HOME > 会社概要 > 放送番組審議会

COMPANY:会社概要

放送番組審議会

広島エフエム放送 第335回放送番組審議会は、
11月28日午前11時10分から、6人の委員が出席して開催されました。

今回の番組審議会では、今年4月より新番組として毎週水曜日19時より放送して
いるスポーツ王国広島の様々なスポーツを、より身近に感じてもらえるよう試合
取材なども行い、聴いていると試合会場に足を運びたくなる55分間の番組
「広島スポーツ応援番組「UP」について、試聴を行いました。

委員の方からは次のような意見がありました。

  • 楽しく聴けた。
    スポーツ番組らしく伸びのある元気な声で話をしていて
    テンポ感もとても良かった。
  • 選手の名前など少し聴き取りにくかった。
    固有名詞は丁寧に話をしてほしい。
    また、リスナーが選手の顔がわからない場合もあると思うので、番組HP内で
    出演する選手の名前や番組出演時の動画や写真、試合の姿などが見ることが
    できるとさらに良いと思う。
  • 広島のスポーツを応援する番組としてカープやサンフレッチェ以外の
    スポーツを幅広く取り上げる番組コンセプトがとても良いと思う。
    番組を聴いて試合に観戦しに行きたくなる番組だった。
  • 月曜日から水曜日の19時台はHFMが広島のスポーツを
    応援する番組枠という視点で、一つの番組に感じた。
    月曜日、火曜日の番組については、ファンがさらに喜ぶような内容に、
    水曜日は新たなスポーツの魅力発信の場として、内容を充実してほしい

以上のようなものでした。

広島エフエム放送では放送番組審議会のご意見を参考に、
これからも、放送番組の向上に努めてまいります。
広島エフエム放送 第335回 放送番組審議会のご報告でした。

尚、今期の放送番組審議会委員の皆さんは次のとおりです。

委員長 伴谷 晃二 (作曲家・エリザベト音楽大学 名誉教授)
副委員長 明神 博(蜜屋本舗(株) 代表取締役社長)
委員 阿部 秀造(阿部洋酒店 代表取締役社長)
白川 泰山 (マッターホルン病院 院長)
小林 弘明(中国電力(株)広報部門 広報コミュニケーショングループ マネージャー)
谷口 隆昭((株)アンデルセン・パン生活文化研究所 広報室 広報室長)
長泉 英紀 (超専寺  住職)
中野 悦美(もみじ銀行  経営管理部)
藤井 美雪 (声楽家)
佳奈(広島銀行総合企画部 広報・地域貢献室)

当該事項を記載した書面は、当社へ備置きしてあります。

以上