2017年3月31日
3月31日<株式会社エル・コ 代表取締役>沖野直子(おきの なおこ)さん

170331沖野直子さん.JPG

広島県西部のフリーペーパー「週刊西広島タイムス」を発行して今年で30年という㈱エル・コの代表取締役、沖野直子(おきの なおこ)さん。

先代であるお父様が52年前に印刷会社として起業されたた会社を受け継ぎ事業を展開されています。地域根付いた週刊新聞として長年愛され続けている先代からの熱い想いを今なお大切にし続けている西広島タイムス。トップーページ下のコラム「干潮満潮」は現在もお父様が執筆されており、「おでかけガイド」や「差し上げます」「譲ってください」も発行以来変わらず掲載されている人気のコーナーです。最近では英語講師であった沖野さんの経験を活かした「チャレンジ!英文」のコーナーも好評です。

エル・コには印刷部、西広島タイムス事業部以外にもイベント事業部が設けられ、宮島街道プロジェクトの一環として地元企業、商店と共に地域ブランド商品「宮島街道」の開発や販売、「宮島街道ふれあい祭り」など各種イベントも開催しています。

仕事に邁進する沖野さんですが、ここにいたるまでも様々な仕事を経験されてきました。英語講師、ジュエリー店店長、そしてエル・コでは営業ウーマンからのスタート。子育てとの両立もありご苦労もあったようです。

けれども自分らしさを大切に、諦めなければ「夢は叶う」をモットーに常に前向きに歩まれてこられました。

今後は2020年までに外国人向け、英語を勉強したい日本人に向けた英字新聞をWEBと連動しての発行、そしてマスコットキャラクター「えるこちゃん」を使った認知度アップの展開に努めていきたいそうです。

これまで夢としてきたことはすべて叶えてきたと言われる沖野さん。

これからも輝く未来に向かってまっしぐらです!!

第28回はつかいち桜まつり

4月2日(日)9:00~16:30(廿日市市木材港北 昭北グランド内)

エル・コオリジナルブランド「宮島街道」商品の販売、

えるこちゃんのぬり絵、英会話など体験ブースあり

株式会社エル・コhttp://www.l-co.co.jp

2017年3月24日
3月24日<LUX(リュクス)代表>高田智子(たかた ともこ)さん

170324高田智子さん.JPG

リュクスセラピストスクール、オーガニックアロマサロン「LUX(リュクス)」代表の高田智子(たかた ともこ)さん。現在広島市中区袋町でサロンを経営されています。

フェイシャル、ボディなどリラックス効果のあるアロマトリートメントはもちろん、特に力を入れているのがスポーツアロマケアトリートメント。アロマテラピーでも使用されている精油の成分を活用し、疲労の早期回復、ケガの予防、スポーツ障害のケアなど心身のコンディションを整えていくものです。スポーツ選手、スポーツ愛好家はもちろん肩こりでお悩みの方にもおススメだそうです。お客様からはアロマケアにより「筋肉痛の度合いが変わってきた」「良い睡眠がとれるようになった」という嬉しい声も。

幼少時代から香り好きで、匂い消しゴムや鉛筆、不快とされるエアコンの吹き出し口からの匂いさえも気にならなかったという高田さん。

その後アロマの香りに興味を持ち、自然の香りのもたらす効果をより広く伝えていきたいとオーガニックメーカーで知識やノウハウを深め、数々の資格も取得されてきました。

そんな中、バスケットボールをしていた娘さんの疲れた身体のケアのためにとスポーツアロマを取り入れたことがきっかけとなり、現在のサロンでスポーツアロマの施術、地域で行われるスポーツイベントからも要請を受けて選手のメンテナンスに務めています。

スポーツアロマはひとつのコミュニケーションツール。

お子様がスポーツをしているお母さん達へもっと広がっていくように、講座やセミナーを開催し積極的に展開していきたいと語ってくださいました。

スポーツアロマケア1日講座、スポーツアロマケアベーシックコース開催

リュクスセラピストスクール、オーガニックアロマサロン

LUX(リュクス)http://www.lux-aroma.jp/

2017年3月17日
3月17日<カウンセリングと家庭教師「フルオブライフ」>吉田裕美(よしだ ひろみ)さん

170317吉田裕美さん.JPG

ゲストは家庭教師として学習・進路指導を行い、心理学の学びからカウンセラーとしても活動する吉田裕美(よしだ ひろみ)さん。

これまで10年の家庭教師、10年の大手進学塾で培った経験から独自の思考で子ども達やその家族がいきいきと過ごせるようサポートを行っています。

常に子ども達に誠実に向き合い、確かな知識と実績そして大きな愛をもって関わります。

現在不登校の子ども達は全国に12万6千人といわれ、これは尾道市の人口に匹敵する数だそうです。不登校の原因は様々考えられますが、「子どもは休んでいる間に学校や家族との時間を確かめている。その時間は家族全員が悩むことになりますが、実は心の持ちようで素晴らしい時を過ごしていると気づくことができます」と吉田さん。決して学校にいっていないことをマイナスに捉えることなく、「それもありじゃない」という広い心で受け止めています。

