Category: Ⅰから始める財テク講座
2016.11.02

★1から始める財テク講座★

今回も、ひろぎんウツミ屋証券の投資アドバイザーの吉田紘子さんにスタジオで

お話しを伺いました!

ざいてく.png

今日は"株の銘柄選び"について教えていただきました★

銘柄とは・・・会社名のこと!

上場企業は、約3,600社くらいあるそうで、株式投資を始めるにあたり、

どの会社・銘柄に投資していいのか迷う方もいるとのことです。

 

選ぶポイント★

まず、自分の身近にあって興味がわくもの!

好きなものを事業にしている会社を見つけましょう!とおっしゃっていました。

 

日ごろからしっかりとアンテナを張ってみる事が大切だそです。

例えば、電車やバスの車内広告や雑誌の特集でも、いまどんなものが流行っているのか

チェックすることもできます。

 

気になる企業が出てきたら?★

投資する前に、いろいろと調べましょう!例えば、株価と売買単価を調べ、

自分の予算内で株を買う事が出来るのか、出来ないのか・・など、

また、HPや社長のインタビューを参考に、"思いや理念に共感できるのか・・など。

その企業について、深く知る事をおすすめします!ということでした。

 

企業の調子の良し悪しはどうやって判断するの?★

全部知るということは難しいですが、ちょっとした企業実績の分析をしましょう!

最近の予算は好調か、過去数年間の決算を比較して成長が見られるのか。

配当金を出しているのか・・・などもチェックしましょう。とのことでしたよ!

 

 

最近は上場企業の方も「IR」という「投資家向け広告」の活動を積極的に行っているそうで、

消費者向けに行うのはCMですが、IRは、株主や投資家に対し、セミナーを開催したりして

会社の状況や見通しを具体的に話されたり、財務状況などの投資に必要な判断を

提供していく活動全般をさすということです。

 

来週8日(火)に、ひろぎんウツミ屋証券 本店9階ホールにて、

マツダ株式会社の個人投資家向け説明会のIRセミナーが開催予定です。

興味のある方は、"ひろぎんウツミ屋証券"までお問合せください!!とのことでした♪

 

 

みなさんも、参考にしてみてくださいね^^

 

吉田さん、今日もありがとうございました!!

2016.10.05

★1から始める財テク講座★

今回も、ひろぎんウツミ屋証券の投資アドバイザーの吉田紘子さんにスタジオで

お話しを伺いました!

zaiteku.png

今日は"投資信託"について教えていただきました★

投資信託とは・・・・

投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、

運用のプロが株式や債券等に投資をして運用をする商品の事なんだそうです!

 

運用の成果として生まれた利益を、資金を預けていただいている投資家の方に

還元するとういう仕組みになっているそうですよ!

 

投資家の方から集めた資金をどのような対象に投資をするかは、

投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行うそうです。

少し分かりやすく教えていただきました。

投資信託の信託とは「信じて託すこと」

投資をする時に、どんな商品を買ったらいいのか、どれだけ買ったらいいか、

いつ買ったらいいかなど、自分で判断をしなくてはいけませんが、

それらの判断を専門家に任せる事が出来るのが投資信託なんだそうです。

投資信託のメリットを教えてもらいました。

① プロが運用方針に従って、投資判断から取引までを投資家に代わって行ってくれる。

② 投資信託は10,000円から投資が可能。少額から始めることができます。

③ 分散投資でリスクを軽減できます。

  ひとつの銘柄だけに投資をした場合、企業が倒産したり、株価が下がると、

  影響をそのまま受けます。しかし、投資信託は、複数の銘柄に分けて投資するので、

  リスクを分散、軽減することができるそうです!

④ 個人では投資しにくい国や地域、資産に投資ができます。

  専門知識がないと手を出しにくい開発途上国の株式や債券を

  投資対象としている商品もたくさんあるそうです。

投資信託のデメリットも伺いました!

