2017年9月15日
9月15日<株式会社エフピイブレーン専務取締役>石田知美(いしだ ともみ)さん

170915石田知美さん.JPG

ファイナンシャルプランナーの石田知美さん。主に企業や一般の方を対象としたセミナーや勉強会などの講師として、ライフプランや退職準備、金融機関に向けた各種資格取得などについて教え、伝えられています。

ファイナンシャルプランナーに興味を持ったのは、大学ご卒業後ゼネコンで勤務されていたときのことです。仕事をしているものの世の中のしくみを理解できていないことに不安を感じていたところ、友人の誘いで出向いたファイナンシャルプランナーの勉強会から興味を持ち、その後講資格を取得。

資格取得学校での試験対策講座講師を経て現在の活動へ繋がり、今や講師の以来は全国各地から。必要とされる場所でお客様が喜んでもられる研修を目指し活動されています。

 

またエフピイブレーンでは、女性でも自立して生きていく力と自信を身につけることこそが将来の安心感につながると「老後の不安と独身生活の不安を解消する」をテーマにお金の話をする『ツネcafe』という会を定期的に開催しています。参加者の皆さんの目的は様々ですが、ケーキを食べながらカジュアルな雰囲気でお金にまつわる勉強が出来るとあって毎回とても盛り上がっているようです。

 

誰もが持つお金の不安、プロにすべてを頼るのではなく「自ら学んで考え行動できること」こそが、不安解消の近道。まずは知ることから・・・と石田さんはおっしゃいます。幸せな人生のために必要な情報を見つけに気軽に訪ねてみてください。きっと石田さんの笑顔を見ただけで安心できますよ。

 

~老後の不安と独身生活の不安を解消する~『ツネcafe』開催

日時:9月21日(木)19:00~20:30「投資信託の選び方」

http://fp-b.com/service/chair/tsunecafe/

お問合せ・お申し込み:株式会社エフピイブレーン http://fp-b.com/

2017年9月 8日
9月8日<介護と美容のトータルスクール「ホリスケアアカデミー」運営>吉本智美(よしもと ともみ)さん

170908吉本智美さん.JPG

ゲストはエスティシャンの働き方を広げようと活動されている、「ホリスケアアカデミー」理事の吉本智美さんです。アカデミーの直営サロンとして「セル・ビューティー」も運営されています。

エステティシャンとしての経歴は長く、2003年に独立。

誰でも無理なく続けることができるサロンを展開されています。

以前要介護だった祖父にハンドケアを施していたところ、ケアすることで「スプーンが握りやすい」と喜んでもらえたことからエステの技術は高齢者にも役に立つのではと考え、ホームヘルパーの資格を取得されました。

エステ技術を小さな部屋の中だけで止めておくのはもったいないという思いと、介護の資格は比較的容易に取得できると実感したこと、そしてホリスアカデミー立ち上げのタイミングとのご縁から美容と介護を融合したサービスに積極的に取り組まれることになりました。講座では「介護職員初任者研修」「実務者研修」「ホリスケアセラピスト養成講座」など目的に合わせて様々な資格を取得できるプログラムが組まれています。

エステティックは女性がいきいきと輝いて活躍できる技術。

施術を受ければお肌も体も元気になり、施術を提供すればお客様がきれいになること、笑顔になることで自分の活力にもなると吉本さん。

エスティシャンの活動の場を広げ、多くの方に関わってもらえるように務めたいと想いは深まるばかりです。

【今後開催のレッスン】

9月13日(水)介護予防フット足爪ケア

9月24日(日)リラクゼーションスキンケア

10月22日(日)認知症アロマセラピー

時間:10:00~13:00 定員:10名 受講料:1000円

<お問合せ>

介護と美容のキャリアアップスクール「ホリスアカデミー」http://holiscare.net

2017年9月 1日
9月1日<広島県自主防災アドバイザー、女士和活防災リーダー>横山ゆかり(よこやま ゆかり)さん

170901横山ゆかりさん.JPG

2014年8月20日に発生した広島市豪雨土砂災害で被災された横山ゆかりさん。

子どもを連れて避難や避難生活を経験したことから災害への危機意識、防災教育の必要性を感じ広島県自主防災アドバイザーの資格を取得されました。

また広島市防災士を取得した女性達による「女士和活防災」のリーダーも務め周囲や生活・将来へ調和を創り活かす防災を目指し、女性目線で日常の中で楽しく防災への意識を持てる活動を行っています。

