2020年1月 3日
1月3日〈「味覚の学校」ひろしま和の詩 代表〉井上明美(いのうえ あけみ)さん

200103井上明美さん.JPG

「味覚の学校」ひろしま和の詩では、料理教室とファスティングを中心に健康的な身体づくり、日本ならでは糀の調味料を使った「シンプルな食事の大切さ」を伝えています。生徒さんがエプロンをつけて切り、焼き、煮炊きする料理教室とは異なり、料理を食べて味覚を確認しながら学ぶ料理教室です。味覚を鍛えることは調理に必要な塩梅や加減といった感覚を身に着けていくためには大事なことです。

 

調理法に大幅な変更がないため毎月1回、3年間36回の教室で繰り返し料理を味わっていくうちに、本物を見極める力や素材を活かす調味料の使い方がわかるようになります。苦手な料理が大好きになったという生徒さんも後を絶たず、今では12クラス120人の生徒さんが学ばれています。

 

長らく管理栄養士として務めていた井上さんは、これからの日本の食生活に必要なことは身体を作るベースとなる「家族の食卓」に糀や天然水だしなど無添加の健康調味料を加えることだと気づき、それを伝える場「味覚の学校」オープンを決められました。

品数やバランス、メインディッシュと考えすぎることなく、素材や調味料を上手に選び作れば「一汁一菜」で充分に栄養価を満たすことはできると言われます。

「料理はシンプルが一番」ひとりでも多くの人に本来の味覚を取り戻してもらい、自信を持って自分だけのオリジナル家庭料理を作ってほしいと願います。

 

「味覚の学校」ひろしま和の詩

営業時間:11:00~18:00

休み:日・月・祝

料理教室のお問合せ・お申込み:090-1334‐1414(井上携帯)

https://wanouta.shopinfo.jp/

 

2019年12月30日
1月のゲスト

1月2日 特別番組「ヒロシマウィメンズハーモニー2020 SPECIAL」

     Calbee Future Labo(カルビー・フューチャー・ラボ) 堀江佳代さん

 

 

1月3日 ひろしま和の詩代表 井上明美さん

     座ったままの料理教室「味覚の学校」

 

 

1月10日 「ハートフルコンサート尾道」実行委員、音楽療法士 河田尚子さん

     「音楽」は真の心のバリアフリー

 

 

1月17日 発酵マニア 山田明子さん

     人の暮らしは菌とともに~自分の常在菌感じてみませんか~

 

 

1月24日 鉄旅ライター やまもとのりこさん

     地元のローカル線を楽しく旅しよう

 

 

1月31日 シャンソン歌手 具志堅ナヲさん

     広島の人にもっとシャンソンを知ってもらいたい

2019年12月27日
12月27日〈写真家〉藤岡亜弥(ふじおか あや)さん

191227藤岡亜弥さん.jpg

広島生まれの写真家、藤岡亜弥さん。

2004年のデビュー作品「さよならを教えて」でビジュアルアーツフォトアワード、「私は眠らない」で日本写真協会新人賞を受賞して以来、数多くの作品を発表。2018年には故郷広島に向き合って撮影した「川はゆく」で写真界の直木賞と言われる木村伊兵衛写真賞を受賞されています。

大学では写真を専攻、その後いったん企業へ就職されたものの台湾、ヨーロッパ等海外で旅をしながら撮影を続けられました。文化庁海外派遣制度留学生として滞在したニューヨークでは2012年まで過ごされました。海外での生活は決して楽なものではなかったようですが、日々目にする景色、出会う人たちを写真に撮りおさめました。

写真家として大きく意識が変化したのは広島を写した「川はゆく」からだったそうです。「広島」という歴史的、社会的にも大きなテーマを持つ被写体を写しだすことへのためらいはあったものの、原爆を知らない自分が広島をどう捉え、何を撮るのかという疑問にも後押しされました。

作品の中には広島の過去と現在が混在する写真、考えられた構図の中に思わぬものが写りこんでいる写真もあり、そこに写真の面白さがあると話してくださいました。お話を伺いながら、型にとらわれることなく目の前の事やその状況に素直に反応し導かれていく柔軟さ、写真家として唯一無二の感性を垣間見たような気がしました。

「DOMANI 明日2020~傷ついた景色の向こうに~」開催

国際的に知名度の高い作家から新進作家まで11名によるグループ展

日時:1月11日(土)~2月16日(日)

会場:東京都 国立新美術館

https://domani-ten.com/

藤岡亜弥さんニコンカレッジ講座「デジタル一眼カメラ はじめの一歩」

日時:2020年2月15日、16日、22日(3日間)

会場:YMCA国際文化センター本館

参加費:9500円

https://recept.nikon-image.com/nikoncollege/TeacherDetailInit?teacherNo=69

2019年12月26日
1月2日 新春特別番組のお知らせ

いつも、「ヒロシマウィメンズハーモニー」をお聴きいただきありがとうございます。

 

新年 1月2日は「ヒロシマウィメンズハーモニー2020 SPECIAL」として特別番組を放送いたします。

ゲストはCalbee Future Labo(カルビー・フューチャー・ラボ)の堀江佳代さん。

200102Special.JPG

広島駅隣接の「ビッグフロント広島」にオフィスをもつ、カルビーの商品開発部門であるCalbee Future Labo。そのユニークな活動と、めまぐるしく変貌を遂げている広島駅周辺の街づくりについてなどのお話を伺います。

 

 

「ヒロシマウィメンズハーモニー2020 SPECIAL」

1月2日夕方5時~5時55分

どうぞお楽しみに!

 

2019年12月20日
12月20日〈低糖質専門店 HAPPY DAY 糖質オフアドバイザー〉坂田亜希(さかた あき)さん

191220坂田亜紀さん.JPG

広島市中区西十日市町に今年5月にオープンした低糖質専門店HAPPY DAY。坂田亜希さんは糖質オフアドバイザーとして接客しながら低糖質の魅力を伝えています。

店頭に並ぶ商品はすべて低糖質。看板商品のクラウドブレッドからケーキ、サンドイッチなど通常の80%から90%の糖質オフというのですから驚きです。

スタジオでいただいたクラウドブレッドはお店の看板メニュー。手のひらサイズ、丸くて軽くてフワフワ、卵のほのかな甘みとチーズが効いてとても味しいパンです。小麦粉は一切使わず、小麦粉の代わりにクリームチーズとバター、卵、わずかなベーキングパウダーが使われています。小麦粉を使わないため成形には苦労するそうですが、ひとつひとつ丁寧に焼き上げていきます。

この店は、オーナーのご家族が病気療養中に治療と併せてスーパー糖質制限を行ったことで病気の改善が見られたことから「美味しさ」にこだわった低糖質のレシピを開発、オープンされました。オーナーから誘われた坂田さんは低糖質の知識を得るうちにその魅力にはまり資格取得にまで至りました。

ご自身も糖質オフ生活を送ることで体重が7キロ減、体が軽く動きやすくなり、子ども達も風邪をひくことが少なくなったそうです。糖質オフと聞くと、ダイエットや糖尿病向けのものと思われますが、健康な人や子どもの発育にも良い効果がみられ、高齢者においては認知症の予防にもつながるとも言われています。

まだまだ知られていない低糖質の魅力、知ればきっと日々の食生活を意識しはじめるはずです。どんな味?どんな効果があるの?気になる方は是非一度お店に足を運んでみてください。

低糖質専門店 HAPPY DAY

https://www.happyday-lowcarbo.jp/

★WEB SHOPでも購入可能

5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15