2018年6月29日
6月29日<メンタルヘルス カウンセリング Sophia主宰>岡田陽子(おかだ ようこ)さん

180629岡田陽子さん.JPG

岡田陽子さんは、女性専用のメンタルヘルスに関するカウンセリングを行っています。気軽に相談できる場、話し相手として広島市内中心部の喫茶店や相談者さんの自宅へ訪問して話を聴かれています。

広島の総合病院に20年勤められた岡田さん。心の不調に悩まされる人があとを絶たない状況でありながらも、メンタルヘルスへの理解が薄いという現状を看護師時代から感じていました。訪問看護を経験することで、日常生活の中で絡み合う要因や環境から誰でも心の不調を抱え込むことがあるという深刻さを実感し、医療以前に「生活者の視点」で健康をサポートしたいと考えるようになりました。

沢山の情報にまみれ、あらゆることが便利になる分こなさなければならない仕事も多い厳しい世の中。多様な人との関わりも増えるため複雑な人間関係に悩みを持つことは誰にでもあります。自分でも気づかないうちに心の不調にいたっていることも。なんだかおかしいな~と気持ちに違和感があれば、ストレス発散をしたり誰かに相談してほしい。その相談相手のひとりになれれば嬉しいと言われます。

今後は学童を中心とした子ども達の遊びや話し相手、高齢者の話し相手、ご家族の相談相手などカウンセリングを応用してもっと人との関わりを広げていくことに力を注ぎ、誰にでも寄り添える相談者でありたいと岡田陽子さん。

番組でも穏やかな笑顔と優しい口調で語られる岡田さんにすっかり癒されました。

【お問合せ】

メンタルヘルス カウンセリング Sophia(ソフィア)

https://mentalhealth-sophia.jimdo.com/

 

2018年6月22日
6月22日<平安衣裳 着物よそおい体験所「みやじま紅葉の賀」代表>木村小夜子(きむら さよこ)さん

180622木村小夜子さん.JPG

宮島で平安時代の壷装束や着物、浴衣のよそおい体験所を営む木村小夜子さん。

壷装束とは平安時代のお姫様の外出着であり、正式参拝の際の装いだそうです。

生地も柄も1000年前当時のものを再現、袖をとおせば平安時代へタイムスリップした気分が味わえます。

 

今から4年程前に造形美術教室を運営している木村さんと、大学で平安文化の研究、勉強をしている娘さんとで協力して現事業を立ち上げました。

宮島には何も縁のない状況で、すべてがはじめての経験だったそうですが、今では旅行会社15社、島内のホテルメニューとしても取り入れられインバウンド向けの雑誌に掲載されるなど注目を浴びています。

 

衣裳を着て一歩外へ出れば、外国人観光客からの視線も熱く、たくさんのカメラを向けられお客様もテンションアップ。島の風景と相まってその美しさも際立ちます。一度体験したお客様が二度三度とリピーターとして来られることも多々あるそうです。また外国人の観光客からは着物着付けの要望も多く、艶やかな日本文化を肌で感じられています。他にもお茶、お香、投扇興など和文化体験ができるとあって「みやじま紅葉の賀」に来れば誰もが大満足の時間を過ごせます。

 

今後は、大聖院での仏前結婚式、フォトウェディングもプロデュースされるという木村さん。訪れた方が日常を忘れて「幸せ」な気持ちになれる、そんな旅の演出をサポートし続けます。

 

みやじま紅葉の賀 http://momijinoga.jp/

 

2018年6月15日
6月15日<フクロウとハリネズミカフェ「オウルドベース」代表>青山玲子(あおやま れいこ)さん

180615青山玲子さん.JPG

広島市中区袋町に2年前にオープンしたフクロウとハリネズミカフェ「オウルドベース」オーナーの青山玲子さん。店ではフクロウを中心にタカ、ハヤブサ、ハリネズミ、ミーアキャトなど常時30匹前後の動物がそろっており、実際に触れて購入することもできます。

猛禽類に魅せられペットとしてフクロウを飼い始めたことから、もっと多くの動物達と出会いたい、フクロウ等の魅力を広く伝えたいという思いが膨らんできました。千葉県のブリーダーの元で3年間修業をした後、フクロウをペットとして飼うことにあまり馴染みのない広島での開業を決められました。

フクロウは他の哺乳類に比べてもとても飼いやすいと青山さん。

匂いも少なく、おとなしい性格、放鳥させなくてもじっとしていることが好きなので手がかかりません。そして何と言ってもフワフワ、モフモフの柔らかい羽毛の触り心地がたまらなく可愛いのです。

