« 8月13日〈NPO法人PCV(Peace Culture Village 共同創業者〉メアリー・ポピオさん | トップ | 8月27日〈広島大学でSDGsの研究を行う拠点「NERPS(ナープス)」研究員〉山根友美(やまね ともみ)さん »

2021年8月20日
8月20日〈有限会社 綿岡大雅園 店主、本川小学校平和資料館ボランティアガイド〉岩田美穂(いわた みほ)さん

41fa77484fb21d9cbf986c4400432f4e0029e3a8-thumb-autox240-36288.jpg

広島市中区十日市にある「綿岡大雅園」は岩田さんのおじい様の代から続く創業90余年のお茶と茶道具の老舗です。原爆投下後、焼け野原になった地に岩田さんのお母様が再建され、岩田さんが受け継がれました。

店を任されてすぐは慣れない仕事に加え、家事育児やお母様の介護と様々な役割を持ち一時は大変な日々を過ごされたそうです。現在では、子ども達も成長し「お抹茶講座」や「おいしいお茶の淹れ方講座」「ゆるゆる茶道教室」など老舗の看板を掲げながらも、お茶を身近に楽しんでもらえるようなイベントも自ら積極的に展開しています。

 

また岩田さんは、本川小学校平和資料館のボランティアガイドとしても長らく活動されています。本川小学校はご自身と息子さんの母校であり、ガイドはPTA活動からのスタートでした。語りの中では原爆によって亡くなった親族、たったひとり生き残ったお母様の体験談も加えられ、その内容は絵本「いわたくんちのおばあちゃん」としても出版。今も平和教育の場で読み語られています。

ガイドとして岩田さんが大切にしているのは、事実を具体的に伝えることです。詳細に語ることで子ども達はいまの自分達の日常と照らし合わせ、当たり前の日常が一瞬にしてなくなることの現実を想像することができると言われます。

 

親族、家族が被爆した場所で今なお店を営み、母校で子ども達に平和について語り続けている岩田さんから感じたことは「継承すること」の意味、その大切さです。続けてきたからこそ伝えられることがあります。お店や岩田さんの存在は、きっとこれからも多くの人の心を平和への思いに導いてくれるはずです。

 

「ゆるゆる茶道教室」

毎月第3木曜日、第2日曜日開催(テーブル教室、茶道室教室)

「お抹茶講座」「おいしいお茶の淹れ方教室」 ※希望により随時開催

お問い合わせ:082-231-7277(綿岡大雅園)

Facebook:https://www.facebook.com/wataokadaigaen/