中でも避難行動訓練EVAG(イーバッグ)体験勉強会は大変興味深く、自分以外の他人になりきり災害が起きた場合のシュミレーションをゲームとして体験します。他人事を自分事として捉えられたとき本当に自分にとって何が必要なのかが明確になり、「あーすればよかった」ではなく、「こうしておいてよかった」という結末を迎えるために日頃からの備えがいかに大事かを体験できます。

防災グッツは旅行に行くつもりで自分にとって必要なものをバッグに詰めておけばいいと横山さん。

自身も簡易トイレや畳一畳ほどのアルミ箔、笛付きネームホルダーなどを透明のポーチの中に普段から常備し、普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使用後は使用分だけ新しく買い足していくことで常に一定量の食料を家に備蓄しておくローリングストックも実践されています。

何より地域に方々との交流を深め、いざという時に助け合えるコミュニティーを築いておくことも大切とされ、現在の住まいである横川地区の公園花壇の維持活動も行っています。

お話の中で横山さんの防災への取り組みは、とても現実的で実践的なものだと感じました。これからより多くの人や地域へ広がっていくことを期待しています。

女士和活防災 https://jyoshiwakatubousai.amebaownd.com/

HFM「私だけの防災ハンドブック」ダウンロードhttp://hfm.jp/sp/bousai2016/

2017年8月31日
9月のゲスト

9月1日 自主防災アドバイザー 横山ゆかりさん

     共助社会を広げてゆきたい

 

 

9月8日 日本ホリスケア協会 理事 吉本智美さん

     介護と美容の融合を目指して

 

 

9月15日 ㈱エフピイブレーン専務取締役 石田知美さん

     大切な人生設計のお手伝い

 

 

9月22日 MC・フリーパーソナリティー 高尾英里さん

     広島の情報を元気いっぱいお届けします!

 

 

9月29日 学習塾キッズウィル 元保育士 渡辺千恵さん

     お子さんの個性に合わせた学習法を提案

2017年8月25日
8月25日<芸北トレッキングガイドの会 所属 認定NPO法人西中国山地自然史研究会 事務員>前田芙紗(まえだ ふさ)さん

170825前田芙紗さん.JPG

北広島町の魅力を様々な形で発信する前田芙紗(まえだ ふさ)さん。

認定NPO法人 西中国山地自然史研究会で事務員として勤務する傍ら、芸北トレッキングガイドとして活動されています。北広島町へ移り住んで2年。学生時代にオーストラリア タスマニア大学で動植物保護や観光について学び、その後、沖縄でアウトドアガイドとして勤務されていた経験と知識をいかせる仕事を・・・と考えていた中でのご縁でした。今の活動はすべて「地域を活かし自然と共生する」という前田さんが掲げる思いと繋がっています。

 

移住2年ほどではあるものの、前田さんの大好きな「自然」が豊かな地域とあって、あっという間に生活にも馴染んでいかれたようで、北広島町について伺うと地図を広げて嬉しそうに話してくださる姿がとても印象的でした。

自然、文化、人、食などその魅力は限りなく、広島県人でありながらもまだまだ知らないことばかりです。

 

「とても良いところなのに、まだまだ知らない人が多い」と前田さん。

今春には山里のPRにつなげようと町の魅力を紹介した写真集「旅するきたひろ」を作成し旅行者に託されました。作成されたのは30冊弱で、旅先で出会う旅行者にリレー形式で渡してもらおうという、まさに世界各国を巡る写真集です。今では人つてにアラスカにも渡っている一冊もあるそうです。世界中から旅人達が北広島町に集まれば!と期待します。夏でも広島市内にくらべ5度ほど低く、涼しいという北広島町。見所も満載ですので、是非ドライブがてら出かけてみてはいかがでしょうか。困ったことがあれば、芸北高原の自然館に在中されている前田さんをお訪ねくださいね。

 

9月23日(土)亀山八幡神社近辺にて「第25回乙九日炎の祭典」開催

http://www.kitahiro.jp/fes/3298/

認定NPO法人西中国山地自然史研究会

http://npo.shizenkan.info/

芸北トレッキングガイドの会

http://npo.shizenkan.info/?cat=78

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11