がいのある息子さんの機能が少しずつ低下していく状況を見るにつけ「このままベッドの上で何事もなく送る生活で良いのだろうか」と疑問に感じていた最中出会ったのがこの会の前会長でした。誘われるまま息子さんと一緒に車いすダンスを体験した時に見た息子さんの笑顔は今でも忘れられません。

そこから親子でペアを組み様々な舞台でダンスを披露されてきました。

親子で手をとりながら踊れることの喜び、ダンスに選曲した音楽が流れてくると嬉しそうに視線を向ける息子さん、その生活は彩りに満ちていきました。

そんなベストパートナーを天国へ見送られ、しばらくは踊る気力もなくされていたという赤穴さんですが、クラブの仲間たちからの励ましもありダンスを再開。今でも踊ることで息子さんの姿を思い出しその存在を感じています。

「踊っている人はみんな晴れやかな表情で、いきいきしている。人生において誰にでも輝いている時間があっていい」と語る赤穴さん。

息子さんが残してくれた車いすダンスをもっともっと広め、どんな境遇にあっても笑顔で頑張る姿を見ていただくことで多くの人へ元気を届けたい。

赤穴さんの車いすダンス人生は息子さんと共に続いていきます。

広島車いすダンスくらぶ「魂のパフォーマンス2020」開催予定

日時:2020年8月29日(土)

会場:広島県民文化センター

【お問合せ】

広島車いすダンスくらぶ

https://hwdc.jimdofree.com/