2017年6月23日
6月23日<役者として演劇、朗読の舞台出演>藤丸範子(ふじまる のりこ)さん

170623藤丸範子さん.JPGのサムネイル画像

ゲストは広島を中心に演劇、朗読など様々な舞台に出演されている藤丸範子(ふじまる のりこ)さん。現在小学校3年生、中学2年生のお母さんでもあります。子どもの頃から演劇は大好きだったという藤丸さんは、高校2年生のとき「ピースチャイルド95'」に参加したことがきっかけで短大から劇団へ入部。卒業後も仕事をしながら役者を今に至るまで続けてこられました。

子育てしながらの活動にはご苦労もあったようですが、家族の支えが大きな力となったようです。

これまで多くの舞台を踏まれた中で特に思い入れの深い舞台「演劇引力ひろしま」これは広島の演劇人を育てる目的で企画、演出など東京のプロによって作り上げられる本格的な舞台です。

キャストとして出演するためのオーディションからはじまり、各役割でのプロの活動ぶりを目の当たりに出来る刺激的な機会でもあったようです。

演劇には演じる側、観る側にとって様々な魅力がありますが、日常にもとても役立つと藤丸さんはおっしゃいます。作品を作るために必要なことは、立ち位置、台詞、他の役者さんとの兼ね合いというまさに「人との関わり」。それは自分を知り、相手を知ることにつながるコミュニケーションの最たるものです。

母となった藤丸さんは、演劇をもっと身近なものとして感じてほしいと子ども達に向けて楽しめるものを積極的に参加されています。

これまで11年続く「おはなしおんがく」「おんがくのおもちゃ箱」などクラシックや有名なお話を子ども達にわかりやすく紹介する舞台は家族そろって楽しめます。演じることを楽しみながら、その楽しみを多くの人達と共有したいという藤丸さんの想いが、これからの広島演劇を盛り上げる力となることに期待しています。

「おんがくのおもちゃ箱」

日時:7月15日(土)14:00開演

場所:広島市安佐区民文化センター(TEL082-824-1330)

問い合わせhttp://www.cf.city.hiroshima.jp/aki-cs/event/index.html

2017年6月16日
6月16日<有限会社KSシステム取締役 さくらバスガイド 紹介チームチーフ>上田尚子(うえだ ひさこ)さん

170616上田尚子さん.JPG

ガイドをバス・旅行会社へ派遣する有限会社KSシステム、広島の数社あるガイド紹介で最も多くの依頼を受ける会社です。

上田尚子さんはここで営業、ガイド管理などを主な業務として行います。

登録ガイドは20代から70代と幅広く、ベテランから新人までそのキャリアも様々。ひとりひとりのスケジュール、個性、得意なコースなどを把握し割り振り繁忙期になると60人から70人のガイドのスケジュールを組むこともあります。

ここ数年は学校遠足のガイド等も減少し、運転手のみのワンマン旅行へと変化。バスを降りた場所でのボランティアによるガイドが増えてきたことから一時期よりバスガイド需要が少なくなってきたことは現状です。

「旅の良し悪しはガイド次第」日々知識を得て、先輩からの指導を受けながら成長し続けている登録ガイドさん達の魅力を多くの人に知ってもらいたいですね。

女性の働き方が注目される今、ガイド仕事は働く日数や時間を選ぶことができます。これまでの経験を活かして自身のライフスタイルに合った働き方も可能です。経験のある方に積極的に仕事に復帰してほしいと上田さん。

今後は観光船、観光列車での案内の機会を見出していきたい。

そして飛行機ガイド、20年後には宇宙のガイドを!と夢は広がります。

さくらバスガイドチームお問合せ

http://guide.ks-s.jp/

2017年6月 9日
6月9日 <舞踊家 藤間流師範>藤間京梅(ふじま きょううめ)さん

170609藤間京梅さん.JPG

着物姿でお越しいただきました藤間流師範の藤間京梅(ふじま きょううめ)さん。本名は梅口忍さん。舞踊家として、また日本舞踊教室の先生として活動されています。

日舞の流派は全国的にも50~60と数ありますが、藤間流は5大流派のひとつで歌舞伎役者でもある家元からの流れを組んでいるため、おおまかで、かっちりした舞踊が特徴のだそうです。