学校に行っていない時間を認めながら、子ども達が自ら動きはじめることを見守る。子ども達の心が動いたときの周囲の大人たちのマインドも大きく影響するようです。

どうすれば不登校など子ども達が悩むことなく成長できるのかを伺ったところ、夢を持つこと以上に子ども達へ「人(人格)」に憧れをもたせることも大事、子ども達にとって憧れの存在になれるよう私たち大人が日々楽しく過ごし、大人になることの素晴らしさを伝えていくことと話してくださいました

今後はこれまでの経験を活かし「愛される先生」育成プロデューサーとしての活動もスタートされます。

これからも優しい笑顔と大きな心でたくさんの子ども達、家族、そして先生達に勇気と希望を与えてくれるはずです。

3月23日(木)10:30~12:00 「ひろみと一緒にカフェデマインド」開催

広島市中区タリーズコーヒー広島中央通り店にて

詳しくは【カウンセリングと家庭教師】

full of life(フルオブライフ)http://yoshidahiromi.com/

2017年3月10日
3月10日<株式会社petapeta 代表取締役>山崎幸枝(やまさき さちえ)さん

170310山崎さちえさん.JPG

子どもの手形・足形を様々なモチーフに見立てたアートを展開する山崎幸枝(やまさき さちえ)さん。

子どもの成長記録になるだけでなく、インテリアとして部屋に飾りたくなるようなオシャレで可愛い作品が評判を呼び1年で200点強の作品を提供。

企業主催のイベントにも引っ張りだこで、これまで自主教室あわせて約500組の親子への制作指導も行われてきました。

スタジオにお持ちいただいた手形アート初の書籍「親子で楽しむ手形アート」(山崎著)を開いてみると手形を使ったクジャクやワニ、足形を使ったクマさんやウサギさんなどパステルカラーのふんわり優しい絵柄に思わず笑みがこぼれました。一般的にイメージするのは、色紙や写真たてに描かれたアートですがその他にも紙袋やギフトBOX、カレンダーや布小物にもデザインされているところが魅力です。

手形アート02.jpg

山崎さん現在2児のママ。

育児に煮詰まりやすかった経験から気分転換になればとはじめたのがこのアートでした。2,3歳違いの子ども達の様子は一見それほど変わらないようですが、手や足の大きさを比べると一目瞭然。それだけ子どもの成長は早いものだそうです。手形・足形アートはその一瞬一瞬を記録におさめ家族の思い出に刻み込む...我が子の愛おしさを再確認できる宝物です。

また、子ども達と一緒に作ることからママ達が陥りがちな自分の時間を費やすことへの罪悪感もなくてすむとか。

現在「やり方講座」で学ばれた講師さん達が国内外に160名以上いるというpetapea。講師さん達がより活動しやすい環境作り、手形アートキットの販売を積極的に進めていく予定です。写真を撮るように、手形アートを作ることを文化的にも普及していきたいと山崎さんの思いは果てしなく広がっていきます。

手形アート01.jpg

3月19日(日)アルパーク天満屋ベビー用品売り場にてワークショップ開催

参加費:4000円

お問合せ:アルパーク天満屋(ベビー用品売り場TEL082-501-1826)

2017年3月 3日
3月3日<ミセス広島グランプリ2016大会 30代グランプリ、美容師>三谷亜紀(みたに あき)さん

170303三谷亜紀さん.JPG

三谷亜紀(みたに あき)さんは、東広島市高屋町の実家の美容室「Be‐Ar(ビーアール)」のスタイリストです。お客様のヘア・メイクを担当し、美を追求するプロ。そんな三谷さんは、昨年ミセス広島グランプリ2016大会に出場し、30代グランプリに輝かれました。

この大会はミスユニバース広島大会開催と同時に、広島のミセスを盛り上げようと一昨年から開催されているもので、美容・メンタル・平和学習など外見・内面の両方を磨く強化講習「ビューティーキャンプ」に参加後、本番はステージパフォーマンスで競う美の祭典です。

 

もともと人見知りで、知らない人の中に入っていくことが苦手だという三谷さんがエントリーを決められたきっかけは初代グランプリ女性からの紹介でした。とても素敵な女性から声をかけられたことで背中を押されたそうです。

ストレスやプレッシャーもあったそうですが、共に挑んだ仲間たちと過ごし、それぞれの異なる目的、考え方を知るうちに自分自身のことを客観的に捉えられる広い目を養いました。また新しい事にチャレンジ出来る勇気、目標を明確に持ってなりたい自分をイメージできるまで成長することが出来ました。

 

今後は新しいことへ臆することなく挑み、美容師としてだけでなくミセス広島グランプリとして美を伝えていく活動に力を入れていきたいと言われます。

師範である日舞や、趣味として楽しむダンスにおいても今回の経験が活かされ、これまで以上に魅力的な女性として輝きを増していかれることでしょう。

 

 

ヘアサロン「Be-Ar(ビーアール)」

広島県東広島市高屋町杵原1757-5 TEL082-434-4212

 

 

三谷さんがダンサーとして出演中

東広島酒まつりPR動画 「酒みだればやし」

https://www.youtube.com/watch?v=jJQJq3VVoB0

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11