3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
このブログのトップへ
Category: kuro先生の水曜教室
2015.07.01

kuro先生の水曜教室☆第65回

今日から7月ということでお話は「夏期講習会」へ!
もうすぐ夏休みですもんね。
P1040985.JPG

夏休み、自分だけで勉強するのはとても大変。
夏期講習は、決まった日、決まった時間に講習がある勉強のペースメーカーです。
まわりに同じ目標を持った人がいるムードメーカー、として有効だとか。

▼夏期講習の決め方▼
1.新聞のチラシや塾のHPで基本情報を調べる。
 自分に合う講習をさがしましょう。
 チラシやHPには良いことしか載せてないので、
 設定コース・日数・時間・料金・合格実績など基本情報だけを比較する。
 ※自分にぴったり合うオーダーメードの講習を求めないこと~自分でも調整。

2.チラシ以外の情報で決める。
●口コミ

●候補にあげたいくつかの塾に行って、講習の説明を聞く

●体験会や公開テストに参加するのもおすすめ。


自分にぴったりの夏期講習会を見つけ出すのはかなり難しい...
その中でkuro先生がオススメしているのが『悩んだら、自分の第一印象に従う』ということ!
最初に不安があったりすると、何かがあったときにそこまで思い出してしまったりするとか...

 

2015.06.24

kuro先生の水曜教室☆第64回

20150624days!③.JPG
今日は、修道中高の校長、田原先生にもお越しいただき、
「中学受験のデメリット」についてお話をうかがいました。

田原先生によると、
子どもたちは、成績で序列化され、自信を失うと、
勉強が嫌いになり、トラウマを引きずるようです。
フラれた異性のことを嫌いになる原理と一緒だそうで...

そして、kuro先生は、親にとってのデメリットは
子どもの時間を奪ってしまうこと、経済的負担が大きいことだと教えてくれました。

もちろん、先月お話しいただいたように、中学受験のメリットもあります。
メリットにするのもデメリットにするのも親次第!
どうして中学受験をするのか、考えをしっかり持ち、
子どもに伝えていくことが大切ということです。

それでも、どう判断してよいか悩んだら...?

「子どもが生まれたときの喜び・感じたことを思い出す」とよいのだそうですよ!!



2015.06.17

kuro先生の水曜教室☆第63回

P1040971.JPG

今月は『子どもを伸ばす親』というテーマでお届けしています!
今日は「モチベーションを高める」というお話です。

モチベーションはどうやって高めるか...一般的なのが、「アメとムチ」
頑張ったら●●を買ってあげる、成績が落ちたらゲームはしばらくお休みね、など
ご家庭によってさまざまあると思います。

この「アメとムチ」を使うやり方を心理学では「外発的動機付け」と言うそうです。
報酬と罰でやる気を出させる。

これとは逆に、報酬ではなく、自ら必要である・楽しいと考えて行動する
「内発的動機付け」
本来は、「内発的動機付け」こそがやる気の源だと言われています。


ただ、注意しなくてはならないのがアメとムチの「程度」
全ての行動に報酬と罰は必要はないし、不相応なものは弊害を生みます。

勉強するのは面白い、もっと知りたい、自分の成長のために頑張りたい、
と思えるように親から働きかけることが大切です。
「いずれは内発的動機に変える」ことも忘れずに、ということでした!

 

2015.06.10

kuro先生の水曜教室☆第62回

kuro先生の水曜教室、今日は「失敗を歓迎する」というテーマでお話をしていただきました!
P1040955.JPG

3週連続でB'zのREDで登場したkuro先生。
今日スタジオに入る際は「偉ぶらない~♪」と歌っていらっしゃったのはここだけの話です。

話はkuro先生の授業での体験からスタート。
丸付け採点をする際に消しゴムで消す生徒が増えたとか...
その原因は親に間違っているところを見られると怒られてしまうからというもの。

実際子どもの間違いを許せない、という親は多いのだとか。

間違い、失敗は学びに変えていきましょうと教えてくださいました。

▼ポイント▼
1)失敗を責めないこと → OKを出す
2)失敗の原因をさぐること → 「相談」と「まね」を教える
3)同じ失敗を繰り返さない方策をさぐること → 同じ失敗には厳しく


2015.06.03

kuro先生の水曜教室☆第61回

 

 

 

 

kuro先生の水曜教室~!

今日は『子どもを伸ばす親』というテーマで

「怒るより叱る」と題してお話をしていただきました。

P1040945.JPG

怒るというのはどんな動物でもある本能的なものだと話すkuro先生。

そう、だから怒っても良いんですって!


ただ、「怒っている自分」を観察しましょう、と教えてくださいました。

客観的に自分を見ることによってクールダウンが出来るとか。

そして『怒る』⇒『叱る』へとシフトしていけばいいそうですよ。


3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
このブログのトップへ
FAX 082-252-2050
パーソナリティー
  • 月・火 近藤志保
  • 水・木 俊山真美

カテゴリ

カレンダー

最近の記事

SEARCH