2019年2月 1日
2月1日〈SPICA LAB 代表、体脂肪トレーナー〉辻有子(つじ ゆうこ)さん

 

190201辻有子さん.JPG

東広市を中心に体脂肪トレーナーとして活動される辻有子さん。

日常生活での考え方、行動を変えることで理想の体重・カラダへと導くパーソナルトレーニングやメールによる通信講座を行われています。

メールではコーチングを取り入れて毎日お客様とやりとりしながらアドバイスし、思考のクセのコントロールや目標達成に向けたサポートを行います。

「痩せることがゴールではない」と言われる辻さん。

カラダを変えることは日々の生活習慣を見直すこと。

その中で自分の魅力を見つけ、自信やなりたい自分の実現に繋げていきます。

辻さん自身が痩せたくて始めたこの「体脂肪コントロール」は格闘技の先生がアスリートに対して施してきた独自のメソッドです。実践することで、洋服が着こなせ、姿勢がよくなり、呼吸も楽になったそうです。

通常の食べないダイエットとは異なるためリバウンドの心配もありません。

数あるダイエット情報に振り回されることなく、すべての情報を一旦手放し自分のカラダを観察した上で受け入れてもらえるように一人ひとりに促していくことが辻さんの役割と言われます。

今後は若い方のみならず、高齢者の体力強化トレーニングもしながら年齢に関係なく変われる喜びを共有することを続けていきたいそうです。

何をやっても痩せないと悩んでいる方、体力が落ちてきた、疲れやすくなってきたなどのお悩みを持っている方、是非一度ご相談ください。

2月18日(月)10:00より【美ストレッチ&軸トレーニング】開催

場所:東広島市高屋町「カフェふらっと」 

SPICA LAB

https://mods-spica-lab.ssl-lolipop.jp/

2019年1月31日
2月のゲスト

2月1日 SPICA LAB 体脂肪トレーナー 辻 有子さん

     あなたの理想の身体作りをサポートします!

 

 

2月8日 Birth Photo 出産立ち合い撮影 小薮祐子さん

     レンズを通して伝えるぬくもりのある世界

 

 

2月15日 ハンバーガーショップRIDE DINER店長 山内麻実さん

     オシャレで美味しいオリジナルハンバーガーをご提供♪

 

 

2月22日 セルフセラピー研究家 大津みかさん

     自分の気持ちと向き合うセルフセラピー

2019年1月25日
1月25日〈Knot(ノット)トータルウェディングプロデュース代表〉池田真莉(いけだ まり)さん

190125池田真莉さん.JPG

フリーウェディングプランナーの池田真莉さんは、場所やスタイルを問わない規格外の結婚式をプロデュースされています。

新郎新婦にとっての思い出の場所はもちろん、話の中からイメージする場所を提案しあらゆる場所でオリジナルウェディングを作り上げてきました。例えば新郎の地元にある「市場」、隣接するぶどう畑を会場に行った結婚式では、新婦が嫁ぎこれから生活する場所の景色、食、地元の人々をゲストの皆さんに御披露目することができました。

規格外ウェディングは会場作りやオペレーションを考えることがとても大変です。筋書きのない結婚式を提案するため、内容や準備も通常の結婚式とは異なりますが新郎新婦らしさを大切にした結婚式を叶えたいという想いはどんな困難があっても変わることはありません。

結婚式の記憶にふたりらしさが刻まれることが、いつまでも夫婦の原点に返らせてくれると池田さん。

これまで結婚式場の一員として多くのカップルの幸せをサポートし、プライベートではイベント等を自主開催、海外で見聞を広げるなかで、表には出ない「作り手の存在」を知ってもらうことが大切だと考えるようになりました。

プランナー、音響、照明、装飾、ヘアメイク、料理など関わる人達の存在をもっと知ってほしい。皆で共に作り上げていることの現実がウェディングの価値を高めることに繋がるといわれます。