オウルドベースではヒナの頃から手をかけて大事に育てているため、どの子も人懐っこくいい子ばかり。青山さんにとってはまさに愛する我が子といった感じでしょうか。飼い主さんが決まった時には嬉しくもあり、寂しくもあるようです。

今後は引き続きフクロウの飼育を広めるだけでなく、タカやハヤブサのフライトショーや狩り、害虫駆除にも取り組んでいきたいとおっしゃっていました。

まずは一度、笑顔と癒しをくれるフクロウやハリネズミに会いにお出かけくださいね。

フクロウとハリネズミカフェ「オウルドベース」

http://www.owl-de-base.com/

2018年6月 8日
6月8日<アパレル婦人服販売 自社オリジナル商品販売・卸「シャン・ド・フルール」代表>篠崎規子(しのざき のりこ)さん

180608篠崎規子さん.JPG

すべての女性を美しくをモットーに、オリジナル商品「湯あみん」「温泉タオルン」を販売する篠崎規子さん。

湯あみんは乳がん患者様用の湯着、バストカバー、温泉タオルンは腰に巻き、拭けるオシャレで肌触りのよい多用途ラップタオルです。

 

開発のきっかけは、ご自身の乳がん経験とご友人の声によるものでした。温泉旅行に誘われても気持ちがのらず、断らざるを得ない、諦めざるを得ないという「悩み」をどうにか改善できないか・・・。患者様のお役にたちたいと、自ら術後の温泉を体験して思いついたデザインを見事商品化されました。

依頼場所や販売方法などがまったくわからずゼロからのスタートであったものの、試作のため洋裁学校に通い、販売方法を模索するためにホテルでアルバイトをするなど地道に努力を積み重ねてこられました。

180608篠崎規子さん02.JPG

患者でなければ分からない思い・気持ち・悩みを理解していただくことには苦労されたようですが、今ではネット販売を通じ全国からの問い合わせも増えました。これまでの悩みや不安が解消され、喜ばれているお客様からの声がいちばんの励みとなっています。。

篠崎さんの体験とセンス、工夫、そして優しさのつまった「湯あみん」「温泉タオルン」。今後は患者様だけでなく、誰もが当たり前に着用する商品になっていくことを願っています。

 

 

【WEB販売】

プリンセスのんのhttp://princess-nonno.shop/

2018年6月 1日
6月1日<食空間おもてなしプロデューサー、おもてなしサロン「Chizu」主宰>下山千津子(しもやま ちづこ)さん

180601下山千津子さん.JPG

今回のゲストは食空間おもてなしプロデューサーとしておもてなしサロン「Chizu」を主宰する下山千津子さん。 サロンでの料理教室、レストランやホテルとの月1回のコラボレーションセミナーやイベント企画や空間プロデュース、そしてミスユニバースジャパン福島のオフィシャルトレーナーなど様々な場所で活躍されています。

若くしてお母さまを亡くされたことから人一倍いろいろな事に対しての学びの意識が強く、家事も必須だったためにそのセンスも自然と磨かれていったこと。また桃の節句など、おばあ様が食で季節の行事をもてなしてくれていた経験から、日本の伝統行事や歳時記のしつらえ、料理の大切さを実感されています。

 

番組では日常気軽にできる空間スタイリングのポイント、主にカラーコーディネイトについて伺いました。春は桜のピンクや新緑の緑、ひな祭りには赤など「季節の色」を使ったり、季節の花を飾るだけでも空間が華やぐそうです。

今後は若い世代の方々へ日本の食文化の魅力はもちろん、マナーや知識、誰でも出来るおもてなしのノウハウを伝えることに力を入れていきたいそうです。

 

【6月セミナー】「出来る大人の食事マナーセミナー」

日時:6月21日(木)12:00~

会場:フレンチ・ル・カドウ(広島市中区上八丁堀3-12新興ビルB1F)

参加費:6000円(洋食コース料理付)

 

【6月サロンレッスン】 日本文化の魅力「七夕のおもてなし」

日時:土曜レッスン 6月23日、30日

   平日レッスン 6月14日、15日、22日、28日、29日

(いずれも11時より)

会場:白島サロン(広島市中区白島中町)

 

人をもてなす心を磨くサロンChizu

http://chizu.jpn.com/

お問合せTEL 090-1184-5934(下山)

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12