2021年4月30日
4月30日〈公認心理師〉村上佳代子(むらかみ かよこ)さん

210430村上佳代子さん.JPG

公認心理師としてカウンセラー、子どもの発達相談、学習支援を中心に活動しながら専門学校や子育て支援センターでは授業や講座を行われています。

村上さんが子どもの発達や心理に興味を持ち始めたのは自身の子育て中のことでした。娘さんが1歳半の頃、神戸大学発達科学部へ入学、ママ学生として学業と家事育児を両立することは大変だったようですが、ご主人のサポートもあり無事卒業。

これまでに子どものプレイセラピーや子育て・発達支援など数多くの経験を積んできました。

子育てにおいてはママがハッピーであることが第一と村上さん。

すべてを自分で抱えてしまって精神的余裕のないママの様子は、子どもの心理面に大きく影響します。時には子どもを一時的に預かってくれる場を活用し、ママが自分のために時間を使うことでリフレッシュすること、自分で自分の機嫌を取ることも大切だと言われます。

また、コロナ禍において人とつながる機会が減り、孤独感や先行きの不安感、生きにくさ、暮らしにくさを感じる人達が増えてきている状況は誰もが知るところです。特に若年女性の自殺率が上がり、厚生労働省を中心に様々な対策が取られています。

村上さんも電話相談窓口「よりそいほっとライン」で相談者のお悩みを受けとめている相談員のひとりです。

「こんな時だからこそ、支え合える、つながれる場所があることを誰もが感じられる地域づくりを目指していきたい」そんな村上さんの強い思いがお話から伝わってきました。

村上さんによる子育て講座開催

日時:6月10日(木)

場所:東広島市平岩地域センター

内容:0・1・2歳のイヤイヤ期、人見知りを発達心理学の観点から学ぶ

よりそいほっとライン

http://www.since2011.net/yorisoi/

2021年4月23日
4月23日〈書家〉結城香華(ゆうき こうか)さん

210423結城えみ子さん.jpg

書道歴43年といわれる結城さん、その作品は書の枠にとらわれることのない自由かつ創造的なものばかり。描く素材や書体も様々で墨と筆の表現の可能性を日々追求しています。

商業書としては宮島「焼き牡蠣はやし」の看板、輸入家具カッシーナのモデルルームへの作品展示もあり、結城さんの持つ独特の世界観はあらゆる方面から注目されています。スタジオに持参くださった作品集を見ていても異なるテイストの作品に飽きることはなく、書家というよりアーティストという言葉がピッタリです。

作品の背景には子どもの頃になりたかったインテリアの仕事も影響しており、部屋の一部として書作品を創作したいという想いもあるそうです。

コンセプトは「Only one and just for you」その人、その場所、その思いを作品に込めて表現する。それはこれまでの書家人生を通じて培ってきた人を大事にする心、感謝の気持ちから生まれたものなのかもしれません。

 

最近ではコロナ禍により長年続けてきた書道教室での指導機会が限られているようですが、書家として手書きの大切さはこれからも伝え続けていきます。特に子ども達への「書育」の重要性を感じ、子ども達が楽しく習える場所づくりを目指します。加えて様々な業種に役立てる商業筆文字作家としての活動にも力を入れていきます。

「自由さ、楽しさ、優しさ」を兼ね備えた結城さんの作品は、これからも様々場所で、多くの人の心を照らしてくれるに違いありません。

 

【書道教室】開催(コロナ収束後予定)

会場:麻乃亭(広島市安佐南区古市) 

アクセス

結城香華(えみ子)Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100033009342281

 

2021年4月16日
4月16日〈yoga space「slow」代表・ヨガインストラクター〉川口舞子(かわぐち まいこ)さん

210416川口舞子さん.JPG

呉市中通にあるyoga space「slow」(スロウ)、川口舞子さんが地元呉市の活性化と健康寿命促進のために2016年にオープンしたヨガスタジオです。

体調を崩して3ヶ月の入院生活をされた際、治療の一環として取り入れたヨガによって次第に心と体の調子が整えられ回復していくことを実感し、自らヨガの素晴らしさを多くの人に伝えたいとインストラクターの道を歩み始めました。

生徒さん達との出会いは、川口さんのヨガへの探究心を刺激し、指導者としてどうあるべきか自身の目指すべき場所を教えてくれます。

大切な生徒さんを病気で亡くされた経験からは「もっと出来ることがあったはず」と以来年齢・体力にあった運動療法、婦人科学や抗加齢医学といった専門的な正しい知識を得ました。

ヨガは、ポーズやストレッチ、呼吸、瞑想など日常的に実践していくことで自分を知り、前向きになれるツールのひとつ。コロナによる時代の変化に流されないためにも、自分を知り、自分を認めることがとても重要だとも考えます。

