2018年8月24日
8月24日<地域の体験を集約!・ギフトもできるKOTOYA主宰>小松愛香(こまつ あいか)さん

180824小松愛香さん kotoya.JPG

WEBサイトがオープンしたばかりのKOTOYA(ことや)

地域のおもしろい体験の喜びや感動を気軽にプレゼントできる「ギフト」の仕組みを加えたサービスを企画展開しています。HPのトップページに「きっかけの人」と紹介されている小松愛香さんは、自由な発想で新しいことを作り出すことがとにかく大好き。これまでウェブショップ事業の開設からはじまり、その後雑貨店、イベント企画運営、ライターなど毎年その時やりたいことを仕事や活動として展開してきた自由人です。

やりたいことが出来ているのは、その時々賛同し協力してくれる家族のような人達「生き方家族」がいてくれているから。自身の人生が豊かであることを常に実感させられるそうです。

また「本人に自覚はなくとも、実は素晴らしい才能を持っている人はたくさんいる」そういう人達の可能性を見出し、夢のサポートをするなど一緒にいる人たちが楽しそうにしている姿を見ることで充実感を得られるとも話してくださいました。今後はそんな自身の特質を活かして周囲に存在する素晴らしいモノ・コト・ヒトをユーザーに結びつける役割に力を注いでいきます。

まずは三原市からスタートですが、将来的にはエリアを広げ様々な体験を紹介していきたいそうです。多くの人に利用してもらいたいというサービスをお持ちの皆さんは是非KOTOYAに訊ねてみてください。自由な発想を持った小松さんがきっと力になってくれるはずです。

【地域の体験を集約!・ギフトもできるKOTOYA】

公式ウェブサイト https://koto-ya.com

2018年8月17日
8月17日<託児グループ「イコールキッズ」代表>占部禎子(うらべ さだこ)さん

180817占部禎子さん イコールキッズ.JPG

福山市男女共同参画センター「イコールふくやま」の講座参加者のお子さんを一時預かりする託児グループ「イコールキッズ」代表の占部禎子さん。

地域のコミュニティーセンターや保健センターからの託児以来も受け付けています。

幼稚園や保育園と異なり一時的にお子さんを預かるため、毎回打ち合わせは念入りに行われます。託児中の子ども達がどうやったら快適に過ごせるか、その方法を見出すことはひと苦労、興味のあることを見つけてくれたときにはホッとすると占部さん。預けたお母さんは、お母さん以外の大人といい子に過ごせていたことに我が子の成長を感じられることもあるようです。

 

保育士の資格を持つ占部さんは、2009年にメンバーとして声をかけられました。ご自身も2人のお子さんを育ててこられたお母さん。子どもに絵本の読み聞かせをすることが好きだったことから「読み聞かせの会」にも所属し、書店や福祉施設、学校などに出向かれています。

子育て経験を活かした託児や読み聞かせの活動からは、頑張っているお母さんへのエールも感じられるようでした。

 

現在、イコールキッズではメンバーを募集中です。保育士、幼稚園教諭、保健士など資格を持っている方、ご自身の経験を活かしませんか?

興味があれば是非お問合せください。

 

【お問合せ】

TEL:084-921-5597(イコールキッズ代表 占部)

Mail:maple-matieu1405@ezweb.ne.jp

2018年8月10日
8月10日<女性スタッフだけの便利屋ワンズ代表>木村和美(きむら かずみ)さん

180810木村和美さん.JPG

ゲストは女性スタッフだけの便利屋ワンズを経営される木村和美さん。

主に主婦の女性達と共に、お客様の日常に役立つサポート全般を行われています。家事代行、ハウスクリーニング、家族や介護、お墓の掃除、また遺品整理や生前整理、起業サポート、これまで電気シェーバーの掃除や野球観戦のお付き合いも引き受けたこともあり、その業務は多岐にわたっています。

はじまりは5年前。

木村さんが住む呉市は高齢化率が33%を超えていることから「福祉」関係の仕事に就く為にヘルパー2級を取得、訪問介護業界へ飛び込みました。

やりがいを感じたものの、様々な制度に左右され利用者さんが本当に必要とすることが実際できないことや、高齢者の一人住まい、高齢者夫婦の生活を垣間見るなかで、どんなことでも気軽に相談・サポートできる場所が必要と感じ、便利屋を創業することになりました。

初めてすることへの下調べ、作業に時間がかかりすぎてしまうこともあるようですが、ご依頼者の「ありがとう、助かったわ」の声を励みに、誇りを持って仕事に従事されています。県外に出られたご依頼者から「木村さんはどうしよる?」と連絡をいただくと嬉く、また頑張ろうという気持ちになれるそうです。

今後は他地域に住むお子さんからの依頼も積極的に受け、呉に住む親御さんのお世話をしていきたい。そして「孤独死」を一人でも多く無くすよう努めたいと話してくださいました。

女性スタッフだけの便利屋ワンズ http://benriyawans.com/

是非早めのお申し込みを!

2018年8月 3日
8月3日<「Love&Peace言葉展(ことのはてん)」など生涯学習の場を提供、運営>友野晴己(ともの はるみ)さん

180803友野晴己さん こどもキッチン.JPG

福山市や尾道市を中心に生涯学習の場を提供、運営する友野晴己さん。

平和について言葉で発信する「Love&Peace言葉展」をはじめ、社会・経済・憲法などを学びあう「フレンドシップサロン アセンブリ」、高齢者・障がい者の住みよい街づくりを考える会「すこやか研究会」など様々な学びの場を展開されています。

「Love&Peace言葉展」は、イラク戦争が勃発した際、大阪や東京で中・高生が戦争反対の集会を開いているという記事を読み、自分達にも何かできないかと「平和を訴える歌と朗読の会」を開催したことがスタートでした。

その後、毎回テーマを決めて著名人、有名人の言葉を友野さんが書にして展示する「Love&Peace言葉展」に形を変えていくことになりました。

番組でこの活動を行われる理由について訊ねると、「これからの人たちへ素敵な未来を手渡すため」と語られた友野さん。

友野さんは過去に起きたことや現在起きていることを発信し、私たちに学び考える機会を与えてくれています。毎回言葉展に置かれているノートには来場者の感想も数多く寄せられるそうです。

自分の知らないことに気づくって素敵な時間です。

アインシュタインの「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく。

気づけば気づくほど、また学びたくなる」の言葉を胸に末永い活動を目指します。

平和について考える「Love&Peace言葉展」開催

日時:8月9日(木)~8月15日(水)

会場:尾道福屋2Fギャラリー

2018年8月 2日
8月のゲスト

8月3日 「Love&Peace言葉展」等、生涯学習の場を開催 友野晴己さん

     自分の知らない世界に出会い、学ぶ

 

 

8月10日 呉の便利屋「WANS」経営 木村和美さん

     笑顔溢れる地域を目指して

 

 

8月17日 イコールキッズ 占部禎子さん

     母親と子供達のために安心できる場を提供したい

 

 

8月24日 情報発信アドバイザー 小松愛香さん

     地域での体験をギフトする

 

 

8月31日 江田島観光協会オリーブ促進協会 西村京子さん

     江田島のオリーブを応援してください

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11