① コスト(費用)がかかる。

  投資信託は運用のプロに任せて投資を行う為、それに対して費用を払う必要があります。

② 元本保証がありません。

   プロが運用すると言っても、絶対に収益が確定している(儲かる)という

  保証はないので元本保証の対象にはならないそうです。

   投資で運用した利益は投資家に還元されますが、同時に預けたお金が

  減少した場合も 投資家が影響を受けるということ。

  もっと知りたい!詳しく話を聞いてみたい!という方は

   ひろぎんウツミ屋証券にご相談ください!とのことでした★

   吉田さん、今日もありがとうございました!!

 

  "1から始める財テク講座"次回は11月2日水曜日です。お楽しみに!!

 

2016.09.07

★1から始める財テク講座★

今回も、ひろぎんウツミ屋証券の投資アドバイザーの吉田紘子さんにスタジオで

お話しを伺いました♪

おかね編集.png

 

今日は、NISA (ニーサ)について、教えてもらいました!

NISAとは...?

2014年の1月からスタートした少額投資非課税制度のことです。

株や投資信託等で、もし儲けが出たら税金がかかります。

また、配当金に関しても税金がかかります。

その、かかる税金を非課税にすることが出来る口座をNISAというそうです。

 

毎年120万円の非課税枠が設定されて、投資金額120万円分までの

株式投資や、投資信託にかかる値上がり益や分配金等が非課税なります。

非課税期間はそれぞれ最大5年間と決まっているそうです。

NISAのメリットは・・・

例えば100万円で買った株式が120万円に値上がった時に売却したとすると

20万円が利益になりますが、その20万円に対して税金がかるそうです。

したがって儲けは20万円ですが、税金がかかってしまうので、実際の儲けは

16万円程度になってしまうというもの。

しかし、NISAを使って買っていれば、税金がかからず、20万円が

そのまま儲けになるそうです。

株式の配当金に関しては、通常は利益が出ている、いないに関わらず、

一律で税金がかかります。それも非課税になるので、税制面でメリットが

あるんだそうです。

 

NISAに向いている、向いていない。など、個人によって合う合わないが

あるようなので、詳しくは、ひろぎんウツミ屋証券に相談してみてくださいね♪

 

次回は、「投資信託について」

お話しを伺います!!

 

吉田さん、ありがとうございました★

2016.08.03

★1から始める財テク講座★

今回も、ひろぎんウツミ屋証券の投資アドバイザーの吉田紘子さんにスタジオで

お話しを伺いました!

 

ざいてく編集.png

 

今日は"株式の魅力とリスク"について教えていただきました★

 

まず、株式の魅力について★

大きく分けて3つあるそうです!!

株式値上がり益』『配当金』『株主優待

 

『株主値上がり益』とは・・・

株の価値・株価は、会社の評価が上がると上昇し、

逆に会社の評価が下がると株価は下落します。

なので、株を買った金額より、株を売った時の

金額の方が高い場合、その差額が投資した人の

利益になります。当たり前のことですが、

買った時より高い値段で売れば利益がでるのです!

これを、「株式の値上がり益」というそうです!!

 

次に『配当金』とは・・・

会社が利益を上げた一部分を、自分の会社の株式を

保有してくれている方、株主に還元をするという事。

例えば1株あたり年間で5円の配当を出している

会社があるとします。この場合、持っている株式数に

応じて、配当金を受け取ることができるので、

1,000株保有している投資家の方であれば、

5,000円の配当金を受け取ることができます。

一般的には、配当金は9月3日の年に2回支払う企業が

多いとのこと。ただ企業によって、配当金の金額や

回数が違いますし、配当金を出さない企業もあるので、

株式を買い付ける前に、調べておく事が必要!!

 

 

3つ目の『株主優待』とは・・・

最近ではテレビや雑誌で株主優待という言葉も聞いた

事がある方も多いでしょう。

株主優待とは、会社が株主に対して、「株を保有してくれて

ありがとう。」という意味を込めて、株主に対して送るもの。

内容は自社の製品や商品券、お米や図書カードなど。

地域の名産品等会社によって変わってきます。

例えば、自分がよく行くお店が上場していて、株主を買うことが

できるかを調べて、もし上場していれば優待があるかを調べて

みるのも面白いかもとおっしゃっていました!