藤間京梅さんは幼い頃から日舞を習い、結婚・子育ての時期を経て本格的に再開後これまで多くの御弟子さんを指導されてきました。

お稽古では姿勢や所作はもちろん、振りつけを覚えないといけないこともあり集中力と忍耐力が養われます。また仲間とのコミュニケーションは楽しく、練習後のひとときは皆の楽しみの時間です。

主催の大舞台も定期的に企画されますが、数人でボランティアとして施設を訪問し披露することもしばしば。艶やかな衣装と華やかな舞に利用者さんの表情もぱっと明るくなり、喜んでもらえることもやりがいのひとつとおっしゃっていました。

年齢を重ね、舞踊家としても指導者としても大変なこともあるようですが、日本の伝統文化の継承のためこれからも出来る限り頑張っていきたいと藤間さん。気さくで明るく人懐っこいお人柄が可愛らしく、同姓から見てもとても魅力的な方でした。

【教室開催日】

広島市中区十日市町 本川集会所 第1,2,4火曜日 13:00より

広島市安佐南区 東野公民館   第1,2,3金曜日 13:00より

安芸高田市 八千代教室     第1,2,3木曜日 9:00より

※見学可 お問合せ 090-1185-2928(藤間京梅 携帯)

2017年6月 2日
6月2日<英語講師・マレーシアとの国際交流活動>三木洋子(みき ようこ)さん

170602三木洋子.JPG

「アサラム レイコム!」

アラビア語で「こんにちは」を意味する第一声からスタートした今回の番組。

ゲストは英語講師であり、日本とマレーシアとの国際交流活動を行う三木洋子(みき ようこ)さんです。

マレーシアとの国際理解が深まることを目的に文化や国事情、日本との関わり合いを視覚、聴覚、味覚を通じて紹介しています。

視覚的にはマレーシアの宮廷舞踊ガメラン・マレーダンスの披露。また聴覚的には世界無形文化遺産の民族楽器アンクロンの演奏。味覚としてはマレーシアのデザートやフレーバーティーを味わいながら異国を感じてもらっています。

三木さんは以前ご主人の仕事の関係によりマレーシアに移住していたそうです。

滞在中はマラヤ大学言語学部英語学科で英語を勉強する傍ら、マレーダンスを学習し政府認定のダンサー資格も取得。マレーシアの人達の、人を尊重し出会いを大事にする国際的な国民性に感銘を受け、その素晴らしさを日本に伝え広げていくことが自らの役目と活動されています。

国際交流とは「互いを理解しあうこと」と三木さん。

大きなことは出来ないけれど民間レベルでお互いを知り合うことが大切と考えます。

昨年は、これまでの活動も要因のひとつとして評価された「ミセス広島60代グランプリ」にも輝かれました。今後も広島県の活性化を担う一員として自身の経験と知識、熱い想いを胸にご活躍いただきたいです。

ミセス広島ブランプリ ホームFacebook

https://www.facebook.com/mrshiroshimagrandprix/

ミスユニバース広島大会 facebook

https://www.facebook.com/missuniversejapanhiroshima/

2017年5月29日
6月のゲスト

6月2日 英語講師 三木洋子さん

     日本とマレーシアの交流のために

 

 

6月9日 日本舞踊「梅の会」会主 藤間京梅さん

     日本舞踊をもっと身近に

 

 

6月16日 (有)KSシステム・さくらバスガイド/チーフ 上田尚子さん

     広島の魅力を案内させていただきます

 

 

6月23日 劇団パラレルワールドマーケット団員 藤丸範子さん

     舞台の熱を感じてください

 

 

6月30日 ペットトリマー 和田美由紀さん

     わんちゃんのことならお任せください

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12