結婚式を単なる表面的な儀式ではなく、大切な人たちへ想いを伝えあえるかけがえのない時としてとらえること。そのひと時をどこで、誰と、どのように過ごすのか・・・池田さんは、新たな人生を踏み出すふたりに寄り添いながら世界にひとつだけのウェディングを創り続けていきます。

Knotトータルウェディングプロデュース

https://knotwedding.jp/

2019年1月18日
1月18日〈きらぼし学舎 代表〉植木希恵(うえき きえ)さん

190118植木希恵さん.JPG

発達障害・不登校の小学生、中学生専門の女性家庭教師、カウンセラーの植木希恵さん。子ども達やそのご家族の心に寄り添ったサポートを行っていらっしゃいます。

大学時代からアルバイトとして家庭教師をつとめ、大学院の時にカウンセラーとして就職した先で昼間フリースクールに通う多くの発達障害や不登校の子ども達と出会いました。その後広島市内の中学校で数学の非常勤講師として働くなかで、発達障害やその傾向の子ども達が多いことを実感し、じっくり一人ひとりサポートしたいという思いが芽生えてきました。

植木さんは「間違ったことをいかに早く見つけるか」「出来ない事をいかいリカバーするか」ということに注力し、また「どうしたいのか」「何に興味があり、どのような対応にどう困っているのか」など子ども達自身が自分に向きあえるよう促します。教え方においては子どもの気質にあわせ、興味のあることを取り入れるなど工夫を凝らします。

そして何より親御さんの話にしっかり耳を傾けながら、一緒に考え実践してもらえる家族ぐるみで関われる家庭教師を目指しています。

数々の資格と実績を持つ植木さん。

一人ひとりの大切な人生と関わることから、まずは自分自身が心身ともに健康であること、常に新しい情報を取り入れブラッシュアップをしていくことも忘れません。スタジオでも終始笑顔、明るくハキハキとお話される姿に太陽のようなエネルギーを感じました。これからもきっとその笑顔とエネルギーで多くの子ども達の未来を照らしてくれるに違いありません。

【お母さんのための心理学講座 WEB講座】

・年間見放題受講、単発受講あり

ファシリテートスクール きらぼし学舎

https://kiraboshigakusha.com/

2019年1月11日
1月11日〈エッセイスト〉野田夏梨(のだ かりん)さん

190111野田夏梨さん.JPG

2017年にエッセイ「究極の自己満足」を出版された野田夏梨さん。

その才能は多彩で、エッセイストであると同時にアクセサリーデザイナー、イベンターとしても活動されています。

 

エッセイ「究極の自己満足」は自身の経験や体験に基づいた内容です。

幼少期から独身時代の旅先でのこと、家族、子どものことなどが読みやすいように項目ごとに短く区切られ綴られています。

淡々とした語り口でありながら言葉選びのセンスが光る、野田さんの文章から読者が自身の思考を巡らせる作品です。

 

すべては経験。

野田さんの人生のストーリー展開は目まぐるしく変化してきたものの「何をしても自分がやりたいと思ったこと、何も関係ないことが役に立つ」と言われます。世界一周旅行でイベントの企画やノウハウを知り、イタリアンレストランでの通販サイト、販売担当になったことから写真やウェブサイトの仕組みを学ぶなどすべての経験がその後の活動に繋がってきました。

今は子育てをしながら、理想の母になれない自分を受け入れつつ、子ども達との時間や関係を築きながら働くママとしての経験を積まれています。

 

今後は自分と同じように出産を機に一線を退いている女性達が集う場所、家で出来る仕事を作っていきたいそうです。

きっと人生に起こることを野田さんならではのフィルターでプラスのエネルギーに変換して、様々なツールで表現していかれることでしょう。

野田さんの未来、とても気になります。

 

エッセイ「究極の自己満足」

https://www.akin-do.com/ultimate-self-satisfaction/

 

 

Spancall88

https://www.spancall.net/

 

5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15