HOME > 会社概要 > 放送番組審議会

COMPANY:会社概要

放送番組審議会

広島エフエム放送 第349回放送番組審議会は、
4月17日午前11時10分から、6人の委員が出席して開催されました。

今回の番組審議会では、今年4月から新番組として、
「広島を面白がるアクティブピープルを刺激するジェットコースター的YOU型RADIO!」
のコンセプトで“怖いモノ知らず”の最若手DJ江本一真が体当たりで
“面白いコト・モノ・ヒト”を紹介する番組として、
毎週月曜日から木曜日17時から生放送している
「江本一真のゴッジ」について試聴を行いました。

委員の方からは次のような意見がありました。

  • 勢いのあるハイテンションな若者向けの番組だった。
    内容は好き嫌いがはっきりと分かれると思うが、チャレンジしている個性的な
    番組で楽しく聴けた。
  • パーソナリティが早口で、聴き取れない言葉があったが滑舌は良かった。
    月曜日から木曜日の夕方に、毎日このテンションの番組を聴くと疲れると
    感じるリスナーもいると思う。
  • 幅広い年代には受けにくい番組だと感じたが、個性的な番組として他のHFM
    の番組とは違う立ち位置で、もう少し尖がった内容でも良いと思う。
    番組の締めくくりの言葉も、リズム的なノリでの言葉を使用していて
    面白みがあった。
  • パーソナリティの個性や深みがでれば、番組自体もさらに良くなると思う。
    スピード感を大切にしながら、内容にもう少し深みのある話を増やして今後、
    もっと進化していって欲しい番組だ。

以上のようなものでした。

広島エフエム放送では放送番組審議会のご意見を参考に、
これからも、放送番組の向上に努めてまいります。
広島エフエム放送 第349回 放送番組審議会のご報告でした。

尚、今期の放送番組審議会委員の皆さんは次のとおりです。

委員長 伴谷 晃二 (作曲家・エリザベト音楽大学 名誉教授)
副委員長 明神 博(蜜屋本舗(株) 代表取締役社長)
委員 阿部 秀造(阿部洋酒店 代表取締役社長)
白川 泰山 (マッターホルン病院 院長)
小林 弘明(中国電力(株)広報部門 広報コミュニケーショングループ マネージャー)
清川 秀樹(株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所 執行役員 広報室 室長)
長泉 英紀 (超専寺  住職)
中野 悦美(もみじ銀行  経営管理部)
藤井 美雪 (声楽家)
佳奈(広島銀行総合企画部 広報・地域貢献室)

当該事項を記載した書面は、当社へ備置きしてあります。

以上