コロナ禍でヨガレッスンもオンライン化が進み、自宅にいながら普段着で気軽に参加できるとslowでもオンラインレッスンは大好評のようです。

その気軽さゆえ週1回から週3回と参加回数が増えた生徒さんもあり、コロナ太りを逆行して生徒さん達の体重、体調管理は万全です。

とにかく生徒さん達が大好きという愛に溢れた川口さん、これからもヨガを通して、出会う人達の心と体に寄り添い続けます。

4月開催【呉ポートピアパーク ヨガレッスン】会員募集中

会場:呉ポートピアパーク

日時:毎週火曜日(18:00~19:00)

お問い合わせ:呉ポートピアパーク http://www.kurepo.com/

2021年4月 9日
4月9日〈HIROSHIMAクリエイティブコレクション実行委員会 代表〉重原サトコ(しげはら さとこ)さん

210409重原サト子さん.JPG

世代やジャンルを超えて、制作物の販売やパフォーマンス、ワークショップなど表現制作を通して人と人との繋がりや交流をはかる広島初のイベント「HIROSHIMAクリエイティブコレクション」。新型コロナウィルス感染拡大により昨年はやむなく中止となり、1年ぶりとなる今年4月11日に実施することが決まりました。

イベントの主催・企画・運営を務める重原さんも物作りが好きなクリエイターのひとり。

これまで雑貨店を経営しながら大小様々なイベントを企画・開催してきましたが、この「HIROSHIMAクリエイティブコレクション」開催への想いは人一倍強いものがあります。

それは重原さんご自身が肺の難病にかかり辛い闘病生活を経験したことです。

一時は余命をも告げられる状況でしたが、奇跡的に移植手術を受けることができました。闘病中は病院という閉鎖的な環境の中で、どうしようもない思いを物作りや文字を書くこと、絵を描くこと、音楽に触れることで救われたと言われます。

「物作りの素晴らしさを伝えたい」「自分の持つ人脈や経験を若い人達に繋ぎたい」そして「いま病気で戦っている人達に元気を届けたい」そんな思いがこのイベントには込められています。

コロナ禍であることから出店数も配慮して150店ほどですが、アート・イラスト、ハンドメイド作品、ドール関連の作品や手芸素材の販売など手作りの魅力あふれる内容です。シルクスクリーンでのTシャツ制作、オリジナルマスク作りなどワークショップも開かれます。

会場の様子はインスタLIVEで発信され、どこからでもイベントの雰囲気を味わえ、病院内の患者さん達にも会場の様子をスマートフォン片手に楽しんでもらえます。

当日はコロナ対策万全に、来場者名簿の作成、検温、消毒、換気はもちろん入場数制限も行いながら安心なイベント環境作りに取り組みます。

ステイホームにもおすすめ、自宅で楽しめるハンドメイドの魅力いっぱいの「HIROSIMAクリエイティブコレクション」へ是非お出かけください。

【HIROSHIMAクリエイティブコレクション】

日時:4月11日(日)11:00~17:00

会場:広島県立広島産業会館 西展示場

入場料:300円(小学生以下無料)

https://www.hirocre.com/

2021年4月 2日
4月2日〈トリネコ店主〉梅川博子(うめかわ ひろこ)さん

210402梅川博子さん.JPG

2012年に広島市佐伯区五日市にお店をオープンして8年。パン・ジャム・スコーンの製造販売を行われている梅川さん。木曜日、金曜日外の11時から15時までが開店時間ですが、早朝から閉店後の翌日の仕込み時間までこだわりの商品作りに全力投球されています。

 

以前は事務職として仕事をされていましたが、クッキング教室のパンレッスンに実姉から誘われたことがきっかけとなりパン作りの魅力にとりつかれました。

その後は店舗場所とのご縁や家族の協力もあり、想像以上のスピードで事が運び開店。東京で1年間巡ったパン屋さんでの情報も参考にしながらトネリコ独自のパン作りを試行錯誤してきました。

ご自身も「まさか自分がパン屋になるとは思ってみなかった。けれどあの時、何もしなかったら、今の私はない」と当時のことを振り返っていらっしゃいました。

 

オリジナルのミニミニ角食パンをはじめたとした各種パン、苗木から育てた果実で作ったジャム、そしておすすめのスコーンとすべての商品に梅川さんの想いが込められています。特に最近作るウェートが高くなったスコーンは一押しです。

パサパサ感のないしっとりとした生地は、飲み物なくてもいただける食べやすさです。

 

梅川さんは、常に新商品の開発に意欲的で、現在ビスコッティとスコーンをかけあせたようなビスコーン作りも研究中だとか。

ご自身の思いに正直に、決して変化を恐れることなく前進される姿は、梅川さんの作られるパンやスコーンといった商品作りからも伝わってくるようです。

さあ今日は店頭にどんな商品が並んでいるでしょうか。

気になる方は是非11時から15時までにお店をのぞいてみてくださいね。

お目当ての商品はお早めに!

 

【廣島メルカート】開催 ※トネリコ出店

日時:4月18日(日)

場所:広島T-SITE 1Fプロムナード(広島市西区扇町)

 

トネリコ情報

https://www.instagram.com/tonerico210/?hl=ja

https://www.facebook.com/tonerico210/

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12