 

 

次に"リスク"についてです!!

株主のリスクは、「株式の値下がり損」というものがあります。

これは、買ったときの株価より、売った時の株価の方が低かった

時の事をいいます。また、投資していた会社が

倒産してしまったら、投資した金額はほぼ、まるまる損します。

ただ、例えば10万円投資した企業が倒産したとします。

その場合、株式を買ったときの10万円以上の損失が

出ることはないそうです。

 

Qそれなら倒産する前に、売ればいい??

リスクを無くすことはできませんが、リスクを低くする事は

できます。その方法として、企業分散と時間分散があります。

企業分散とは・・・・例えば100万円を1つの会社に投資

するのではなく、20万円分づつ、5つの会社に投資する事で、

リスクを分散します。

そして、時間分散とは、株価は常に変動しています。

100万円を1回で投資するのではなく、買うタイミングを

ズラして数回に分けて投資する事で、買った時に、株価を

平均化する事ができます。こういったリスクを減らす事を

分散投資といいます!!

 

みなさんも参考にしてみてくださいね★

次回は、「非課税口座 NISA(ニーサ)に関して」

お話しを伺います!!

 

吉田さん、ありがとうございました★

 

 

 

 

2016.07.06

★1から始める財テク講座★

今回も、ひろぎんウツミ屋証券の投資アドバイザーの吉田紘子さんにスタジオで

お話しを伺いました!

財テクshuusei.png

今日は、誰でも出来る投資、「株式」について、いろいろとお話を伺いました。

一部を紹介します!

 

そもそも「株式」とはどんな役割をしているのかというと、

私たちに様々な製品やサービスを提供してくれている会社の

大半は、株式会社と言われるところ。

会社は、成長するために工場を建てたり研究開発しようと思えば

多額のお金が必要になります。

自前でお金を用意出来ればいいですが、そうじゃない場合は、

株式を発行して多くの人からお金を集めます。

会社(企業)は、自分の会社の株式を買ってくれた人、つまり、株主に

その見返りとして、儲けのうちから「配当」という形で利益を分配します。

 

「配当」ってどんな形で株主に分配されるのかというと。。

株式を買って持っている人の、その数に応じて配当を出します。

ただ、通常、年に1回から2回ある、権利確定日と言われる日に株を

買っていないと、配当はもらえないので注意が必要です。

 

「株を買う」よく聞きますがどんなことかというと。。

株式は会社そのものであり、株を買って株主になるということは、

株式を買った分だけその会社のオーナーになるということです。

良い製品を製造して、世の中に役立っている企業や、自分にとっても

魅力的なサービスを提供してくれている企業の株、

言ってみれば、好きな企業の株を買って株主になり、その企業を

応援することになります。

 

その応援する企業が、頑張ってくれれば企業の利益がもらえて、

もらえる配給も増えますし、企業実績が上がって企業価値が増せば、

結果として株価も上がるということになるのです。

 

期待に反して投資した会社が倒産するようなことになった場合、

投資したお金は、ほとんど戻ってこないそうです。

ただ、投資した以上の損はないんだそうですよ。

 

また、株を買うには、ふつうは証券会社で取引の口座さえ開設すれば

だれでも買うことができるそうです!

もちろん20歳未満の方は、親の同意が必要となります。

 

今後、始めてみたいと思われた方は、

吉田さんのような、投資アドバイザーの方にしっかり話を聞いて

みることが、大切ですね。

 

さて、次回は、「株式の魅力とリスクについて」具体的にお話を

してくださるそうです!

8月3日水曜日、15時10分頃からです★

 

吉田さん、ありがとうございました!!次回も宜しくお願いします★

 

 

 

 

 

 

 

 

FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH